fc2ブログ

よしくんとさっこ&もとくん来湘2日目 生コン⇒あぶさん⇒サザンの音漏れ⇒どさん娘で「焼きます」


【🏄13-114 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】昨夜飲み過ぎて、しかもここしばらくずっと朝寝坊して無くて惰眠を貪っていないこともあって、「あっ💦」って起きたら9時。
よしくんもさっこもめっちゃ早起きしていたけど、待ってくれていた模様、ゴメン🙇
御飯を2合炊いておいたのに「足らん」とか言われて、「納豆がいる」とか言われて、とにかく朝からうちの部屋が環境汚染…、臭くて死にそうで扇風機で風上をキープ…朝から殺意を覚えるねんけど…👿


 で、ようやく9時頃、うちの生コンは地形が悪くて引ききらんと割れないし、しかも今日はうねりが小さいので、寝坊したけど、実はちょうどいい時間のはず…。
ながら、入水した瞬間にまゆちゃんに「ロングでも厳しい…」と告げられる。
ちゅうか、めっちゃ水温下がっていて冷たいのに、まゆちゃん、よくそれで入ってるな~⛄


 インサイドがほんま深くて、アウトが浅くて、ほんまあかんわ~。
アウトで割れるところはミドルからインサイドまで深くて消えるし、アウトが深いところは割れなくてインサイドで弱々波になるし。


 ちなみに昨日からのじじーのボケ防止サーフィンは、じじーが本日はTakeoffが成功👏
欲張ってターンしようとしていたが、軸も前後の足の荷重配分もがずれているから~っ。
頭の中のイメージと、身体がかみ合っていない、典型的な状況やね~っ、大爆笑すぎる~😂


 波乗り後のお昼御飯は「あぶさん」(神奈川県平塚市千石河岸30−15)っで、さっこ夫妻はミニしらす丼と港めしで、自分とよしくんは生しらす丼。
自分はご飯少なめでお願いしたけど、ごめん、5分の1を残してしまった…俺もミニでよかったんやんか~💦


 夕方、チャリチャリ🚴でサザンビーチまで行って、サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ2023の音漏れを楽しみに。
み~~~んなチケットの抽選、外れてしまったからしゃーないやん😢
ライブ会場から134号線を挟んで波打ち際で最初待ち構えたら、音漏れ小さすぎて、一段上がったら、めっちゃ聴こえるや~ん🎵
C調言葉に御用心から始まり、女呼んでブギ、YOUと来て…🎶


 諸事情あって6曲目まで聴いて平塚駅まで帰ってきて、どさん娘 紅谷町店(神奈川県平塚市紅谷町6-22)で「焼きます!」。
ラーメン屋のはずがカウンターにもテーブルにも焼肉コンロが常駐の不思議な店にて、よしくんもこの平塚のディープなカオスなお店とジンギスカン・カルビ・鶏肉・豚足・キャベツ・枝豆(キムチ・豆もやし・トマトスライスは7時半で売り切れっておかしいやろ💢)と最高に旨い「タレ」、一切侮ってはいけない、平塚が陰で誇る、この摩訶不思議なディープなお店の味を堪能して貰いました~😁


スポンサーサイト



よしくん来湘でじじーの夕暮れボケ防止サーフィンからの海樂人🍺


【🏄12-113 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】よしくん来湘で「海に入りたい」って言うもんやから、チャリチャリで浜へ。
あいにく満潮で割れていないからビーチパークまで行ったがコート前でも割れてくれない。
トボトボと1番まで歩いてみると、めっちゃインサイドのショアブレイク気味ながら1カ所だけなんとか波乗りになりそうなピークがあった。


 波はもも、Takeoffしてちょこっと横に走ったら着岸なんでフィンを壊さないように気を付けながらの波乗り。
ほんで、よしくんは前に来湘して以来の波乗り、おそらく6年ほどぶり。
昔取った杵柄で、波を見る目とパドリングは出来るし、波を追いかけているとこなんかはいっちょこまえながら、実はぜんぜんTakeoffが出来な~い😂


 じじーの夕暮れボケ防止サーフィン(になっていない)でした~🌇


 夜ご飯はよしくんのたっての希望で海樂人(神奈川県平塚市札場町12−12)へ。
今日のお刺身は、本マグロの中トロ、モクアジ(海藻(もく)につくためもくあじ、おきあじが正式だそうだ)、金目鯛、アカハタ、アジ、ブリ。


 特に、その珍魚であるモクアジとアカハタ、そしてブリがヤバいほど美味しかった❗
よしくん、大感動で🍶に行ってまいよった~💦



 これも珍味、兄ちゃんが仕入れた秋刀魚がめっちゃ小さくてどうやって食べようかといろいろ工夫した際に編み出したという「秋刀魚の唐揚げ」。
余すところなくボリボリと食べられるめっちゃ酒が進む、ある意味めっちゃB級グルメやねん、やばいわ~😅
地ものあぶらっこ(おきひいらぎ)の唐揚げ、これも🍺が増える…、高級海苔はさみ揚げ、鯖の燻製、紅生姜のさつま揚げ、満足で~す❗❗
その後、さっこ夫妻もうちにやってきて、夜が更けるまで飲んだくれでへべれけ~🍻🍻🍻

グランツーリスモ 父「これまでお前のことを支えたことが無かった、お前のことを守ることしか出来なかった、すまん」瞬殺で泣いた😭


【🎦26 2023/9/20鑑賞】予告編を初めて観たときから「絶対に映画館で❕」て決意、封切りを心待ちにしていた。

 レースゲーム「グランツーリスモ」に夢中な少年ヤン(アーチー・マデクウィ)は、父親があきれるほどゲームに打ち込んでいた。そんな中、同ゲームのトッププレイヤーたちを実際のプロレーサーとして育成するプログラム「GTアカデミー」に参加することになる。GTアカデミー創設者のダニー(オーランド・ブルーム)をはじめ、指導を引き受けた元レーサーのジャック(デヴィッド・ハーバー)、世界中から選抜されたすご腕ゲーマーたちの思惑が交錯する中、不可能ともいえる夢へ向かってヤンの過酷なトレーニングが始まる。


 レースゲーム「グランツーリスモ」のトッププレイヤーから、本物のプロレーサーへと転身したヤン・マーデンボローの実話を映画化、周囲があきれるほどゲームに熱中する少年が、同ゲームから生まれたレースドライバー育成プログラムを通じてプロレーサーを目指すという映画。


 日産×プレステ企画「GTアカデミー」の映画化とのことで、レーシングゲームのオタクが、ほんまもののレーサーになってしまうなんて、まんま漫画のような実話。
内容は王道中の王道とも呼ぶべき若者の成長譚。
どれだけ実話に忠実なのか、どれだけの脚色が施されているのかは分からないが、この実話がベースなら、どう描いたって「いいお話」になるやろうけど、さてさて…。
しかし、あとで、ヤン・マーデンボローのレースの戦績などを見ていると、かなり事実とは違うようだが、ま、それはそれでいいだろう。


 VFXに頼らず本物にこだわったというカースタントの臨場感は、やばいくらいに迫力満点で、めっちゃのめり込む。
主人公のカースタントをヤン・マーデンボロー自身が務めたというのだから、レースシーンのリアリティは、そら、うなずけるわな。
そんなレースシーンの迫力に被してくるかのように、随所にゲーム的な映像デザインが施してあって、それがまた視覚的に斬新かつ精密で、メカ好きにとってはめっちゃテンション上がること必至。


 友情やろ、汗やら努力やろ、ベテランとか金に物言わせた意地悪い奴とかのライバルやろ、挫折やろ、最初は突き放すがけっきょくちゃんと導いてくれる師匠やろ、そして…ってな王道のスポ根ドラマ。
メジャーリーグでの二刀流大谷君の活躍が、未だにノンフィクションとは思えない、これってほんまは漫画なんちゃうん…って思うのと同じくらい、これがフィクションならアホらしくなるけど、事実やねんから納得しないとあかんねん❗


 監督が「第9地区」のニール・ブロムカンプ、脚本が「アメリカン・スナイパー」のジェイソン・ホールと「ドリームプラン」のザック・ベイリンってことは事前に知っていて、「この3人ならこんな風になるんとちゃうかな」って想像していたが、その想像のさらに上を行った作品だった。
素晴らしい作品というわけではないが、一部の人たちにとっては最高傑作の一つになったのではないやろうか。
ちなみに東京の街の描き方が近年まれに見る美しさと切り取り方で、これも製作者の良心に感謝だ。
そして父の言葉、「これまでお前のことを支えたことが無かった、お前のことを守ることしか出来なかった、すまん」。
すべての父が子に思う想いってこれやな、しかし子には反発されるのやけど…この台詞で瞬殺で号泣してしまったやんか😭

2023年8月の身体鍛えな編(身体の衰えに坑がいたい編)


【13🏃Run1-40 4.25km 27:58 湘南海岸公園】
8月のRunは1回だけで、4.25km、27分で、とにかくヤバいくらい暑くて、この1回は雨が降ったあとで気温が少し下がったから走れるかと思ったが。キツい湿気が死にかけた。
熱帯地方か、ってなこの8月の暑さの中ではランニングは命懸けだった😓

 歩数については、233,235歩、一日平均1万歩を歩くのが目標ながら今月も未到達やけど、この暑さの中、可能な限り歩きたくないわ~💦
もちろんランニングもしていないから、まったく歩数が稼げない。
JALで獲得したマイルは194マイルで、過去で一番の低迷、ANAで獲得したマイルはなんと752マイルで、今月も稼げた♪

【4 💪1-42 LiFETiCK RateralRaize10kg DShoulderPress14kg UpLightRow25kg LegRaize】
【5 💪2-43 LiFETiCK Cinning(asist32kg) NallowGripCinning(asist38kg) LowRow58.5 SitUp Plunk】
【13 💪3-44 LiFETiCK BenchPress70.65.60kg DFry18kg DpullOver SitUp LegRaize】
【19 💪4-45 LiFETiCK LowRow58.5Kg LatPullDown51.75kg RearDeltoidRaize7kg BShoulderPress32.5kg SitUp AbM58.5/54/49.5kg】

 筋トレも少なかった…とにかく出歩きたくないってな心理が優先してしまって…困ったものだ。


 波乗りは17日。
地元平塚の生コンに。


 沖縄の北谷に。


 高知は四万十市・黒潮町・土佐清水市に。
高知の左下ではほんといい波に乗れて、1年ぶりのめっちゃショートボードやったが、楽しかった~😊
やっぱここが波もロケーションも食事も、そして海の雰囲気も、最高やわ~。

