FC2ブログ

記録上初めて6月に梅雨明け宣言した関東甲信越、早まった気がするが、今日の平塚は夏やった!波はオンショアぐちゃぐちゃながら~(T-T)


【62 Grommet Simple Retro Fish 5'11】過去最も早く、6月29日に梅雨が明けた関東甲信地方は、30日も各地で気温が30度以上の真夏日を記録する暑さ!
そして強烈な太平洋高気圧(昔は小笠原高気圧と呼ばれていた)が居座っているので、南風がここんとこ吹き荒れてる!
自分が沖縄に行っていた先週の土曜はめっちゃいい波やったようで、「今日の波、あかんね~」って話しかけた皆さんが口を揃えておっしゃるのは「3週間いい波だったからね~、ま、もう疲れたから、こんな波でもいいんじゃない」とのこと…。
その先週の土曜日は、自分は沖縄で波あかんかった…(T-T)


 風ぐっちゃな腰、潮引いたくらいがいいかと思って、11時過ぎくらいに入水。
あかんわ、潮は関係ないわ、ってな波ながら、自分の目の前にガバッて掘れる三角なピークが張ってくれると、ボトムターンはしっかりできるやん。


 その後はショルダーなんて無くてちっとも張ってこないが、そこを何とか繋げば、インサイドで膝ながらの波が張ってくれるので、しごいて走ってショアブレイクまで!
あかん波なりに、それなりに楽しめる波が、辛抱して厳選すればあるやん(@^▽^@)♪


 とにかく夏だ!
梅雨明け宣言は、きっと気象庁は早まりすぎた気がするが(きっと雨降る!)、とにかく夏だ!



 まだまだ沖縄引き摺ってる、昨年末に次女のところに尋ねた際に、いろいろ食材を買って帰ってきたら、ことのほか、美味しかったので、今回は、クーラーバックを持参して、いろいろ買って帰ってきた!
今日のお昼は、沖縄そばの生麺と沖縄そば用のスープとレトルトのソーキを使って、沖縄そば。
そうそう、朝ご飯はふーちばじゅーしを炊いたし、今夜の晩ご飯は、ジーマミ豆腐と、ソーキやし!
神奈川の水もかなり硬水のようなんで、沖縄の食材の味が活きてると感じるが、自分の味覚はそれであってるか?

    

スポンサーサイト



危うく、EXPRESS予約のグリーンポイント1600ポイントを流してしまうとこだった( ̄。 ̄;)


 JR東海とJR西日本がやっている、東海道新幹線のEXPRESS予約には「グリーンプログラム」ってのがあって、乗車区間に応じたポイントが貯まり、そのポイントを使ってグリーン車に座席をアップグレードできる。
ポイントの有効期限は2年目の6月30日で(乗車日ではなく、予約時で、6月30日まで)、今月末で消えるのが1600ポイントあった。
来月、妻と孫1号が平塚にやってくるので、その時のために置いておいたんやけど、一昨日、ようやく来る日が決まったので、新幹線のチケットを予約しようとしたら…。

「クレジットカードでの決済ができなかったため、予約が完了しませんでした。決済に関しては、クレジットカード会社にお問い合わせください。」 (゜◇゜)ガーン

 原因は分かっている、今月のカードの請求が「713,818円」あって(引き落としは7月3日)、その後の買い物などで、限度額(100万円)に達してしまったのだ!
先月は、出張の航空券や新幹線の予約が多かったし、仕事の飲食の精算も大きいのが(参加者が多いのがってことであって、高級な店ではない)いくつかあったし、そして大阪の家のLDK+和室のエアコンを買い替えたし、などで高額請求になったのだ。
今月中に、利用額の枠を開けて、新幹線チケットを予約しないと、みすみす1600ポイントものグリーンポイントが消滅してしまう。
しかたない、臨時返済しようと、現金を下ろして、ViewカードのATMで手続きしてみたら、「50万円以上の請求額の精算は出来ません」って表示されてしまった。
そうだ、自分の帰阪する際の、同じ区間の往復が予約済みだから、それを変更すれば運賃一緒でクレジットカード決済不要だから、そっちでグリーン特典使えるかも、と閃いてやってみたが、「クレジットカードでの決済ができなかったため、予約が完了しませんでした。」が表示されてしまった。

 で、昨日、コールセンターに泣きついてみたら、ご利用可能限度額を増額する手続きをしましょう、ってことになって、但し審査があるので、ご希望に添いかねる場合もある、審査結果は翌日になるが電話・ショートメッセージ・SNSのご希望の方法でお知らせするとのこと。
すると、翌日ではなく、数時間後に「ご利用可能額をご希望の金額に変更いたしました」ってショートメッセージが来た!
よかったよ~、無事、妻と孫1号のためにグリーン車の座席が予約できたよ~!(*^▽^*)
妻と孫が来る時のために、自分は我慢して使わずに貯めてるグリーンポイント、危うく流してしまうとこだった!!