【6 🎳128・103・102】
あ、一回だけボーリングに行ったが、ボロボロすぎてもう忘れたい…😱


今年2回目の四万十Day4 松山城🏯⇒鯛飯⇒道後温泉別館飛鳥乃湯泉♨⇒道後🍺



 今朝は6時頃の🌅前に波乗りしてホテルの朝ご飯までに帰ってくるという企みは、酔っぱらりんの寝坊助には不可能やった…😪
で、バスのお遍路団体客に負けずに一番に朝食を食べなくてはいけないのミッションは、7時オープンの朝食会場に6時45分に並びに行けたので🆗と思っていたらとっくにオープンしていて、ホテルを7時30分には出発することが出来た。
愛媛は松山まで🚗激走~カーナビをセットしたときは到着予定時刻は11時10分だったが、10時ちょうどくらいに松山城に到着してしまったわ😁
松山には何度も来ているのやけど、なぜか松山城に入ったことが無くて、本日、ようやく登城できた❗
松山城は、松山市の中心部、標高132mの勝山に築かれていて、山頂に本丸、裾野には史跡庭園となっている二之丸と、堀之内公園として親しまれている三之丸が広がり、関ヶ原の戦いで活躍した加藤嘉明が初代藩主となり、慶長7年(1602)から四半世紀もの歳月をかけて築城、日本における最後の天守建築(桃山文化様式)であり、現存する大天守は、黒船来航の前年である1852年に、石垣普請とともに再建工事が完了、「現存十二天守」の一つだ。
1923年(大正12年)、松山城(本丸)が旧藩主家の久松家へ払下となり、久松定謨(ひさまつさだこと)伯爵がそのまま松山市に寄贈、以降、松山市の所有となっている…ん?。


 ありゃ、うちの家紋と一緒やん😲
松山藩の松平家は、明治政府より旧姓である久松(家紋は星梅鉢)を名乗るように命じられたそうで、松山城には「丸に三つ葉葵」(通称:葵の御紋)と久松家の「星梅鉢」が残るという。
うちは、ひいじいちゃんまでが紀州藩の武士で、その系譜は三河に引くってことでは、やっぱこのおっちゃんは親戚なんか~(かなり遠そうながら)。



 えひめ愛顔の観光物産館で蛇口からみかんジュース体験をし、かどや(大街道店)で宇和島づくし鯛めし膳を食し、伊予鉄で道後温泉へ。
ちなみにここまでJALパックの「オプショナルプラン 期間限定びっくりオプション〔愛媛〕松山城と宇和島鯛めし&みかん蛇口体験」を購入し使ったので、松山城天守観覧券520円+松山城ロープウェイ520円+みかん蛇口体験100円+かどや「宇和島づくし鯛めし膳」2,500円=3640円分が1,600円で購入できてたってことで驚くほどの威力❗



 飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋で、道後温泉本館と同じく、全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができるという道後温泉別館飛鳥乃湯泉に入浴♨
2階大広間休憩室に案内されて、それから入浴し、浴衣に着替えて再び大広間に帰ってきたらお茶と茶菓子を供してくれる…しっかり汗を浴衣に吸わせてから着替えてから街をぶらり。
と言っても自分の目的地は道後麦酒館(愛媛県松山市道後湯之町20-13)で、道後ビールケルシュ(通称 坊っちゃんビール)と道後ビールアルト(通称 マドンナビール)をテイクアウト…ほんとは店内でつまみと共に飲んだくれたかったが、ちょうと店内飲食が終わっててテイクアウトのみの時間だったので。


 テイクアウトしたビールを持って、㈱谷本蒲鉾店 松山道後店(道後温泉本館前)でじゃこフライを買ってちびちびと🍺呑んどくわ~😁
ここまでがJALパックの「〔愛媛〕 お気軽人力車体験とゆったり飛鳥乃温泉」を購入し使ったので、1階浴室入浴・2階大広間休憩1,280円+道後ビール900円で2180円(人力車は乗らず)が1,000円ってことでこれもめっちゃお得だった❗
これまで、JALダイナミックパッケージのオプションってまったく使ったことが無かったけど、これはもっと追求しないとあかんってことをめっちゃ学習してしまった。
さらに、「麗らか四国特集パワーアップクーポン」ってのと「麗らか四国特集 四国旅ぱす」てのもオプション申し込みで自動的に貰っていたのに、これ、帰るときに「なんだろう」ってチェックしてみたら、見残しのグラスボートも無料で乗れたし、みのの道の駅ではお米が貰えたり、といろいろ特典があったようで、見事に後の祭りやったわ~😱
JALダイナミックパッケージ、恐るべし…。


今年2回目の四万十Day3 下の加江🌊⇒庄寿庵🍜⇒海洋堂かっぱ館⇒酷道よさく😱⇒たにぐち🍣


【🏄11-112 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】【25🏃Run3-43 5.56km 34:33 四万十川~後川】 昨日までとうって変わって大荒天☔な四万十Day3。
天気予報の通り南東の風が吹き荒れていて、浜に行くまでもなく風クローズってのはわかりきっている。
こうなると使えるのは下の加江になってしまうなぁ。(布もあったかも知れないが初心者に近い友人のことを思うとこっちだ)


 波はももながら、めっちゃたまに腰近い波があって、そいつならグーフィーがちょっと走れる。
運が良ければその腰近いのはレギュラーも走れたりする。
ってな訳でぜんぜんあかんわな~と諦めつつ入水したもののそれなりに波乗りにはなった😁
今日はタッパ&トランクスで入ったが、それでもちょっと肌寒さを感じたってことで秋が確実に到来っやわ~🍁



 お昼は中村を挟んでまったく反対方向に走って🚗「庄寿庵」🍜(高知県高知市北高見町255−1)にて、今日はこれしか食べる選択肢はないって思いっきりロックオンしていた特カツ丼🐷
そして南国製菓 四万十郷 水車亭(みずぐるまや 高知県高岡郡四万十町古市町3−30)と道の駅あぐり窪川(高知県高岡郡四万十町平串284−1)を経由して、四万十川上流の打井川は、今もカッパがすんでいるとのうわさがある山奥の清流なんだが、そのほとりにある海洋堂かっぱ館(高知県高岡郡 四万十町打井川685)へ。


 「四万十川カッパ造形大賞」応募作品など、館内外に常時500点以上ものカッパの造形を展示していて、館内・館外の至るところにカッパがいっぱいおるねん…😅


 山奥のへんぴなところにある奇想天外なミュージアムすぎて、なんでここに来てみたいと思った自分の神経を疑いそうになる…😓



 入場する際に「どこから来たのですか?」と尋ねられ「神奈川やねん」って答えたら「かっかっ神奈川っ💦どんだけ河童好きなんですか~っ❓💦💦」と相当驚かれてしまって、ますます自分の物好きさの神経に疑問が募る…。



 メインの展示館の横には、1891年に梼原町に建てられた築125年の茅葺き屋根の古民家が移築されていて「四万十かっぱ塾」と名付けられたこの古民家には囲炉裏があり、ほんで河童が生意気にも飲んだくれてとる🍶
俺も仲間に入れやがれ~って叫びたいが運転があるので自主規制…😞
普通の人なら当然「海洋堂ホビー館」に行くのだが、今日はとにかく自分の物好きさを十分に封じ込めておきたいので四万十に戻ることにするが、またカーナビにやられた~😱
通称「酷道ヨサク」、四国随一のボロ道、酷道の中でもトップクラスに酷い国道439号に導かれてしまってまんまと突入してしまったのだ~💦💦💦
路面はボロボロ、一度ツッコんだら引き返せない、対向車が来たら終わり…。
杓子峠までは延々登りで、高度が上がってくるにつれ雲の中に入っているようで視界も悪い。
どこまで登るねんってときどきふと集中力が遠のくなか、ようやく峠を越えたと思ったら、左側の断崖にガードレースがなく、しかも路肩がボロボロでそして落ち葉や枝や落石の岩がゴロゴロしている下り道が延々と続く…まぢか…。
酷道愛好家らのあいだでは日本三大酷道のひとつに数えられているというが、勘弁してくれよ…😭
対向車に2台に遭って、這々の体ですれ違い、そして高知県の道路管理の車が先行していてそれを追い越し、これで済んで、無事に走り抜けれて良かったよ。



 運転ふらふらでホテルに帰ってきたが、今日は精神的には運動十分ながら肉体的には運動不足ってことで、雨も上がったから軽くランニングした後、季節料理 たにぐち(高知県四万十市中村大橋通4丁目50)へ。
モイカの刺身、青さ海苔の天麩羅、川海老の唐揚げ、にぎり上🍣、たにぐちでは俺的には刺身とか食わずに、とにかく「にぎり寿司」の並と上を一人で食べれば、CP的にも味的にもお腹的にも満足度にしても一番🆗だと思っているが…😁

今年2回目の四万十Day2 双海・出口🌊⇒田吾作🍜⇒見残し海岸🐟⇒なかひら🍺


【🏄10-111 Firewire POTATONATOR 6'0】大型観光バス3台の3つの団体さんが出発を控えて一斉に朝食会場に殺到していたためカオスの朝食ビュッフェを乗り越えて、8時半頃ようやく浜へ。
双海をチェック、自分が大好きな駐車場正面はうねりがよじれて入ってきててほぼクローズアウト。
で、岩の向こうではいることにするが。
波は胸set肩。


 波数が多くてゲッティングアウトは思ったよりハード、出たら出たで岩の方に持って行かれるカウントがめっちゃ強い😅
なんかずっとパドリングしている気がしつつ、しかし乗れてしまえばとくにレギュラーが良しっ🎵
しかしふと岸を見ると、友人がゲッティングアウトできずに粉砕したようでビーチで🦀と遊んでいる始末…あちゃ~💦


 仕方ないのでポイントチェンジ、出口へ。
こっちは腰~腹たま~にピークのみ胸。
そのたま~にのピーク胸がめっちゃ掘れててうまく波に張り付けたら一瞬だけどチューブで脱けられる❗


 その後はあまりショルダーが続かなくてショートライドになりがちながら、しっかり一発出来る波で十分にFun😁
人も皆無だったから存分に楽しませてもらえました~🎵



 少し早めのお昼御飯は「田子作」(高知県四万十市間崎1175−1)。
定番のチビタのおでんと肉うどん、お出汁は飲み物っ🍜
そして竜串へ。



 竜串見残し奇岩パーク『見残し海岸』。
見残し海岸は竜串海域公園の千尋岬にあって、歩いて行くにはあまりにも難所なため、弘法大師がこの地を見残したことから、「見残し海岸」と名前がついたと言われている。
竜串海岸のように砂岩が波食や風食を受けて形成された海食台地が広がる。
うちの子どもたちがずいぶん小さいときに一度来たことがあるが、そのとき同様、今回も竜串観光汽船のグラスボートで渡ることにする。
国内で最大のシコロサンゴのある竜串の海は、昭和45年に海の中が公園に指定された日本最初の海中公園(現在は海域公園)で、グラスボートからはテーブルサンゴやシコロサンゴをはじめ、まわりを悠々と泳ぐ色鮮やかな魚を覗き見ることができる。


 これが国内最大のシコロサンゴ、魚たちの大型マンションみたいなものでたくさんの魚たちがこの珊瑚の中に出たり入ったりで、いつまでも見てて飽きなくて、ほんとうにショボい水族館の展示物より見応えあり。 



 上陸してからは、海岸伝いに奇岩を見学し、折り返し地点から少し戻って山中にないり展望台へ。
天気も良く、残暑も少し和らいでて、いやはや堪能したわ~(しかし展望台にリュックサックを置き忘れてたのを桟橋まで下ってきて気付き、余分の登山1往復は汗だくになってしまったが)


 火照った身体を冷やすために、桜浜でチョコッとシュノーケリング🐟
ビーチにある岩づたいに潜ってみると、こっちもかなりの魚種を見ることが出来るが、魚たちの警戒心がめっちゃ強くて、なかなか旨く写真に収めることが出来ず…なんとかこの1枚だけが使い物になった。


 Day2の晩ご飯はもちろん「居酒屋なかひら」(高知県四万十市中村天神橋34)😂
ちっちゃめにお刺身の盛り合わせにしてねって大将にお願いしたら、鰹の刺身と、高知の珍味であるソウダガツオの幼魚「シンコ」。
ほんま弾力が強くてモチモチで、ぶしゅかん(仏手柑)をギュウ~って絞って食べるとうっかり昇天してしまいそうだ~😇



 ツガニ(四万十川や仁淀川などの河川に棲息するモクズガニ)。
とろけるような皮のゼラチン質でぷりぷりした身は淡白なのに深い旨味があるうつぼのたたきはなかひらではあまり出てこないから希少かも。
子どもの頃から高知の祖父母の家とではよく食べていたし、普通にスーパーでも売ってるから、これって全国共通のメニューやと思っていたら、ウツボを食べるのは世界広しと言えども高知だけだと知ったときは、ケンミンショーのあの定番の「え~っ⁉?」ってな反応並みに驚いた💦
こいつって今日の見残しのシコロサンゴから顔を出していたやつか❓
白身の天麩羅、大将サービスのじゃこ天、最後に窪川豚~でもうお腹いっぱいですわ~😅

今年2回目の四万十Day1は双海🌊⇒喜八🍺



【🏄9-110 Firewire POTATONATOR 6'0】【23🏃Run2-42 4.04km 25:50 四万十川】 今年二回目の四万十は松山空港からのアプローチ。
朝かなり早い便だったもんで、空腹過ぎて中村までお腹が持たず、道の駅みまで鶏の丼、とり天がヤバいくらい載っててボリュミーでかつなかなか美味しかった❗


 勝間の沈下橋は初めてだったが、高瀬よりも景色がゴージャスだ。


 波乗りは双海で。
駐車場正面、入ったときは胸くらいのなかなか張った波が時々入ってきていたが、しばらくするとピタっと無くなってしまって…😓


 腰くらいのダラダラしか使えなくなってしまった😭
それでも乗り繋ぐとミドルから波がリシェイプしてももくらいながらそこそこ走れたりするからなかなかFun🎵



 今回の宿は「新ロイヤルホテル四万十」。
軽くランニングした後、♨にゆっくり浸かって汗だくを加速させてしまいヤバいくらいにずぶ濡れ状態の中、居酒屋喜八。
これまでより塩を減らしたと言うがとっても塩辛いながらお酢に潜らせて食べるとマイルドで旨味十分な酒盗、包丁の仕事が素晴らしいトマトサラダ、原点回帰で鰹のたたき。



 これがほんとうに旨い牛すじ煮込み、だし巻き玉子に川海老天麩羅とゴリ佃煮…もう食えません。
2年ぶりなのでいろいろ近況を交換したけど、なんと若女将もそろそろ引退を考えるお年頃…😅

出勤前波乗り~「あれ?ちょっと🌊あるやん!」な腰たまに胸。タイムリミット迫った最後の波が前乗りされてしまって涙


【🏄8-109 JUSTICE CROCODILE SKIN IN.STA 6'3"】ぜんぜん期待してなかったけど、あれ?ちょっと波あるやん❗
やからちょっと(かなり)出遅れたんであんまり時間が無いけど出勤前波乗り。


 無風ながらちょっとユラユラながら、腰たま~のset胸。
インサイドが深いから途中で消えてしまう波も多いながら、うねりがちょっとしっかりしてくれていたらそこそこ走れるか。


 1本目のグーフィーはそれなりに乗れたけど、2本目・3本目はショートライド。
もう出勤時間が迫っており最後の波になるか~でやっと乗ったのが前乗りされてしまったが、そのまま岸まで繋いでそのまま脱水。
そこそこいい波やったのに残念だが、もうタイムリミットで泣く泣く脱水😭




 昨日はとある行政の方と意見交換@和食ダイニング 糸 ITO‐HEN(東京都港区芝5-11-13)。
「旬の会食コース」で、季節の前菜9品盛り、厳選旬魚の造り盛合せ、自家製西京焼き「ぐじ」と野菜盛り、自家製燻製、生シラス、京鴨ササミのたたき、南魚沼コシヒカリと吸い物でした。
三田の慶応通りの繁華街の喧噪から少し外れた古民家を改装したお店なんやけど、浅八丸と庄三郎丸のステッカーが貼ってあって、お店の人に聞いたら、なんと大磯の人だった❗
ご近所さんやん❗


バイクのサーフボードキャリアオーダーのために午前休、午後一のWeb会議にかこつけての在宅勤務とのあいだにサクッと波乗り


【🏄7-108 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】【20🏃Run1-41 5.18km 35:35 馬入ふれあい公園】今朝は、新しいバイクのサーフボードキャリアオーダーのために、CAP((株)寿産業 神奈川県秦野市平沢462-1)に行くので午前休。
スマホを見ながら行けないので(スマホを装着するアタッチメントを持っていない)ので、なんか久しぶりに地図を事前に徹底的に頭にたたき込んでの片道20数kmの旅。
地図読みと覚え方、方向感覚、などなどめっちゃ仕事柄、めっちゃ自信あったながら、使っていないとやはり衰えていること、そして平塚に単身赴任で在住して11年ながら、自分で地図を読んで動き回っていないことで、まったく地理が頭に落ちていないことを痛感。
老後、タクシーのドライバーに戻りたいなってのもうっすら思っているってこともあるので、たまにゃ、ナビなしで走り回っておかないとあかんな~😁


 で、午後一、Web会議があるんで、その前にさくっと波乗り。
潮がまだ少し多くて割れにくく、インサイドの深いところで消えがちなもも🌊
たまに張ってくる波があって、インサイドまではサクサクって走れることもあるが、インサイドの手前で波が消えてしまってブクブク~.。oOO多し💦
やもんで、波乗りに集中している時間より、雑談している時間の方が長かった気がするが、ま、ええわ~😓


 今年の夏、日本はもはや熱帯地方かってなくらい暑くて、9月になっても相変わらず暑さ弱まらず。
8月の終わりに夜、秋の虫の声を聞いたりしたし、今日も夕方なら走れるかと久しぶりにランニングしてみたら馬入の花畑ではコスモスが咲きまくっていたりするから季節はちゃんと進んでいる気はするが、いやいや、昼間の暑さはおかしすぎる💦💦
とは言え、夏が終わるのは寂しくなるねんけどな~😣


ホーンテッドマンション ディズニーアトラクション「ホーンテッドマンション」をよく知る人には楽しい小ネタが大量に仕込まれているそうだが…。


【🎦25 2023/9/10鑑賞】 シングルマザーの医師・ギャビー(ロザリオ・ドーソン)は、アメリカ・ニューオーリンズにある豪邸を破格の条件で入手し、9歳の息子・トラヴィスと共に引っ越す。しかし屋敷はどこか異様な空気に満ちており、二人はたびたび怪現象に遭遇する。そんな親子を救うため、神父や超常現象の専門家、霊媒師といったエキスパートたちが屋敷にやって来る。不気味な現象を体験する中で、彼らは屋敷に隠された真実に迫っていく。


 ディズニーランドのアトラクション「ホーンテッドマンション」を映画化、引っ越してきた屋敷で怪現象に見舞われる親子を救うため、超常現象の専門家らが屋敷に隠された真実に迫るという映画で、監督はかつてディズニーランドでアルバイトをしていたというジャスティン・シミエン。


 ホーンテッドマンション(The Haunted Mansion)は、世界各国のディズニーパークにあるライド型お化け屋敷のアトラクションで、「不気味にそびえるゴシック風洋館。ここに住む999人の幽霊たちは、皆さんを1000人目の仲間に加えようと待ち構えています。目が光る肖像画、人もいないのに突然鳴りだすピアノ。そしていつの間にかあなたの隣に座るのは…!?」というストーリー設定。
ゲストはプレショーとして、「年老いていく肖像画の部屋」「伸びていく肖像画と壁の部屋(ストレッチングルーム)」の順に案内され、それを見たあと、ドゥームバギー(Doom Buggy、死の車)と呼ばれる3人乗りの黒い椅子型のライドに乗り込む。
というわけで、ディズニーのアトラクション「ホーンテッドマンション」をよく知る人には楽しい小ネタが大量に仕込まれているそうだが…。


 上映時間の関係で吹替版しか選択肢がなく、案の定、酷い日本語版脚本と声優の演技で、これは辛かった。
そしてディズニーやから当然子ども向きで怖くないやろと高をくくってたら、そこそこ怖いやんか~😱(俺が怖がりすぎ?)
ディズニーアトラクションで、このホーンテッドマンションと、タワーオブテラーが自分の中でごっちゃになっていて、見終わるまでそのことに気付かずに観てて「いつ落ちるんやろ?」…という痛恨のミスもあった。
とにかく「人(?)を見た目で判断してはいけない」という教訓があったとかなかったとか。


アステロイド・シティ あたしゃお手上げでした…😂1本も観てこなかったから知らなかったが、ウェス・アンダーソン監督ってのに要注意なんや…ww


【🎦24 2023/9/9鑑賞】 1955年、アメリカ南西部にある砂漠の街「アステロイド・シティ」。隕石が落下してできた巨大なクレーターで知られる街でジュニア宇宙科学大会が開催され、カメラマンのオーギー・スティーンベック(ジェイソン・シュワルツマン)の息子・ウッドロウをはじめ、科学賞を受賞した5人の優秀な子供たちとその家族が街を訪れる。大会が開かれるものの、突如宇宙人が到来して人々は大混乱に陥り、軍によって街は封鎖されてしまう。


 ウェス・アンダーソン監督によるドラマ、1955年、砂漠の街「アステロイド・シティ」を舞台に、宇宙人が到来したことで巻き起こる大騒動の行方を描くという作品。
予告編をチラッと映画館で観て、っとっても気になった作品だったが、正直、なんやこりゃ~で始まって、なんやったんやこりゃ~で終わってしまった…😅


 砂漠の向こうの核実験によるキノコ雲を呑気に眺めている住人たちが住むネバダ州のどこかであろう米南西部のアステロイド・シティが舞台。
書き割り的なチープさが漂うパステルカラーの砂漠の街のダイナーやガソリンスタンド、モーテルは、劇中劇という構成であったとしても、精巧な作りものなのか、リアルな街でのロケなのか…。