   <

沖縄4日目(最終日)寝坊してから糸満に走ったが、すぐに潮が足りなくなったし、孫2号の保育園行きの見送りにも間に合わなかったし…(´・ω・`)


【61 RMD 5.10 Hybrid Quad】昨夜はさすがにくったくたでうちの夫婦も、次女夫婦も、孫2号も、日付が変わる前には(o_ _)ozzz
でも、自分は、今朝は糸満に走るつもりで、4時半に目覚ましを合わしておいた(沖縄は夜明けが遅い、那覇の日の出は5時39分、ちなみに江ノ島は4時29分)。
やのに、2度寝してしまって、出発は5時半、しかも慌てて出発したから、道中で気付いたが、防水デジカメとバスタオルを忘れてきた~(´・ω・`)


 しかたがないので、人気が無いところで、Tシャツの裾を引っ張ってSexy生着替え(*^▽^*)
波は腰、しかし潮が足らなくなってきているので、自分と入れ替わりで、皆さん、どんどん脱水中…(;゜ロ゜)
みるみる、乗れる波が無くなっていくねん…。


 太陽の光の入り方が、とってもよくて、快晴やし、もちろん街に近い砂辺より、とっても綺麗な糸満の海。
波待ちしている海の中は、一昨日の砂辺の海や、昨日の離島以上に水族館状態で、めっちゃ綺麗な魚が狂喜乱舞やのにデジカメがない!
コンタクトなもんで海中に潜って目を開けられないんで、水中景色は防水コンデジに頼っているのに、今日は無いねん(号泣)
そんな綺麗な海を少しでも表現したくて、一応防水になっているスマホを抱えて、ギリギリまで海に浸かって、この写真を撮った。



 二度寝しないで、さっさと糸満に走ってたらもうちょっといい波を楽しめて、そして大急ぎで帰ってきたら、保育園に行く孫2号と、仕事に行く次女に会えたのに…ってことも後悔(ノД`)
帰ったら、朝から洗濯やら掃除で大奮闘している妻も、さすがにこれ以上は家事することなくなったらしく、「そろそろ帰ろうっか…」って。
なんかどっぷりとテンション下がった夫婦は、「サンエー」に寄ってお土産やら、食材などを買い込み、次に「Gate1豊見城店」でタコライスを食って、妻が寄りたいというので最後にあしびなのアウトレットモールへ。
ビラボンのお店に行ったら、沖縄限定のTシャツがあって、なんかいいので、自分と妻と長女の分を買ったり(これはアウトレット価格ではなく、割引対象でもなく、定価3800円也)、自分らの服を他にも買ったり、そして孫1号の服を買い漁ったり…by妻(^0^;)バランスガヒツヨウノヨウダ…
その後、レンタカー屋そばのカフェで時間を潰してから、かなり早めに空港へ、なんせ、とにかくビールを飲みたいし、車じゃまやし!



 昼のタコライスがまだお腹に残っているが、晩ご飯は食べとかなあかんし、って、妻の搭乗時間の1時間前くらいにエンダーGet。
妻が4階に行ってみようと言うので、初めて4階に上がってみたら、おおお、めっちゃいいロケーション(≧Д≦)
慶良間諸島が見渡せ、自衛隊機含めていろんな飛行機の発着が見れる!
伊丹空港に帰る妻の乗った飛行機がプッシングされてる、俺はこの30分後の羽田行き、ほんじゃね~ばいば~いヾ(*´∀`*)ノ

    

沖縄3日目は、波がなくてNo Surf そして離島で孫2号海水浴デビュー


 朝一の波乗り⇒ライカムでの娘の買い物につき合い(じいじは財布担当)⇒「うたの日コンサート」と、昨日はクタクタやったけど、深夜の日本vsセネガルをテレビ観戦。
前半はちゃんと観たが、しかし後半はどうも気絶したようで、朝のニュースで「引き分け」という結果はてっきり①-①だと思い込んでいたら、なんと②-②だった…( ̄。 ̄;)
それでも5時に起きて、娘の家から車で15分の、太平洋側である砂辺ボウルズに行ってみた。
が、昨日は午後からオンショアが強く吹いて夕方の時点で朝よりサイズアップしていたから波あるやろうという期待は粉砕、setすねや~(T_T)
娘家族とお出掛けを予定しているので、今から東シナ海側の糸満まで走るには時間はなく、本日の波乗りはなしとなっちまった…、これならもうちょっと寝てたら良かった…(゜◇゜)ガーン



  「どっか離島に行きたい」という次女の提案に妻が大盛り上がりで、いろいろ調べてみたら、うるま市の勝連半島の沖合約5㎞に「津堅島」(つけんじま)という周囲長約7㎞の島があった。
娘んちから、車で20分ほどのとこにある平敷屋港からフェリーと高速船が運行していて、フェリーでも30分ほどで渡ることが出来るようで、滞在時間考えても移動時間考えても、ちょうどいいやんっ!
孫2号、船デビュー、孫1号は飛行機に乗ったことがなく孫2号が2往復飛行機に乗ったのをすごく羨ましがっていて、そして孫1号は船にも乗ったことがないから、このことを知ったら、地団駄踏んで悔しがるであろう(笑)
津堅島、あそこだよ~。



 島に到着、レンタサイクルがあるが孫2号がいるので無理、でもトマイ浜までは歩いて20分とのことなので、「徒歩でええやん」。
って、しかしいきなり延々続く心臓破りの坂が現れる、ビール満載のクーラーバックに日よけ等々、荷物満載のじいじ、炎天下やし死ぬ…。



 この島は、別名「キャロットアイランド」とも呼ばれ、その名の通り、県内のにんじんの2割が津堅島で収穫されているとのこと。
坂を登り切った灯台の脇のところには、キャロット愛ランド展望台があって、そういうわけで、めっちゃ場違いなにんじん型の展望台が現れる!(でもニンジンに見えるか??でもいい眺めや~!!)