 「演劇」「舞台」という構造なのか、映画なのか、いやはや、そもそもどう感情移入したらいいのか…。
「アメリカの1950年代はこうだった」と、絶対に欺されてはいけないと思いながら、まんまと監督の思惑に引き摺られそうになるが、どうやって思いとどまるか…。
劇中のセリフ「目覚めたければ眠れ」、いったいぜんたい、笑うべきところなのかも知れないが、全く笑えずで笑いどころが一切わからなかったコメディ映画なので、あたしゃお手上げでした…。
1本も観てこなかったから知らなかったが、ウェス・アンダーソン監督ってのに要注意なんや…ww


今日だけの孫1号・2号・V3Dayは、ばあばのHappy birthday!🎂いろいろありましたが1号は⚽復活しました…😅


 久しぶりに出揃った孫1号・2号・V3Dayは、新しく買ってもらった24インチの自転車の組み立てというじいじに与えられたミッションから始まった。



 で、長女のマンションの隣の公園で遊ぼうとしたが、これは自殺行為で…。
じいじは水鉄砲を持って給水タイムや~って🔫💦💦したら逃げまくる1号から「給水とちゃう、放水や、やめろ~💢」ってイエローカードが出されたがなんでや❓


 とっても悲しいことがあったが…


 やけど、孫1号は今までのチームで⚽を続けることになったようだ…。



 2歳4か月の⚽がじじ馬鹿かも知れんが非凡なものがあるようで、10歳孫1号も「すげーな」って驚嘆するほどのキック力とバランス😲


 もしかしたら沖縄からメッシが登場するかも~😅


 今夜は手巻き寿司なので、2人で💖マーク~のはずやが出来てない気がするのは気のせいか😂


 ば~ば~お誕生日おめでとう~🎂
ろうそく🕯消すのは一回目はばあば、2回目は孫一同ながら1号がブーってつば飛ばしまくり、3回目も孫一同でV3がブーってことでした、2号曰く「わたしはちゃんと『フーッ』ってできたよ」とのこと、はい❗その通りっす😆


 明日は仕事で福岡なので、今日だけの孫1号・2号・V3そろい踏みDayでした…😭

【孫1号9歳(当時)がリフティングの練習を始めた⚽じいじ57歳(当時)はいままでやったことがないが100日で100回目標チャレンジ😅 2023/9/16 24日目15回(4号球)】 ところで、孫1号、4年生になってチームに昇格してハードな練習していて、当然、リフティングも上手くなっているだろうってことでじいじは抜かされたと思っていたら、未だリフティングはじいじの最高回数を抜かせていないことを今日知った。
コーチからは「100回❗」って言われているらしく、それならと、じいじも「100日で100回目標チャレンジ😅」を再開することにした❗

15時30分に品川の職場を出た⇒17時30分の羽田🛬欠航⇒18時07分の品川発🚅1時間半遅延⇒23時前に帰ってきたらギリで孫2号&孫V3に会えた~😍💦



 15時30分、品川高輪の事務所出るとき凄い雷雨⚡☔で、タクシーが捕まらずトボトボ品川駅まで歩いたら靴もスラックスもずぶ濡れ。
で、16時過ぎに羽田空港に着いてJAL SAKURAラウンジに入って外を見たら雨降ってないやんと思ったのもつかの間、第3ターミナルが見えないくらいの雷雨になって、グランドハンドリング業務が停止した模様。
大阪に帰るが🛬ちゃんと飛ぶか?と心配していたら…。
なんと、他の飛行機は遅延はあるものの飛んでいるのに、自分の乗る伊丹便だけ欠航🤣
三連休前で、今日の飛行機に空席はなく、ANAにも空席はなく、空きがあるのは明日の夕方とのことで、これじゃあ無理なんでキャンセル。
スタート地点の品川に戻って新幹線で大阪に帰ることになってしまった💦
で、18時7分の🚅を予約して品川駅に戻ったら、なんと新横浜~小田原間がゲリラ豪雨🌦らしく運休に😱



 ちょっと心が折れて、職場に戻ろうか、それとも平塚の部屋に帰って明日の朝に大阪に戻ろうかとよぎったが…。
いや、あかん、夏休みでトラブルがあってあかんかった孫3人勢揃いやから1秒でも多く、その場に居たい‼
どんなことがあっても帰るぞ~っ👊
で、改札内で晩餐会始めました🍺つばめグリルのハンブルグ弁当っす。
いつ帰れる?18時9分のアナウンスなら、18時半頃運転再開?すると1時間遅れくらいで帰れる?
あっ、さっき羽田のサクララウンジでキャンセル手続きで列に並んでいた人がいる(苦笑)
で、けっきょく1時間30分遅れで京都駅に到着、近鉄から京阪に乗り換える頃に次女からLINEで「おとん、何時ぐらいなりそう?2号が会いたいから頑張っておきとこうとしてるねんけど、どんな感じ?」って、まぢか💦
電車の中でも走って、大急ぎで帰ってきたら、なんとかまだ起きててくれた~😂


 ぎがかわゆすで、じいじ、なみだちょちょ切れで、やばいっす~😍


 2号のために買っておいた「ポケモン ブランケット」がお似合いです❗
V3に買っておいた、ミニカーと、そしてもう一つのプレゼントは、眠たくてちょっとご機嫌斜めながら、老練なじいじのテクニックにほだされてミニカーは受け入れつつも、もう一つのプレゼントは、明日、再度、受け入れ環境を設定し直すことに。


ヤマハ アクシスZ、ようやく受けることが出来た~😊 11年前のスクーターと比べると、技術の進歩が凄すぎておっちゃん驚くばかりっす😲💦


 平塚に単身赴任させられてしまって以来、11年間お世話になったヤマハアクシストリート、自分のブログで過去を探ってみると2012年11月07日に納車されたようだ。⇒「湘南爆走族の仲間入りや~♪・・・ん?
そんな彼が、塩水によるサビでフレームが折れてしまってドナドナされていったのが8月20日。
いつも整備・修理でお世話になっている「モーターサイクルTM:S」(神奈川県平塚市四之宮3丁目21−1)に引き取ってもらったが、新車でお薦めあります?って聞くと「うちは新車は扱っていないのですよ」
なら125ccで程度のいい中古を探してくれませんか?って言うと「今はUber EATSなどのフードデリバリーの人が125cc以下のバイクを程度がどうであれ買いあさるので相場がおかしい。新車をディーラーや量販店で買った方がいいですよ」と。
それやったら、いつもこんなお世話になってるのにおたくを儲けさせられへんやんって言うと、「逆に変な中古を仲立ちしてうちの信用を落とす方が嫌です」ときっぱり言われてしまった…「引き続き、整備や修理で使ってくださいね。」…はいっ❗承知っ❗❗


 てなわけで、22 ヤマハ AXIS Zを、ヤマハ アドバンスディーラーyzax(神奈川県平塚市紅谷町2−15 カマヤビル 1階)で契約したのが8月23日(水)。
8月28日(月)に入荷したようで登録を8月31日(木)にしてもらった(無料だから平塚のご当地ナンバープレートにしなさいとめっちゃ圧があったので)。
それを受けて、自賠責保険の更新をしたいが廃車の証明がまだで催促したら9月4日(月)に受け取ることが出来たので、自賠責保険の引き継ぎ書類を整えて9月5日(火)に投函。(その間、任意保険の方の引き継ぎ手続きは完了したが)


 ようやく昨日の9月13日(水)に自賠責に関する書類が書留で送られてきたが不在で受け取れず。
今日、社会保険審査会が終わって大急ぎで平塚に帰ってきて、平塚郵便局本局で郵便物を受け取り(徒歩15分)、いったん部屋まで帰ってヘルメットを取ってきて(徒歩15分)、バイク屋さんへ(徒歩12分)。
めっちゃ汗だくですわ~💦


 ほんとは茅ヶ崎柳島で、海と夕日をバックに写真を撮りたかったが日没に間に合わずやったので、近所のトランクルームの玄関が灯り煌々としていたので、そこで写真撮影しておいた。
その後、新車やし盗難が心配なので近所のホームセンターでワイヤーロックを購入し、GSにて給油。
ある程度慣らし運転も必要かもなので(今時の車やバイクは必要ないという説もあるが)、今日のところはまだアクセルは優しくしておいたが…。
出出しは優しい感じながら、アクセルを開けたときのレスポンスは良さそうだ。
ほんで、前のアクシストリートの場合、タンデムのステップ位置がちょうど自分のいいステップ位置になっていたが、アクシスZの場合、自分の好きな感じのところに足を置く場がなくてなんか落ち着かんしはまらん。
ところで、給油口の位置がハンドルの下にあるってこと、標準装備のサイドスタンドを出したらエンジンが止まり、格納しないとエンジンが掛からないとか、シート下の格納スペースが前のアクシストリートの倍くらいあったりとか、ブレーキのフィーリングが前と後ろの握り具合をあんまり気にしなくてもいい感じに前後輪バランス良く制動が効くというUBSってのは凄いかも、エンジン始動用モーターとジェネレーターの機能を一体化したS M G(スマートモータージェネレーター)による驚くほど静粛でスムーズなエンジン始動などなど、技術の進歩は凄いな~と驚いている。

 さて、次は、株式会社寿産業 CAP事業部さんで、サーフボードキャリをオーダーで作成してもらうのだが、採寸から納期は3週間と言われているので、向こう一ヶ月以上は、ボードケースを肩からぶら下げての浜🛵ってなるな。
しかしカタログ値で、国土交通省届出値 定地燃費値58.0km/L(60km/h)2名乗車時、WMTCモード値 51.9km/L (クラス1)1名乗車時ってほんまかな❓
そういえば、今日は、阪神タイガースがあれしたそうやんか🐯

今夜は労働保険審査会の、自分が参与として参加している合議体のメンバーで初めての食事会🍶



 労働保険審査会。
労災保険及び雇用保険の給付処分に関して、第2審として行政不服審査を行う国の機関。
自分は、労働保険審査官及び労働保険審査会法(関係労働者及び関係事業主を代表する者の指名)第36条 厚生労働大臣は、労働者災害補償保険制度に関し関係労働者及び関係事業主を代表する者各六人を、雇用保険制度に関し関係労働者及び関係事業主を代表する者各二人を、それぞれ、関係団体の推薦により指名するものとする。に基づいて、現在、参与として自分の担当する審理に参加し、必要があれば意見を言わせてもらっている。


令和5年2月16日現在の委員は、
会長 甲斐哲彦(元東京家庭裁判所長・常勤)
会長代理 室井純子(元衆議院法制局第三部長・常勤)
植木敬介(元?獨協医科大学 脳神経外科 教授・常勤)
菅野淑子(元?北海道教育大学教育学部教授・常勤)
比佐和枝(元静岡家裁所長・常勤)
廣尚典(元?産業医科大学産業生態科学研究所精神保健学教授・常勤)
金岡京子(東京海洋大学教授・非常勤)
嵩さやか(東北大学大学院法学研究科教授・非常勤)
東郷眞子(元船員保険会せんぽ東京高輪病院内科部長・非常勤)



 ってことを、今、確認しつつ、そうなんだだ~って思っている…今さら。
で、自分が参与に就任した直後にコロナ禍ってことで、皆さんと懇親を深めるって場面がなかったながら、先月、初めて、参与4人で🍺設定して今から行くぞ~ってな審査会が終わる頃に、審査委員からそろそろ一度🍺しませんかの提案があって「ぜひぜひ~」で今日❗



 一度ランチに行って、ここは夜来ないとあかんやろ~と確信した「よはく」(東京都港区芝大門1-10-5 1F)。
お料理は、胡麻豆腐となんかの菜のお浸しの付きだし、刺身の盛り合わせは秋刀魚・鯛・鰹たたき、いぶりがっこカマンベールチーズ、浅蜊の唐揚げ、和牛のポテトサラダ、鯖の塩焼き、和牛の肉じゃが、なんかなすび😞
日本酒は、「鳳凰美田 Black Phoenix 純米吟醸 瓶燗火入」、「吉田酒造 手取川 秋純米ひやおろし」、「鶴齢(かくれい) 純米吟醸 新潟県 青木酒造」、「亀の井酒造 ばくれん 超辛口吟醸」などなど🍶
審査会の合議の際でも、とっても勉強になるのだけど、こうやってフランクな食事での会話やと、あまりにもプライスレス過ぎて、勉強になりすぎて涙がちょちょぎれる😭
ってことで決断した。
若い奴に自分のこの立場を出来るだけ早く、譲る❗

6月0日 アイヒマンが処刑された日 歴史に立ち会ってしまった気がしたし、そしてこのラストは…!


【🎦23 2023/9/9鑑賞】OECD38国中、31国が禁止しているライドシェアを(日本含む)、今さら、日本でって言っている、すがっち500、河野太郎アナログ大臣、セクシー小泉進次郎、その他、ニックネール付ける字数かもったいない橋下徹、竹中平三、音喜多らに、どうやってわからすか、について、参議院議員会館で打ち合わせな午前。

 1961年、ナチスドイツの戦犯アドルフ・アイヒマンの数か月に及ぶ裁判がイスラエルで行われ、死刑の判決が下される。一家でイスラエルにやって来たリビア移民のダヴィッド(ノアム・オヴァディア)は、授業を中断してラジオに聞き入る教師と級友らを目の当たりにする。彼はゼブコ社長(ツァヒ・グラッド)のもと、町はずれの鉄工所で掃除の仕事をすることになるが、そこにアイヒマンを火葬する焼却炉の設計プロジェクトが持ち込まれる。

 第2次世界大戦中、ナチスドイツのホロコーストに関与し、多数のユダヤ人を強制収容所に送り込んだアドルフ・アイヒマンにまつわるエピソードを描く人間ドラマ、火葬が法律により禁止されているイスラエルで、アイヒマン火葬のための極秘プロジェクトが進められるという作品。
イスラエルとアメリカの合作で、原題は「June Zero」、ヘブライ語だと「I0 ביוני」となるが、イスラエルでこの映画の題名がどう表記されているかは不明。
ユダヤ人大量虐殺の責任者・アイヒマンの処刑という巨大な歴史の1ページに携わった、イスラエルの庶民たちの物語。


 オットー・アドルフ・アイヒマン(Otto Adolf Eichmann 1906年3月19日 - 1962年6月1日)は、ドイツの親衛隊隊員。最終階級は親衛隊中佐。
ゲシュタポのユダヤ人移送局長官で、アウシュヴィッツ強制収容所 (収容所所長はルドルフ・フェルディナント・ヘスへのユダヤ人大量移送に関わった。「ユダヤ人問題の最終的解決」 (ホロコースト) に関与し、数百万人におよぶ強制収容所への移送に指揮的役割を担った。
第二次世界大戦後はアルゼンチンで逃亡生活を送ったが、1960年にイスラエル諜報特務庁 (モサド) によってイスラエルに連行された。1961年4月より人道に対する罪や戦争犯罪の責任などを問われて裁判にかけられ、4か月にわたる裁判の末、イスラエル政府はアイヒマンに61年12月に死刑判決を下し、翌年5月31日から6月1日の真夜中《イスラエル国家が死刑を行使する唯一の時間》の“6月0日”に絞首刑に処した。遺体は火葬され、遺灰はイスラエル海域外に撒かれたことが知られている。
公判時にアイヒマンは「1人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」という言葉を残したとされる。アイヒマンは死刑の判決を下されてもなお自らを無罪と抗議しており、その模様は記録映像にも残されている。

 人口の9割がユダヤ教徒とイスラム教徒を占めるイスラエルでは律法により火葬が禁止されており、火葬設備が存在しないのに、では、誰が、どうやってアイヒマンの遺体を火葬したのか?という疑問。
居場所のないリビア系移民の少年ダヴィッド、アイヒマンを監視する看守ハイム、ポーランドのゲットーでホロコーストから生き延び裁判ではアイヒマンを尋問した捜査官ミハという、異なったルーツを持つ3人の目を通し、さらに遺体処理の極秘プロジェクトに巻き込まれた町工場の人々とイスラエルの片隅に生きる人々を通した物語が克明に描かれている。


 1961年という時代を再現するうえでアナログな映像表現にすることによるリアル、音楽の使い方なども巧妙で、ジェイク・パルトロウ監督の仕事は手堅い。
アイヒマンを監視する刑務官の「死刑まで何もトラブルは起こさない」という神経のすり減らしかたが、ヤバいほどリアルですさまじいほど感情移入させられて、観ている方も一触即発な緊張感を体現させられるのは、鳥肌が立つ。
ポーランドのゲットーのシーンが戦争前のウクライナ、キーウで撮影されたそうで、今、ロシアによる武力侵攻で見せられる映像とは違いすぎていることが悲しい。
一方でアイヒマンの見せ方が、こっちのイマジネーションを広げさせるという意味でイマジネーションがかき立てられる。
そして、このラストは…!😢

台風13号 YUN-YEUNGの残り波は昨日で終わって今日はめっちゃ小波😂 19.50clのサーフボードで波待ちしたら首まで沈んでました…💦


【🏄6-107 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】台風13号 YUN-YEUNGの残り波は昨日で終わって今日はめっちゃ小波😂
南風が吹き出す予報なので、潮が引いていて朝のオフから無風を狙わなあかんのはわかっていながら、起きたのが9時半…サーファーとしてはあるまじき…。


 波は膝~モモで、10時過ぎの入水ながらさほどオンショアの風は吹いていなくてよかったが、潮が上げに回って、バックウォッシュが強くなってなかなか面倒くさい。
自分の所がピークだと思って追いかけたら、単にバックウォッシュで一瞬張っただけであったり、張らんと思っていたら、いきなりバックウォッシュでピークになって割れたり。
見極めが難しいわ~💦


 それでもまぁまぁ走れたりする波もあって、たま~に腰くらいのが数十分に1~2本で入ってきたりするから、侮れない。
自分が入った頃はまだ混雑していたが、サーファーはそうでしょってな早起きな人たちが脱水してくれたので、どんどん空いてきて、それはそれで朝3組にもアドバンテージが…😓


 ずっとロングボードでそれなりに乗っていた知り合いが、最近、ショートボードに転向していて、しかしロングの頃よりあんまり乗れてなくて、ふと、「こんな板、乗ったことある?」って声を掛けたら乗ったことがないとのことで、自分のWATER RAMPAGE ARROW 6'2"を貸してみた。


 で、彼女の板を預かったが、その板は「Lost BABY DRIVER 2.0 5’1”×17.25"×2.13" 19.50cl(155×43.8×5.41cm)」で、ポリタンより小さい容量で、まるで木の葉やねんけど~❗❓
これ、絶対に子供用の板やろって、念のために波待ちしてみたら、俺の場合、首まで沈むのですが…。


 俺のWATER RAMPAGE ARROW 6'2"って50literあるんで、この高浮力なスポンジに乗った後で、そのペラペラの板に乗ったら、ギャップやばいかも~。
ごめん、余計なお世話をしてしまって~😁


台風13号 YUN-YEUNGの残り波は意外と小さく胸~肩ながらオンショアも意外と吹かずライダブルでFun😊


【🏄5-106 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】【9 🎳104・123・126】【9 💪2-47 LiFETiCK Cinning(asist32kg) NallowGripCinning(asist38kg) BentoOverRow40kg LegRaize】 台風13号 YUN-YEUNGの残り波ながら、一気に波が下がるはずで、南風が吹くはずなんで、って真面目なサーファーは朝一狙い。
しかし不真面目なサーファーは、せっかくなお休みで涼しくなって寝やすくなったしで朝寝坊してしまうねん😅
10時前に浜に行ったが、ちゃりちゃり途中で会った海帰りの人や、浜に着いてから会ったみんなが、潮が上げてきて良くなってるかもと言ってくれるので🆗やんか(結果オーライの汗)


 波は胸たまに肩。
見晴らしの前あたりが切れてていい感じながら混雑していて、正面はかなりワイドな波ながら選べば切れてる波もあってサーファー少なくて、ってことで正面を選択。
レギュラーでうまく張り付ければ、数秒チューブに入れて、ゴリ出せば抜けれそうなのがあるので、5回、押し込んだが、チューブの中は見れたけど1本も抜けれず。


 終わってみればいい波やったな~はグーフィーの2本で、ってのは「なんでやね~ん🤣」やなぁ。
今日はちょっと肌寒いなって思ってタッパ&トランクスで自転車漕いで波乗りしたが、まだウェットは暑いってことを確認。
ギリギリまで裸で男が入っておかないと、姉さんたちがさっさとウェットスーツを着だしてしまうので、それが悲しいので、心を入れ替えて、気合いを入れ直して、明日以降、やせ我慢で裸で頑張らねば~っ💪(👈きっとどうでもいい?)