 せっかく登った高度をすべてあっさりと吐き出して目的地のビーチへの急坂を一気に下る…(帰りにまた登らなかなんねんな~)。
浜に出てみると~、え~、やべ~やん、めっちゃ綺麗や~んって、一同、一気に疲れは吹っ飛んで、どっか~んってテンションアップ、とにもかくにもこりゃ「ありっかんぱ~い!」や~( ^_^)/□☆□\(^_^ )


 孫2号、沖縄で生まれ育ってまもなく7ヶ月、ようやくの海水浴デビュー、ちょっと緊張気味や~笑



 波打ち際でちょっとの間だけ座らせていたが、水をバシャバシャするのは楽しそうやけど、時々、サプ~ンって波がやってくるとドキドキのようだ。
ま、最初は、ちっちゃい波から慣れさせておいて、将来は立派なサーファーに育てなくては!
でも、ゴルフとか競艇選手に育てた方が、じいじは老後が豊かになるかな?


 最初、砂浜の沖合のところでシュノーケリングしてみたが、見れた魚はハコフグを含めて3種類、やっぱ岩場の所やろって歩いて行ってみる。



 お~、やっぱこっちや、なかなか魚影豊かで、いろいろうじゃうじゃおるで~。


 やはり沖縄やから、美味しそうな魚は皆無ながら。



 防水コンデジ、フラッシュの設定が上手くいかず(マナーモードを解除してくださいって表示されるが、マナーモードの解除の仕方がわかんない)、暗くて、あまりいい写真を得ることが出来なかったが、少し深めに潜れば、ほんとちょっとした水族館状態なほど色とりどりのお魚がいっぱい!


 孫2号、ヤドカリさんとも初ご対面~、「なんじゃこいつは?」ってなのはお互い様やな。


 おうちを8時に出て2時間後にはこんなに綺麗なビーチに到着、15時の帰りの船までゆったりして、おうちに帰っても16時半、って贅沢やな~。




 遅い昼食は「民宿つけん」にて、食事のメニューは4種類(うち一つは売り切れ)。
なんで、肉ピーマン炒め(津堅島のにんじん入り)とイカの天ぷらと沖縄そばで、すべてのメニューを完食したった!
って、こら、おまえが狙っているのは、ビールか?イカの天ぷらか?

 この民宿では、食材を用意してもらって、浜の木陰でBBQも出来るそうで(飲食物持ち込みも可だそうだ)、それもいいかも!
帰りのフェリーではママもパパもばあばもみんな爆睡で、まだまだ元気なのは孫2号のみ、ベビーカーに乗せると怒るので、じいじは睡魔と闘いつつ、一生懸命孫2号をあやすミッション!( ̄。 ̄;)ロウタイニハキツイネンケド…、シカモジイジガイチバンスイミンジカンスクナイノニ…

 帰って、後片付けをする皆を尻目に、そして相手して貰えず放置されている孫2号の「だっこして」アピールさえも無視して、じいじは寝るし~(o_ _)o
そして本日の仕上げは、娘婿の要望で「焼肉なべしま ライカム店」にて焼きます!
やねんけど、その娘婿は疲労困憊で食欲・飲欲減退なようだ、まだまだ修行が足りん…(`Д´)
ちょっと寝たじいじはもう完全復活で、ビール飲みまくってたんやけどね~( ^_^)/□☆

    

沖縄2日目 朝一砂辺ボウルズでの小波サーフィンと、BEGINの「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納」🎵


【60 RMD 5.10 Hybrid Quad】干潮が4時頃、日の出が5時40分頃なので、朝一ならなんとか潮が足りる。


 昨日強く吹いたオン風は収まって、弱いサイドオンの砂辺ボウルズは、弱弱うねりな、かろうじての腿~腰。



 ぺろっと張るところに上手く合わせられたら、Takeoffは可能、そしてそこからはインサイドまでスープの下をゆらゆらスピード稼いで岸まで無理矢理乗り切る感じばっか。


 ただ、レフトは時々しっかり張ったピークから、ボトムがあって、ターン入れながらちゃんと走れるのもなんとかあったって感じ。


 夜明けの太陽が地平線の雲を突き抜けて顔を出してくれたら、海の色が一変、沖縄にしては街の海ながら、綺麗もんな~。
 

 本日のフィンセットは、「FCS MR-TFX」のばったもんである「サーフエクリプス TWIN2/1」を初めて装着。
しかし波が波やから、この板に合っているのかどうかは不明というテストライドとなった。
しかし、潮が引いてしまって足らなくなって、上がりしなに、スープに押されて楽々~って帰ってきていたら、浅いインサイドのリーフにヒットしてしまい、なんと使用初日にもかかわらず、海に落としてしまった!
しかしさすが沖縄の海の透明度、少し戻って海底に目を向けたら、簡単に発見することが出来た、沖縄の海、さすがの透明度!(湘南の海なら一瞬で見失うもんね)