台風13号 YUN-YEUNGの波は来ないが、ま、腰~腹で遊べた出勤前🌊そろそろ裸サーフィン終わりか~🎑


【🏄4-105 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】台風13号 YUN-YEUNG(インニョン)ってぜんぜん反応せーへんなぁ。
今朝の出勤前、まだバイクが納車されないので(契約⇒納金⇒登録⇒自賠責の引き継ぎ(今ここ)⇒引き取り⇒キャリア作成のための採寸⇒キャリア装着…まだまだや~)ちゃりちゃり~やねんけど、あれ?汗だくにならんかった❗


 波は腰~腹で、トップダラダラでレギュラーはショートライドながら、グーフィーはそれなりに走れてまあまあ楽しい♪
部屋を出る前、ウェットスーツ(たっぱ)着た方がええかなと思いつつトランク・Tシャツでやってきたが、ひろみちゃんはやはり👙
でも、ひろみちゃんのウェット指数は一般人には参考にならないながら…


 ともかプロも水着でひらひらとスコートを昼が営して魅惑のヒップ&なま足を晒して(失礼、披露して)波乗りしていた~。
これじゃあ、そろそろウェットいるかな~と言えんか。
しかし確実に夏は終っとるが…あっちで会った人、こっちで会った人、みんなに「黒いな~」って言われまくって、とりあえず「しばらく風呂に入ってないから、今夜は入ろうと思ってる」って答えているが。
しかし夏休み明けの小学生くらいの黒さやし、そんないちいち黒いって言わんでもええやろ~ってぼやいていたら、小学生ならいいけど大人にはそんな黒いのいないからと言われた…う~ん。


ライドシェアを世界で唯一、水際で阻止しているのが日本ならば、入ってこられたけど完全に排除した台湾のビールグラスは143cc


 世界的に見て「今さら?バカじゃないの!」な、日本でのライドシェア解禁論が、管前総理の長野での発言以降、河野太郎や小泉進次郎、河野太郎や神奈川の黒岩知事など、神奈川連合でわーわー言い出して、橋下徹・堀江貴文・竹中平蔵など、規制緩和論者であり日本をぶっ潰してきたヤツらが乗っかり、最近、この問題が湧いてきた。
ライドシェアなんて、ヨーロッパや韓国・台湾では排除されてしまって、今、存在しているのはアメリカとか、アジアの南の方や南米など、タクシーはじめ公共交通がまともに機能していない国ぐらいで、まともな国ではオワコンやねんけど…。
解禁論者たちの脳味噌は完全に2016年頃で止まっているので、それをアップデートすべきでいろいろと運動を展開していこうと具体的に確認してきた今日。
まともな国で規制や禁止された直接的な原因ではないけれど、ライドシェアというライセンスを持たない車に乗って、レイプや性的被害、強盗や空き巣(送迎したことによって家に誰もいないことが運転者にばれる)が多発していることが、アメリカなどでは、社会問題になっているとことは、ぜひ、みんなに知っておいて欲しい。
日本のタクシーではあり得ない。

 ライドシェアを世界で唯一、水際で阻止しているのが日本ならば、入ってこられたけど完全に排除したのは台湾。
あのときの、ホテルの部屋以外まったく自由時間が無かった二泊三日の弾丸出張のなかでの、そのときの思い出を書いておこう…😊

 6月末に行った台湾は台北の飲食店で気になったのが、どこのお店もとても小ぶりな同じ形のビールグラスだったこと。
通訳の何さんに尋ねると、「昔、台湾は日本だったから」、何さんは昔の話しをするとき、よくこう言ってから話し出す。
台湾は、日清戦争の結果、下関条約によって清朝から日本に割譲された1895年(明治28年)4月17日から、第二次世界大戦が終結して日本の降伏後、中華民国政府の出先機関である台湾省行政長官公署によって台湾の管轄権行使が開始される1945年(昭和20年、民国34年)10月25日まで、日本が統治(占領)されていた。
彼の言い方に、日本を非難しているようにも感じるし、日本のままでよかったと思っている風に感じることもあったが、どちらなのか確かめることはあえてしなかった。
「日本統治されていた、第二次世界大戦中の頃、食料の供給が不足していたため、公的販売機関はわざとグラスのサイズを縮小し『143cc』で生産させた」とのこと。
おそらく、グラスが大きいとぐびぐび飲んでしまうが、小さいグラスだと飲み干すたんびにまたつぎ足さなくならなくなるので、ビールの消費を遅らすことが出来るということなんだろう。
(自分がジョッキや大きなビールグラスより、小さいビールグラスの方がビールを飲むペースが遅くなるから)

 そのほか、
〇143ccはビールの鮮度を保つのに最適なサイズと言われている。
〇小さいグラスで皆がビールを分けることによって、人と人の心の距離を縮めようというメッセージが込められている。
〇台湾の瓶ビールは600ccなので143ccならちょうど4杯分。
との説などをネット上で見つけたが、真偽は定かではない。


 台湾の記念にこの143ccビールグラスが欲しいなぁと思っていたが、食事の時は仕事関係の人がいつも一緒だったので、お店の人と交渉することが出来ず残念に思っていたのだが…。
一緒に行った全自交の津田書記次長が、帰りの空港で売っているのを見つけて、わざわざ俺のために買ってきてくれていた❗
たま~にこのグラスで🍺呑んで、台湾のことを思い出そうっと。
そして、絶対に日本にはライドシェアは入れないぞ❗


続きを読む

tag : #ライドシェア阻止#ライドシェア#ライドシェアは世界ではオワコン#ライドシェアいまさら

SNSに載せているランチ等の記録をブログにも残しておく、ラーメンが多いねんけど(2023年7月13日~8月26日)



【4 💪1-46 LiFETiCK BenchPress65kg DFry18kg SitUp】 7月13日 越後湯沢温泉 NASPAニューオータニにいます。
同じホテルで三回目の朝飯となると、新鮮味がなくて…と思いつつ、美味しいからついつい。

7月13日 越後湯沢温泉 NASPAニューオータニにいます。
2023年度運動方針(案)の審議。
B項の春闘では思ったより意見質問がなかったが、D項の交通政策は例年より多かった。
しかし舞台袖から資料を出す必要はなかった。
やっとお昼。
午後の社会保障のところでも袖で待機。

7月14日 越後湯沢温泉 NASPAニューオータニにいます。
最後のホテル朝食はカレーをメインに。
さーっ、帰ろうっ!

7月19日 麵屋武藏 武骨相傳にいます。(東京都台東区上野6丁目11−15)
午前の予定から午後の予定までとっても中途半端な空き時間になったんで、山手線内回りを田町から上野まで一周半。
涼しい車内でゆっくり読書できた。
黒まぜそば。



8月4日 沖縄砂辺にある、自分が沖縄一美味しい沖縄そばだと思っている浜屋のカップラーメン。
ま、まったくの別物やと思えば、沖縄そばのカップラーメンとしては一番美味しいかも!

8月5日 牛スジを買ってスジこん煮込みを作ろうと企んでいたのに、急遽飲みに行って作れず。
それでこの暑いのにおでんに変更。

8月6日 OSC 湘南シティにいます。
昨夜は無駄に飲み過ぎて酔っぱらいすぎて、朝寝坊が祟り、未だ波乗り行けてなくて、映画からケンチキランチ。

8月12日 JAL国内線 サクララウンジ 那覇空港にいます。
いつもの恒例、沖縄最後は空港のA&Wで、ビッガーチーズバーガー、スーパーフライR、ガーリックチキンビット。
お盆期間としては逆向きやからなのか、それとも台風7号による✈️運休を恐れて旅行をキャンセルした人が多いのか、空港もサクララウンジもめっちゃ空いてる。



8月14日 香港ダイニング 香家にいます。(東京都港区白金台2-26-7)
たまごやのお弁当がお休みなので昼食は外へ。
今日は冷やし 麻辣・汁なし担々麺にしたけど、汗だくになんのは、熱い麺やからではなく、辛さと痺れのせいなんやと思い知った💦💦💦💦

8月18日 香港ダイニング 香家にいます。(東京都港区白金台2-26-7)
昨夜飲みに来たときに忘れ物したので二日連続で。
しかし無いようだ…うーん。
暑いのでも冷たいのでもどうせ汗だくなるなら、青鬼・担々麺でええやん。
ところで、昨夜、平塚のうちの近所で秋の虫の鳴き声が。
季節は確実に進んでいる、暑いけど💦

8月21日 青森の生でも食べられるトウモロコシ!
生ももちろいいが湯がいたら「なんじゃこれーっ!😲」級な驚愕の甘さっ!
「ダケキミ」という黍だそうだ。

8月23日 頂き物のシャインマスカットが降臨!
これでまだ3分の1。
今日出勤でラッキー♪



8月25日 初代平成麺業 (【旧店名】きち)にいます。(大阪府池田市石橋1-11-3)
ずっと気になっていた行列のできるうどん屋さん。
かすカレーうどん天かす入り、着丼早い!
和風なカレーに出汁が最高、細麺か出汁によく絡む!
店名「平成」やのに店内で流れているのは昭和の歌謡曲。

8月25日 ホルモン・焼肉 石大 石橋店にいます。(大阪府池田市石橋1丁目11−2)
焼きます!
5時からの懇親会までの時間潰しで練習🍺

8月25日 酒房味道楽 ごん兵衛 石橋店にいます。(大阪府池田市石橋2丁目1−9)
そして5時から懇親会に入ったが、箸を割ることはなかった…とさ。

8月26日 平野サーフビーチ Hirano Surf Beachにいます。
1年ぶりの「たけざき」のおにぎりと卵焼き!

潮が引かんと波乗りできないが、今日は出勤なんで、そのあんばいが…気温はめっちゃ暑いし、水温もとっても高いが、雲が、空が、かなり秋… 夏が終わるな~😣


【🏄3-104 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】今日は午後が仕事で11時過ぎには電車に乗らなくてはならないながら、今日の波と潮位の関係でいうと生コンで波が割れてくれるのは9時半を過ぎてから…💦


 しかも今日はクリスタルさんが壁側で大会をしているようでエリア規制、
すると地形が比較的良いところにサーファーが集まってしまい、アウトにはロングボードがにょきにょき…😓


 台風12号 (ムイファー)のうねりが入ってくるかと期待していたが、どうもまだで、しかもなんでかオフショアでやや強めで面はいいが、腰くらいのうねりは潮も多いんで割れにくい。
ロングがスルーした波をインサイドで拾う作戦で頑張って40分間闘ったが、あまり乗れなくてめっちゃフラストレーション⤴   


 気温はめっちゃ暑いし、水温もとっても高いが、雲が、空が、かなり秋。
俺の58回目の夏が終わるな~😣
あと何回、俺には夏があるのだろう…と、遠い目…。

うちの職場女子たち2回目のサーフィンスクール@平塚ビーチパーク アウェーガンバ大阪戦を来年も平塚で観たいのでベルマーレ応援しなあかんやん💦


【🏄2-103 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】今日は、うちの職場女子二人が、この夏、2回目、平塚へ来てくれて。
前回は平塚駅南口から湘南海浜公園までタクシーだったが、今回は諸事情で歩いたけど、「なんかすごく非日常~」「リゾートを歩いているみたい!」「お洒落なお店がいっぱい!」「わ~っ海だ~」と大騒ぎしてくれたが、自分的にはこれが日常やねんけどな~😊


 で、前回はサーフィン体験だったが、今日は自力テイクオフを目標にスクールってことで。


 台風12号 (ムイファー)の影響で波が大きくなるのではないか、または以前からの気象予報では南風が強くなるということだったのが開催出来るか心配だったが…。
波は腰~腹、海水浴規制が終わったテトラの内側は膝とちょうどよいサイズで、南風もさほど強くならずで、絶好のスクールコンディションとなって安堵😊


 今日は自力Takeoffのために、しっかりパドルをしてもらわなくてはいけないので、まずはパドリングの練習から。
二人とも胸が大きいから胸が上がっているのかどうかがわかりにくいが…先生、困っちゃう~っ😍


 そして最初は押してあげて、テイクオフの復習をしたら、前回飲み込み早くてきれいに立っていた20代後半女子は一回目からスムーズにテイクオフ。
一方、前回、教えた通りでは全く立てないながら、隣で練習していた小学生の天然自然体Takeoffを学んで、「なんでそれで立てるのん!?」ってな見事にバラバラな順序でテイクオフしていた30代前半女子は、今日はなかなかテイクオフが出来ない…。
しかしあの変なフォームでは自分はアドバイスできず、「もうなんでもいいから立ってくれー」って先生は役立たず…😅


 さて、今からは自力パドリングからTakeoffしてもらうよ~ってことで突き放す。
最初は横におって、この🌊行けるよ~と告げつつ、波の見分け方をアドバイスして、時々、板を最後の最後のタイミングでちょっとだけプッシュしたりしつつ、パドリングから板が滑り出して、自力で波に乗る感覚を教える。


 すると20代後半女子がどんどん自力で乗り出し、そして30代前半女子もむちゃくちゃな手順ながら自力Takeoff出来てきた~😂


 ちょっと水分補給も必要で休憩ってなったので、CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"で、自分はテトラの外に出てコート前にて波乗り。
こっちは腰~腹で、さくっとレギュラー1本、グーフィー2本を岸まで乗り切って、まぁまぁエキジビションとしての役割は果たしたかなと思ったら、胸近いうねりが入ってきて、そのセットはゲッティングアウト間に合わなかったが、それならとちょっとアウト目にラインナップしてみたら…。
ドンピシャで大きめのうねりが入ってきて、うまくピークに合わせられたその波は、めっちゃライダブルで、レギュラー、トップターン3発入れながら岸までなかなかのロングライドで乗り切れた~😂
それで脱水して職場女子二人の元に戻ってみたら、ちゃんと4本とも観ていてくれて、そして最後の波には大絶賛をいただきました~👏


 お昼御飯は「ビーチバルSUCCA」にて。
自分は今日は絶対にこれを食べるぞって決めていた「モッツェァレラチーズバーガー」で、二人は自分が幾つかお薦めした中からタコライス。
SUCCAのカキ氷がめっちゃ評判やねんで~って紹介して「マンゴー」のを二人で一つ食べるってことになったが、なんと、今日は機材のメンテナンスで提供なし😱
来年また絶対に来ますから、そのときのお楽しみにしますって言葉をいただいたが、来年もまた来てくれるのか~って、ちょっと嬉しくてウルッときてしまった😭



 さ~って午後も張り切って波乗りするぞ~❗
浮き袋とビーチボールでも遊ぶぞ~って張り切って海に入ったが…
まず一人がラッシュガードのポッケにiPhoneを入れたまま波乗りしてしまってスマホ死んでしまった…⚠
それでちょっとなんとなくテンション落ちてしまって⤵なんとなく脱水することになって、みんなでシャワー浴びていたら、もう一人が更衣室ロッカーの鍵を入れていたラッシュガードのポッケのファスナーを閉め忘れていたようで、海の中で紛失した模様ってなことでとトラブル続出な女子たち…😱
ビーチパークのスタッフが良心的な対応をしてくれたおかげで、👙で電車帰宅はなんとか免れたが。
ま、それはそれとして「楽しかったで~す🎵」という感想をいただいて、平塚駅までお見送りしました。
寝過ごさずちゃんと帰ってくれよ~、おうちに帰るまでが遠足やで~(^_^)ノ""""



 ほんで、ベルマーレに降格されるとアウェーのガンバ戦を平塚で観れなくなっては困るので、夜は、ベルマーレを応援しに来た!@レモンガススタジアム平塚
今日は平塚市民ディなんで、平塚市民ご優待なんで、しかしその対象の席を取ったのに、なんとその席は周りはなんでか真っ赤っか~アウェイ席の横やった、間違えた?💦
自分のクローゼットから可能な限り黄緑のTシャツと水色のトランクスとベルマーレのタオルマフラーで来たんやけど、めっちゃアウェーで、ちょっと…。
試合は、8分にアントラーズ佐野海舟に先制されるも、35分に大橋祐紀、43分に鈴木章斗が得点し、2-1で折り返したながら、後半ロスタイム90+2分に不用意なプレーでアントラーズにPKを与えてしまい、それをアルトゥール カイキにきちっり決められてしまいけっきょくは2-2のドロー。
結果、勝ち点は1点積み上げたものの、レイソルはマリノスに勝って、FC横浜がグランパスと引き分けで、勝ち点で最下位のまま…😱(レイソルにマイナス5、FC横浜にマイナス4)
残り8試合、頼むで~湘南ベルマーレ❗
ちなみにガンバ大阪は、勝ち点33の11位で、正直、前半の不甲斐なさもあって、この順位はめっちゃ不満やけど、とりあえず降格はなさそうなのでちょっと安堵している今日この頃…😓



 夜御飯は「ハッピー ネパール&インディアン レストラン」(神奈川県平塚市宮ノ前9-6 1F)に寄って、サグマトンカレーを中心にタンドリーチキン・チキンティッカ・シーカバブのセットをオーダーしたながら、食べきれなくてカレーとナンとサフランライスをドギーバックしたながら、サグマトンカレーが大暴れして、冷蔵庫やらが💩みたいな大惨事になってしまった~💦

厚労省労政審職業安定分科会が予定より早く終わって帰ってきたら日暮れ前に波乗りできたがオンショアでバニャバニャやけどな~🗻


【🏄1-102 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】今日の午後は厚生労働省の第195回労働政策審議会職業安定分科会で、議題は(1)「看護婦等の確保を促進するための措置に関する基本的な方針」の改定について、(2)産業雇用安定助成金(雇用維持支援コース)の支給要件の見直しについて (報告)(今日の資料はここ)
(1)の議題に関して、これ言っておかなあかんかったってことが、次の議題に移ってから今更で考えがまとまってしまって、発言の機会を逸したことに強烈に後悔している…やってしまった…😞
一番の問題は、厚生労働省の担当者からの事前説明から今日の本番までの間、忙しさにかまけて資料の読み込み・熟考をする時間がなかったこと。
しかしほんまになかったのか…ってとこを強烈に自省。
「看護師のことはわかんな~い」ってけっして思っていたわけではないのに…ほんまに後悔。
今日の議題である「看護婦等の確保を促進するための措置に関する基本的な方針」の改定については、今日が諮問ではなく、もう一度、審議できる機会があるはずなので(諮問はうちの分科会ではないかも知れないが)、今日、言えなかった意見は、どっかで拾ってもらおう。


 ってことで、分科会が予定よりかなり早く終わってしまって、平塚に帰ってきたら、日暮れは早くなってきたが、なんとか日没までまだちょっとだけ時間があったので、ちゃりちゃり~で浜へ。
かなり強い向かい風とだらだら坂道で汗だくになりながら浜に着いたら、海もオンショアでめっちゃチョッピーでばにゃばにゃや~😓
腰~腹で、ピークは胸くらいにはなるが、しかしそのあと消え気味。


 運良く自分の目の前に裾野のあるしっかりしたうねりがいい感じでピークになってくれたら、Takeoffから1ターンまでは掘れ掘れで楽しくて、その後もわちゃわちゃを上手く凌げば岸までは走れるのがある。
でも見極めは難しいよう💦
結局、5本乗ったうちのライト1本とレフト2本はそれなりで🆗、残り2本は直線やったけどね~💦
明日の朝は、この夏ふたたびで、うちの職場女子が波乗りしに平塚に来るので、風の影響が軽減されればいいのやけどな~。

ライドシェアってまともな国では禁止・規制されているのになんでいまさら?ライドシェア推進派の脳味噌って2016年頃で止まってるやんか😢


 「菅前首相、ライドシェア解禁に意欲」って発言があって、急に、今さらながら「ライドシェア解禁」が話題になっているが…。
すでに世界中のまともな国ではライドシェアって禁止・規制されていて、なんで今さらそんなものを日本に導入しろなんて言ってんのか意味が分からん。
「タクシーが足りない」、だからライドシェアってロジックって、例えば医者が足りないから医大生に手術や診察をさせろと、弁護士が足らんから自分のような社労士や、司法書士・行政処理など法律に関係する弁護士資格がない士業に、専門外の裁判や法律行為で弁護をさせろとかというのと同じだと思うが…。
責任が取れないのよ。
ウーバーイーツみたいなフードデリバリーでは運ぶものが食品とかなんだが、ライドシェアの場合は運ぶものが「人の命」なんだが…。
しかも、今、「ライドシェアだーっ❕」って言っている菅義偉前首相・河野太郎・橋下徹・ホリエモン、そして日本をぶっ潰した張本人の竹中平蔵の頭の中って、どうも2016年ごろで停止しているようで…。

 全自交労連が2023​年8月16~24日にツイッターで「ライドシェアのここが駄目①~⑦」ってのを投稿しているので、ここで紹介しておく。

①「危ない」
②「低所得化の負のスパイラル」
③「ブラックボックス」
④「安定しない供給」
⑤「安定しない価格」
⑥「運営会社に遵法意識がない」
⑦「得をするのは誰か」


①「危ない」
 【1】輸送回数 日本タク=約5.6億回 米ライドシェア企業=約6.5億回【2】交通事故死者数 日本タク16人 米ライドシェア企業42人【3】身体的暴行による死者数 日本タク0人、米ライドシェア11人【4】性的暴行件数 日本タク19件、米ライドシェア998件!
日本のタクシーとアメリカの主要ライドシェア企業との比較(2020年のデータ)。これは国会で政府が答弁したデータです。
ソース:第211回通常国会 衆議院国土交通委員会 2023年3月22日


 よく「ライドシェアは相互評価だからタクシーより安心」っていう人がいますが、事実ではありません。アメリカのテレビでは「ライドシェアに乗ってトラブルに会った人は是非、わが社に」という法律事務所のCMがたくさん流れているそうです。ドライバーの身元照会がずさんなためです。
公共交通を担うプロの職業ドライバーと、バイト感覚の素人ドライバーでは技術も心構えも背負う責任の重さも違います。今度触れますが、その相互評価のアルゴリズムもブラックボックスで全く透明性がないんです。
そして、日本のタクシーには世界のタクシーの中でも、トップレベルの安全性と品質がありますが、それは会社にドライバーの体調を含めた運行管理、車両管理、保険加入などが法律で厳格に義務付けられているから。ライドシェアに同じことはできません。
いま日本でコロナの影響が薄れ、インバウンドが急増し「タクシーがつかまりにくい」という利用者の声が高まっていることは、タクシー業界の労使として真摯に受け止めて対応しなければなりません。でもその解決策はライドシェア解禁じゃない。
タクシードライバーの低賃金を改善し、公共交通を支える労働の価値に相応しいだけの賃金を確保することこそ最優先。そしてタクシーを進化させていくことが必要です。浅い考えでライドシェアを導入すれば、どんな弊害が起きるのか、投稿していきたいと思います。
全自交ツイッター 2023.08.16