 朝一、砂辺での波乗りの後、エンダーでがっつり朝ご飯、A&WバーガースーパーフライSコンボ、ありゃ朝から1000円になっちゃった(ーー;)
で、午後は娘に会場まで送ってもらって、嘉手納町兼久海浜公園特設会場にての、BEGIN主催のライブイベント「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納」🎵
初めて、BEGINを生で聴ける🎶



暑いっ💦いや、暑いっ暑すぎるっ💦💦腕時計の温度計では35.1℃になってる…
ピーカン☀でなくて、少しくらい曇ってくれててもいいのに…☁。
出店ではいろいろ美味しそうなものが売ってるが、暑さで食欲が湧かないねんけど、最後までもつのかっ!
でんぐりっていう、BEGINの比嘉さんが考案したメンコのイベントに、千葉ロッテの里崎選手、稲村亜美、獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)・グルクンマスク(琉球ドラゴンプロレスリング)などが大騒ぎした後、MCのきゃんひとみと与座よしあきが「『うたの日』おめでとう!」って、BEGINの比嘉栄昇(Vo, G)、島袋優(G)、上地等(Key)と嘉手納町のゆるキャラ・いもっちも加わり観客に挨拶。そして當山宏嘉手納町長による「うたの日」開会宣言と島唄「ファムレウタ」の歌唱をもって、イベントは穏やかに幕を開けた!



 1番手を務めたのは沖縄在住の4人組バンド・ヤングオオハラ、2番手は普段は各々がソロで活動している5MC1DJユニット・Asian Turtles。
妻はこの頃はかき氷食ってまったり、俺はスパムおにぎりで栄養補給しながら、暑さと闘う。
3番手は、演歌歌手の三丘翔太、太陽が似合わない(笑)。
そして、強い日差しが降り注ぐ中始まったのは、BEGINによる「エイサー・ステージ」、琉球國祭太鼓らエイサー隊の太鼓の音と共に「海の声」「三線の花」「島人ぬ宝」を歌い上げる♪
その後3人はLIVE DAMのカラオケコンテストで勝ち抜いた一般女性を呼び込み、彼女をボーカルに据えて「笑顔のまんま」を披露、盛り上がる!!
BEGINは続いて「ハワイアン・ステージ」のアクトへ突入、舞台には100名のフラダンサーと120名の演奏隊からなる「うたの日ハワイアン・オーケストラ」が登場し、星をテーマにした選曲でライブを展開していく。
ゲストの高宮城実人による「めぐみのうた」、子供たちの歌声が響いた「キラキラ星」、この日のために比嘉が書き下ろした新曲「私の好きな星」といったナンバーに合わせて、フラダンサーたちは美しいダンスを繰り広げる!
嘉手納町連合青年会・千原郷友会による演舞を経て、ステージにはKiroroが現れる。
「Best Friend」から、つかみは完璧っ、最新アルバム「アイハベル」の収録曲や往年のヒット曲「未来へ」を披露してステージを去るも、アンコールに応えて再び舞台へ、急遽「長い間」までも歌ってくれて、もう、うちの妻は感動で涙ぼろぼろ!
いよいよイベントも佳境、日が暮れ始めるとBEGINによる「マルシャ・ショーラ」のコーナーがスタート。
「マルシャ・ショーラ」はサンバの起源といわれるブラジルの伝統音楽・マルシャと、沖縄の方言「~しましょう」という意味の「ショーラ」を掛けあわせた造語だそうで、BEGINのナンバーはもちろん、昭和の歌謡曲や沖縄民謡などがマルシャのリズムに乗せてメドレー形式で演奏されるステージ。
2ブロックに分かれた合計1時間のステージ、舞台には宮城姉妹やダンサーたちに加えイベント出演者たちが次々と参加、踊りまくった約1時間でぜーぜーになってしまったが、夢にまで見た生で聴く「オジー自慢のオリオンビール」で、再度元気が出てきた!(俺より比嘉さんの方がやっぱり歌うまいわ!)
全22曲にわたるメドレーの最後を飾ったのは、今年誕生10周年を迎える「笑顔のまんま」、5時間ちょいのイベントの幕が閉じた~、汗だくのぼろぼろ、しかし満喫したわ~(@^▽^@)


 うちの夫婦が最も盛り上がったのは、「エイサー・ステージ」。
琉球國祭太鼓の子供たちが、自分らの横の通路で演舞してくれていて、この写真の女の子と、この子の隣のちっちゃい男の子がめちゃくちゃかっこよくて(可愛くて)、初めて聴いたBEGINの生うたと共に、感動やった!!
まさかまさかのもしもで、安室ちゃんも沖縄つながりで、「ラストだからさ~」とか言って、参加してくれたらと、淡い期待を持っていたが、それはなかったな(笑)


 次女が会場まで迎えに来てくれて、シャワー待ちの孫2号と遊びつつ、長い長い1日の余韻に浸ったわ~、むちゃく盛りだくさんの沖縄2日目が暮れていく。

    

沖縄初日、久しぶりに孫2号に会えたらすごく成長してて楽しい!そして友人のお店「皿の上の自然 il Gastro Sara」にて、3世代ディナー♪


 昨日まで梅雨のない北海道は函館だったが、一度東京を経由して、今日はちょうと梅雨が明けた沖縄へ。
妻が大阪から乗る飛行機の時間を、自分の時間だと勘違いしてた、保安検査場締め切りぎりぎり、危うく乗り遅れるとこやった💦 早めに出てきてよかったよ…💦


 レンタカーを借りて、次女と砂辺の「浜屋そば」(沖縄県中頭郡北谷町 宮城2-99)にて待ち合わせ、久しぶりに孫2号にご対面(@^▽^@)
こないだはまだ寝返りも打たない仰向けに寝たままだったが、今ではちょっとだけハイハイできて、1人でお座りも出来るようになっとる。きゃわいい~(*^▽^*)
ちなみにお昼ご飯は、沖縄そば(三枚肉とソーキ)と、トッピングにてびち、そして3人で1杯のじゅーしー♪♪


 その後、砂辺の波チェックするも、西風が吹き荒れてて、ぐっちゃぐっちゃ、15時頃から潮が足りてくるけど、こりゃ波乗りもうええわ、てことで、娘んちで、オリオンビールぷっしゅーしてから孫2号と遊ぶことに。



 表情も豊かになったし、動きも激しくなって、めっちゃおもろ~いっ、昼寝の邪魔をしながら弄くりまわしとく( ̄∇ ̄)



 しかし孫2号より先に寝落ちしたじいじ、孫2号に叩き起こされて、夕食は次女の不安な運転により、ryoryoのお店「皿の上の自然 il Gastro Sara」(沖縄県国頭郡恩納村前兼久466-7 1F)へ。
沖縄に移住して、お店をオープンしてから13年くらいかな、なんだかんだ言って、初めてゲストとしてお店に行ったのだ!
子連れでも大歓迎でとっても居心地が良い、まずはアグー豚のパテ・ド・カンパーニュ、パンはスパイスソルトを振りかけてオリーブオイルで食べるのがお薦めとのこと、ワインなんだろうけど、自分はぶれずにおくまでもオリオンビールやな。



 孫2号、せんべいデビュー、「なんやろこれ?」、前菜はタマン(あまふえだい)のカルパッチョ、想像していたより広い店内、お店の上階では「One Room Novla」を営業しており、また、お店の前に、Suiteroom Stellaを間もなくオープンすると、老後に備えて頑張って事業展開している(笑)いいね!


 お店の名物料理は「ピカソの好んだスープ(冷製スープ)、ジュレはタモン・トマト・ケール、むちゃくちゃ美しくて、スプーンを差し込むのがもったいない。


 東シナ海を望むことができるのだが、残念ながら水平線に雲があって、海に沈む夕日は見れなかった。
しかし刻々と変化する海と空の色が美しい、晴れてて良かった!


 シチューマチ(アオダイ)のポワレ。



 石垣パインのソルベ、「うちの店は、お塩と油以外は全部自分ところで作ってるの」とのこと、さすが!
そしてメインのステーキは、伊万里牛と付け合わせはすべて島野菜。(仕事で参加出来なかった娘婿にはサンエースーパーで、ステーキ肉を買っておいてあげたけど、かなり品質が違うかも…、婿殿、ごめんww)
RYORYOのパートナーであり、オーナシェフの那須あきゆきさんとも初めてお会いして、そしていろいろなお話が出来た。(二人が結婚するまでの頃にたまたまめっちゃ絡んでいたから、そのへんの話題で大盛り上がり、二人は盛り上がったのかどうかわからんが…)
美味しかったし、豊かな時間になったし、そして長年の念願かなったってことで、いい夜になった、ありがとう、RYORYO & 那須さん。

 ところで、今回、沖縄の「慰霊の日」に訪沖したのはたまたまその日程になったから。
しかし、改めて、沖縄の慰霊の日の意味を噛みしめて、平和への誓いを新たにし、そして安倍政権打倒をさらに決意した。

    

妻に、今まで一緒に旅行行ったところで、再び行きたいところはどこって聞くと、「北海道、特に函館」って言う函館に出張だった



 昨日から今日は函館への出張だった、昼飯に寄った函館朝市で買った生で食べれる「とうきび」をビジネスバックに詰め込んで向かった仕事一つ目は、函館市企画部計画推進室との「函館市地域公共交通網形成計画」についての意見交換、写真は歓迎のご挨拶を戴いた小林企画部長。
函館市との意見交換では、「地域公共交通網形成計画は作成したが、地域公共交通再編実施計画については当市としてはメリットがなく、逆にデメリットと感じる点があって国土交通大臣認定を受けるつもりはない」という説明があったところに慟哭。
今までこのような対応は聞いたことがないので、この会議では深掘りしなかったが、どこに問題があるのか、担当者とうちの局長が、事後で情報交換しながら、その点について2人で議論、これは整理して、今後の制度政策要求に反映していかなくてはならないと確信した。
その後、全自交の函館タクシーさんの会議室をお借りしての第4回交運労協ハイタク部会が二つ目のお仕事、適当でいいやんとみんなが思っていたが、事務局次長は一切の容赦なく、徹底的に報告事項・協議事項をこなす。


 ちなみにお昼ご飯は、朝市 恵比寿屋食堂にて、食した「いか・いくら・うにの三色丼」♪



 函館天然温泉ルートイングランティア函館五稜郭にCheck Inしてからの懇親会は「いか太郎 総本店」(北海道函館市本町4−16)…、この店構え見たら、観光客としては絶対に避けたい佇まい…、メニューとか店の中の雰囲気とか店員さんのマニュアルっぽい対応とか見てても、どうもダメなチェーン店系で、テンション下がるが…。
しかしうちの札幌上司はこのお店は侮れないという…、ほんま?
いきなり出てきたのは、海苔巻きおにぎり、なんでやねん!?(これについては後述)


 お刺身の盛り合わせ、ツブ貝・トリ貝・エンガワがめっちゃ美味い~、自分は大阪や関東で食べるサーモンはぶよぶよで何の味もしなくて苦手やねんけどさすが北海道のはまったく別物で味わい深くて貪り食ってもうた、マグロはなんで大トロと中トロのあいだぐらいのが惜しみもなく山盛りに大皿盛り合わせに載ってるの、タコが奪い合いになった、などなど驚きすぎる、侮れない、イカ太郎!


 活イカ(いけいかではない、かついか、シーズンに入ったばっかのまいか)、甘いっ、甘過ぎる、蕩けるこりこり!「いがー!」(≧▽≦)



 カワハギはわたを載っけてポン酢で(珍味過ぎる!)、カツオのたたきは塩で(美味しかったけど。でも、これはちょっとちゃう)、豚ネギマ(って、なんで?)、さっきの活イカのゲソはお刺身で(舌に吸い付くよ~、あっは~んっ)



 ざんぎ(笑)、クロソイの煮付け、やばいやばいやばい、美味い美味い美味い、貪った、身はもとろん、エンガワ、骨をほじくって、エラの裏側から、顔面もほっぺたにあごにお目々に、すべての部位を食った食いまくったっ!
皆の出方をうかがって、最初は遠慮していたが、どうも大丈夫なようなので、突っつきまくったった~、あ~、白飯が欲しいっ!
J労の委員長が、「まだイカが細いので」ってさらに活イカを振る舞ってくれたので、そのゲソは今度は焼いてもらった、これもいいな~。
さて、最初に出てきて「なんで!?」って度肝を抜かれたおにぎりやけど、みんなが美味い美味いって食ってるから、「こんなん食ったら肝心の料理が食べれへんやん」て訝っていたが、しかし、あんまりみんなが美味しそうに食ってるんで、ちょっと囓ってみたら…!
焼いた鮭が具で、米がもちもちで甘くて、そしてなんと言っても磯海苔が香ばしくて美味すぎて、一口囓ってしまったら虜になってしまったやん!
なんでおにぎり?って尋ねると、若い人達は仕事を頑張ってくたくたの腹ぺこで飲みに来るからこれで人心地ついてもらうのだとのこと。
あまりにも美味しかったから、レジで売っていた、このおにぎりに使われている海苔をついつい買ってしまったやん!
聞くと、追加の活イカと、サービスしてくれた「クロソイの煮付け」以外のこの料理は、飲み放題付けて、4000円なんだそうだが、これはありえないやろ~!?(゜ロ゜)
仕上げは、逢坂誠二議員の秘書(本日はセッティングや随行ありがとうございました)に案内してもらったラーメン屋さんにて塩ラーメン…、ってもう食えないねんけど( ̄0 ̄)



 函館2日目、全自交の函館タクシーさんが用意してくれたアルファードのハイヤーで上ノ国町役場へ。
工藤上ノ国町長と、交通政策についての意見交換、町長は、「当町にはタクシー会社が1社だけ有るがいつの間にやら営業は朝6時か7時から24時までとなっていた。もちろんバスがない時間で、急を要する移動の必要があっても、近所の人にも頼ることが出来ずに、足が失われている現状。過疎化と高齢化が進んでいる中、タクシーは民間に任していいという時代ではなく、社会インフラだと思っている。当町のタクシーが町民の足として24時間機能するよう、積極的に対策することが急務だと思っている。防災対策で堤防に金を掛けて作っても、その災害が来ないと、何のために金をつぎ込んだのかと言われるかも知れない。しかしその掛け捨て保険的な対策が行政だ。それと同じことがタクシーにも言える。タクシーという社会インフラを守ることに、掛け捨て保険的に資金投入することは同様の意味がある。」と語った。
われわれも、全国の様々な事例を紹介しながら、議論を交わし、今後も情報交換をしていきたいと意見交換を締めくくったが、たいへん、貴重な時間を得た。
今回の意見交換で明らかになった課題は、交運労協として、施策制度要求に活かしていきたいし、タクシー議連などとの議論を通じて、実効性ある制度を作っていきたい、と強く感じた、工藤町長、ほんとにありがとうございました。
行程としては今回の出張の公務は終わりなので、江差の追分会館にある「れすとらん江差家」にて昼食兼反省会やねんけど、飲むわな~、まずはニシンの甘露煮から~( ^_^)/□☆□\(^_^ )



 地元の数の子に、ニシンのマリネに、これは絶対に食べておかなあかん「にしんそば」、お出汁の昆布の効き方が半端なくて、その出汁の味を活かすためか控えめな醤油で、関西人涙腺崩壊するほどの美味か出汁!
とろろ昆布がさらに旨味を倍増、なんなん、このとろろ昆布、あり得ない美味さっ!(後でどこで買えますかって尋ねたが、「?」ってことだった…、残念すぎる!) 



 函館空港に着いて、カーリング女子のLS北見のおやつタイムで有名になったチーズケーキ「赤いサイロ」やRoyceのチョコレートなどを妻や娘のために買い込んで(お土産買えるの嬉しいねん、単身赴任者は!!)、さらに飲むっ( ^_^)/□☆□\(^_^ )
じゃがバタ(withイカの塩辛)やコマイは食べとかなあかんし、イカめしもか?(これはどうでもええねんけど)。
で、東京に戻るねんけど、ANAのはずが、共同運航便のAir Doの機材になっとる。
なんか騙された気分やねんけど…、機内設備やCAさんのサービスと安全意識の差が不満やし、そもそも安全性に疑問を持っていて、移動で選ぶキャリアはLCCを選択しないのに、なんでなん…( ̄△ ̄)
実際に乗ってみて、安全に関する不安と不信は増強された。


 妻に、今まで一緒に旅行行ったところで、再び行きたいところはどこって聞くと、「北海道、特に函館」って言うが(妻とは2012年9月に函館を旅した)、自分も好きな函館に2回目は仕事にての訪問で、飲んだくれたが一切観光はなかったのに、やっぱりいいところだな~って思う。
また、、妻と来たいなって、改めて確信したっ(@^▽^@)(サーフボードを持ってね、今回は函館市街東側の浜で腰くらいの波が割れてたのよ)

   

生まれて初めての一泊人間ドックやったけど、もう二度と受けたくない(T-T)


 今日と明日は、北海道は函館に出張中、今月2回目の北海道出張、過去5年間、一回もなかったのに。
ところで、この月曜と火曜は、生まれて初めての一泊人間ドックだった。
前日、食事は21時まで、水分は摂ってもいいってことだったので、23時過ぎに寝るまで飲んだくれていた~☆□\(^_^ )
朝飯食べないと、まったく目が覚めなくて動けなくて死ぬほどストレス溜まるタイプなので、初日午前中は、朝飯抜いた意味があるのかってな検診内容ってこともあって、めっちゃご機嫌斜め。
とてつもなくすっごく綺麗な職員さんが担当してくれて、近視なのか妙に顔が近いもんやから、ドキドキで心電図や血圧に影響が心配やねんけど、しかしお腹が減りすぎて、そんなことより、とにかく「いいから、早く飯食わせろ」ってな欲望が勝ってる。
マズローの欲求5段階説を、しみじみ体感する…。
ちなみにこれがやっとありついた昼ご飯、美味しかったけど、かなりの量、これで何カロリーなんやろ!



 午前中はけっこう検査項目が詰まっていて忙しかったが、それでも部屋に帰って時間潰しの時間があった。
しかし午後は半分くらい部屋で時間潰し、2日目なんて、1時間くらいしか検査が無くて、ずっと部屋でボーッとさせられた、こんなん詰めたら一泊せんでも一日で終わるやん(T-T)
日帰りドックでオプション詰め込んだ方がいいのかも。


 2日目の昼ご飯はなんとステーキ、脂身多くてめっちゃ身体に悪そうやねんけど(笑)
今回は、昨年初めて受けた胃カメラを、鼻からのにしてみた、脳ドックをオプションで選択して初めて受けた、検査ととして口腔・眼底などなど、今まで受けたことがない項目多数、あ~しんど。


 目の検査で「網膜裂孔」があって要治療とのこと。
ちょっと前に、飛蚊症があって眼科で見てもらったら、軽いんで経過を観ましょうと言われ、そのうち消えたから、安心していたんやけどなあ。
先生に「すぐに治療が必要、激しい運動、例えば『走る』とかはダメです」と言われたが「波乗りは?」って聞くのは藪蛇になるので封印。
で、すぐにって言われたので治療の予約を入れてみたら、7月中旬になったが、ええのか?

 総コレステロールは相変わらず数値悪くて、今回は中性脂肪の数値が跳ね上がってる、γGTPは順調に右肩上がり…、しかしエコー検査では肝臓に脂肪が付いているようには見えないし腫瘍マーカーの数字を見ても心配は無い模様。
しかしとにかく酒は適量に、休肝日を作りなさいって、めっちゃ怒られた。

 胃カメラでは、去年、逆流性食道炎が要治療になったが放置してた、今年もあるが「どう?」って聞かれて、胸焼けなんかほんま無いです、前回もそう言ったのですけど、って言ったら、「そうだね、今回は要経過観察にしておこうか」ってこと、なんやねんヽ(゜Д゜)ノ

 脳MRIについての言及はなかったが、画像も見せてもらえなかったし、間に合わなかったのか?
とにかくその他については、まったくの健康体とのことでした…。
酒量、どうしようか~(ーー;)

    

日暮れ前波乗り、平塚生コンからコート前で、こんな河口っぽい波になるのは珍しいな


【59 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】昨日はまさかまさかで日本が勝ってしまった~っ(@^▽^@)
日本の勝因は、後半14分にハメス・ロドリゲスを投入したコロンビア監督の采配やった!!
レッドカードとPKを取った序盤の大迫と香川のプレーが大きかったが、しかしその後、日本は数的優位をまったく活かせない状況が続いた。
しかし、明らかにコンディションが悪く、守備にほとんど貢献できないハメスのおかげで、ようやく数的優位という状況を活かせた、これで実質、11対9。
それで日本はビルドアップでほとんど相手のプレッシャーがなくなり、コロンビアが攻撃を開始する位置も低くなったため、ブロックを組みながら対応することができたことによって、ボールを回せることが出来るようになり、そしてコロンビアの体力を奪うことが出来た。
で、大迫の決勝点につながったのだろう、と思う、大迫、半端ね~(笑)

 W杯の試合は、いつも、録画出来る限り、結果を知っていても全部観るようにしているねんけど、なんせ結果ではわからない、内容があるから。
今のところのベストマッチはポルトガルvsスペインなのは言うまでも無い、メキシコvsドイツも内容が濃くて負けたけどドイツを侮るなかれやんね、アルゼンチンはメッシがいる限りあかんね、韓国は間違いなく日本より強い、ロシアは最もランキングが低いのに2戦圧勝って話題になっているがそれは開催国のためにランキングポイントを稼げなかっただけで、相手にも恵まれているのってのもあるけどかなり強い気がする(モチベーションも高いし)。
今まで観た試合の中で、日本ほどパス回しでミスして相手にボールを渡してしまってるチームがいないってのが気になる…。


 で、本題の本日の波乗り、4時15分に起きたので、潮が多くて割れにくいが「腿」くらいの波に乗りに行こうかと思ったけど。
でも本日の仕事の予定なら日暮れ前に直帰して、暗くなる前にちょっとだけ波乗り出来るはずやし、その方がオンショアの風が吹いてるかも知れないが、サイズはありそうな気がするので、そっちを選んで二度寝したった(-_-)zzz


 本日は連合本部で、午前中は「第1回税制改革基本大綱検討プロジェクトチーム」と引き続きの経済政策小委員会、税制って苦手分野や~(ーー;)
いや、消費税の社会保障安定財源化や自動車関係諸税の問題など、各論的にはうちの産別も思いがあるが、総論的には組織内議論が弱いし…。
午後は「第8回環境・社会政策小委員会」で、さらに学習会として、国土交通省住宅局の佐々木住宅局住宅企画官を招いての「最近の住宅政策について」の講演、個人的には気になるが、うちの産業別労組としては…(-_- )
って、そんな1日を終えて、事務所に帰らず直帰して、浜へ。


 波は、腰~腹、吹くと思っていた南方向のオンショアは吹かず面ツル、ただしピーク掘れて早くて張り張り~、平塚の生コン~コート前では珍しい、河口の波のようなピーク。
パワーは無いけど、ピーク張ってくれるので、切れ目から行ったつもりが思いがけずにバーンって掘れるので、Takeoffはなかなかスリリング(o゜∀゜o)
ラインナップで会う人と、「波、ずっとありますね~、6月ですのにね~(*^▽^*)」って言葉を交わす、みんなニコニコ~(*^O^*)
最初、ビーチラグビーのコート前当たりで入ったが、潮引いてくるにつれショアブレイクになってきたので、マンション前とのあいだくらいへ。
レギュラーは途中深くなって、最初の一発入れる後は波が無くなってしまうが、グーフィーは岸まで3発くらいまでOK♪
ま、CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0やからゆる~い3発やけど( ̄∇ ̄)
16時過ぎのビーコミんの波情報では「もも~腰」やってんけど、なんやったんやろ、それ見てノーズライドの練習をしようと思ってCATCH SURF ODYSEA LOG 7'0を選択してんけど。
でも、楽しかった~♪♪

     

おかげさまで大阪の家族は無事でした、で、一泊人間ドックから帰ってきて、海に慰めてもらった台風6号の残り波

【58 Firewire Jetonator 5'11"】昨日から今日は生まれて初めての一泊人間ドック、で、その受付をしている最中に、大阪北部を震源とする地震のニュースが入ってきた!
家族らと連絡が取りたいが、なかなかその隙が、で、一段落した頃にようやく妻と連絡が取れた。