②「低所得化の負のスパイラル」
 ライドシェア運転者は、個人事業主で社会保険も最低賃金も関係なし▽ガソリン代も保険も運転者の自腹▽海外の実例で、10年前は手数料20%⇒最近では売り上げの50~60%が手数料として引かれる。
こんな条件で働かされるのもイヤだし、こんな条件で働いてる人に命を預けるのもイヤでしょ。プラットフォーマーが手数料を上げてきても、労使交渉もできないんですよ。「個人事業主で労働者じゃないから」って。
どの国も最初だけはライドシェアドライバーの収入は良いんです。でもすぐに搾取されるだけの存在になります。例えば、2014年ニューヨークでタクシーからウーバードライバーに転身した人はこう語りました。
最初の1年は週に1500~2000ドル稼げたが、2年目からウーバー側の運賃値下げや手数料値上げ、ドライバーの増加によって収入が激減。2年間で最終的に運賃は35%引き下げられた。またウーバーは売上税をドライバーに払う金から違法に控除していた。
インドでは2015年の収入が2018年には4分の1になりました。日本のUberEatsも同じでしたよね
アメリカには約90万人のウーバーのドライバーがいるそうですが、毎月5万人ほどが入れ替わるそうです。それだけ定着率が低い。ちなみに日本のタクシー乗務員の平均勤続年数は10.8年。全自交組合員に限れば12.8年になります。
そもそも既得権益なんて攻撃されるけど、日本のタクシー乗務員の収入は低すぎるんです。年収は全産業平均と比べて135万円低く、男性の全産業平均と比べれば191万円安い。これのどこが既得権益なのか。
この現状でライドシェアが解禁されたらどうなるか。タクシーの運転者の賃金もライドシェアの運転者の賃金もドンドン下がる。時間当たりの収入が下がれば、働く時間を長くするしかありません。低賃金・過労・睡眠不足で運転する人の車にあなたは命を預けることができますか。


 実際に、ライドシェアの導入により、生活苦となって自殺したタクシードライバーはニューヨークで8人、台湾で12人、オーストラリアで4人、世界中で相次いでいます。人の移動する権利を守るタクシードライバーの仕事の価値はそんなに安いものなのでしょうか。
世界中でタクシーの台数と運賃には国の規制がかかっています。無制限に台数を増やし、市場原理だけの価格競争を導入すれば、過当競争を招いて、運転者の健康や利用者の命、交通の安全が損なわれることがわかっているからです。ライドシェアで車を増やせばいいというのは短絡的すぎます。
全自交ツイッター 2023.08.17


③「ブラックボックス」
 ライドシェアの問題点の一つに透明性のなさがあります。UberやLyftなどのプラットフォーマーは運賃や報酬を決めるアルゴリズムをブラックボックスにしており、公平性・透明性が担保されません。
また、同じ時間に同じ出発地から同じ目的地まで利用しても、よく使う客と初めての客で運賃が違う(初めての客に安くする)ことも。天気や需要で運賃を変動させるだけでなく、個人情報まで紐づけて運賃を決めるダイナミックプライシングを行っているようですが、詳細は非公開。
乗客に示した運賃とドライバーに示した運賃が違うこともあるそうです。イギリスでは、運賃や報酬の不透明性・不正を検証するため、ドライバーがスマホを2台使って、利用者側に提示された運賃を調べると、それが「不正行為」としてアカウント停止になった事例があります。
ひげを剃っただけで顔認証ができず一方的にアカウント停止された事例が報告されています。抗議しても門前払いです。一方的なアカウント停止=解雇です。こんなに簡単に解雇することが許されていいのでしょうか。
今年カリフォルニア州のライドシェアドライバー810人に行われたアンケートでは、①8割が専業ドライバー②3分の2の人が、一時的または永久のアカウント停止を経験③アカ停されたケースの3割で「理由が示されなかった」④アカ停された人の内、18%が商売道具のマイカーを手放し、12%は自宅も失った。
「ライドシェアが解禁されたら俺も働く」という人もいますが、運営側がどれだけ理不尽なことをしてくるのか。そのことを知らないとしか思えません。
ドライバー管理もアルゴリズムで行われます。本来好きな時間に好きなだけ働けるはずなのに、インセンティブ(何時間以内に何件仕事したら報酬アップ等)を駆使して、ドライバーをあおります。
ゲーム感覚で仕事をするドライバーは安全よりもノルマ達成を優先に。これって、日本のUberEatsでも「クエスト」って言って問題になりましたよね。自転車でも一部の乱暴運転が問題になってるのに、それを車でされたらって想像するだけで怖くないですか。
ちなみに日本のタクシーの場合は売り上げが上げるほど歩合率が高まる「累進歩合」という賃金体系は厚生労働省から禁止されています。
全自交ツイッター 2023.08.18


④「安定しない供給」
 日本のライドシェア推進派は「過疎地でライドシェア」なんて言いますが、おとぎ話です。今回は供給と価格の面でライドシェアの駄目なところを見ていきましょう。
まずは供給の面。日本の人口減少と高齢化は本当に深刻です。地方のタクシー会社は需要がなく、利益を出せない構造になっています。そこにライドシェアを導入すれば問題は解決するのでしょうか。いいえもっと悪化します。
お客さんがいない場所では、ライドシェアも機能しません。「副業で空いた時間に」なんてことを言う人もいますが、儲からない場所で待機なんてしません。需要のある場所と時間を選んで仕事をします。仮にボランティア精神でがんばってくれる人がいても、それって長続きしますか?
一方でタクシー会社は需要の少ない地域や時間でも、なんとか供給を維持しようと努力しています。深夜でも例え 1 台でも車を動かして無線がつながるように。それが公共交通の使命です。でもライドシェアが解禁されて美味しい仕事だけをつまんでいったら、会社はもちません。
またタクシーは採算の取れない地域でも自治体と協力しながらデマンドや乗合のタクシーを運行するなど、工夫して地域の足を守る努力もしています。同じことがライドシェアにできますか?
タクシーがなければ、市役所はどこに交通空白地対策の話をもっていけばいいのですか?仮にプラットフォーマーが市役所の提案する話に乗ってきても、ドライバーに指示することはできません。個人事業主で、雇用関係がないわけですから。
また今のタクシードライバーの多くは障害者や高齢者の送迎について研修を受けていますが、ライドシェアドライバーに同じことを求められますか?雇用されてないのに。
過疎地の交通を維持するために、魔法のような手段はありません。移動手段の確保は「交通税」といった目的税の創設も含め、国や自治体で考えなくてはなりません。こんなこと言うと「増税反対!」って言われますね。
でも、地域から交通手段がなくなれば、住民が減って地価は下がり、自治体全体の税収が低下していくジリ貧状態になります。総合的に考える必要があります。
全自交ツイッター 2023.08.21


⑤「安定しない価格」
 価格の安定性の問題を指摘したいと思います。ライドシェアが導入されたら、最初の内は「安い!」となるでしょう。投資マネーなどで潤ってますから、最初は損を覚悟の低い料金でタクシーの需要を奪いにきます。でもその後は?
ライドシェアのダイナミックプライシングは、時と場所によってはメチャクチャ高い料金を請してきます。「こんなに高いなら、タクシーの方がよかった。朝でも夕方でも雨の日も同じ運賃で乗れたのに」と思っても、もう手遅れ。もうタクシー会社は潰れてしまって存在しません。
海外では、テロや災害が起きて、急いで逃げたい人が殺到した時に、むちゃくちゃ値段が上がった事例もあります。ドライバーが共謀し値段を吊り上げるためにあえてアプリを一斉に切って、アルゴリズムに車が足りないと判断させて値段を上げるなんて事例もあります。
また以前にも書きましたが、よく使う利用者と初めての利用者で値段が違うなんてこともあるようです。でも詳しい仕組みはブラックボックス。価格に関して安定性も透明性も望めません。
全自交ツイッター 2023.08.22


⑥「運営会社に遵法意識がない」
 Uber創業者のトラビス・カラニックの発言「法律は後からついてくる」。違法だとわかっていてもまずはサービスを始め、裁判で争っている間に、既成事実をつくるのが元々のUberのビジネスモデルでした。
カラニック時代のUberは警察の捜査をあざむくソフトや利用者の個人情報を盗むソフトを開発して使用したり、他社の情報を盗むためのチームを社内につくったり、セクハラがまん延したり、人種差別を放置するという悪質な企業風土を持っていました。
カラニックは2017年に経営から引いていますが、その後も別のルール違反が明らかになっています。
最近は個人事業主と言っても労働者に対する権利が適用されるという判例が世界各地で相次いでいますが、Uberは負けるとわかっていても、裁判を最後まで引っ張り、負けた後もルールを守らないのです。
イギリスではドライバーへの最低賃金の支払いを命じる最高裁判決が出ましたが、判決後も運転中しか最低賃金を払わず、待機中は未払いというルール違反を続けています。
ちなみにヨーロッパでは、厳密に言うともうライドシェアは認められていません。欧州司法裁判所が2017年12月「ウーバーはマッチングサービスではなく運輸業」という判決を出したからです。
判決は欧州全域に適用されるので、いまヨーロッパで営業中のUberは、ハイヤー配車サービスでライドシェアではないのです。台湾でも韓国でも一旦上陸した後に撤退しました。世界的にもライドシェアってけっこう「オワコン」なんですね。
世界的な税金逃れの問題もあります。2019年、Uberは世界で58億ドルの営業利益を上げたが、50社以上のトンネル会社を使って46億ドルの営業損失に転換する操作を行ったと報道されました。
バミューダ諸島などのタックスヘイブンも活用し、各国政府に対する税金の支払いをとことん回避する手法です。ライドシェアが仕事をする場所は道路ですが、道路を造り維持する原資は税金です。まともに税金も払わず利益だけをかすめ取る企業をのさばらせていいのでしょうか。
全自交ツイッター 2023.08.23


⑦「得をするのは誰か」
 ずっとシリーズで投稿してきましたが、これが最終回。ライドシェアで働く者も利用者も得なんてしないと伝えてきました。では誰が得をするのか。
ライドシェア導入で得をするのは、運営するプラットフォーマーと、そこに出資している会社です。いま日本でライドシェア推進を掲げている人。代表格の一人が橋下徹さんですね。その主張が掲載された新書のブランド「SB新書」って言います。ソフトバンク系列です。
そういえば、Zホールディングスの川邊健太郎会長。この人もすごいライドシェア言いまくってます。国の会議でも提案しました。で、Zホールディングスもソフトバンクのグループですね。みんな「国民のために」とか言いますね。本当ですかー?なんか気持ち悪く思いませんか。
2016年3月、楽天の三木谷さんは、アメリカのライドシェア「Lyft」に3億ドルを出資し、その翌月に、「新経済連盟」の会長として、政府にライドシェア解禁を要求しました。今起きているのは同じことでは。
ソフトバンクビジョンファンドが東南アジアのライドシェア「grab」やインドの「Ola」など、複数のライドシェアの企業に投資をしているのは周知の事実。詳しく知りたい方は「孫正義の無謀な投資がもたらすもの」で検索してみてください。詳細なレポートがあります。
私たち、ハイヤー・タクシー産業で働く労働者が、ライドシェア阻止を訴えるのは、生活を守り、乗客の命と安全を守り、地域の移動の足を守るためです。いまや菅前首相まで、解禁論を主張し、非常に危うい状況に突入しました。志ある皆さん一緒に闘っていきましょう。
全自交ツイッター 2023.08.24

tag : #ライドシェア阻止#ライドシェア#橋下徹#竹中平蔵#河野太郎#ライドシェアは世界ではオワコン#ライドシェアいまさら

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR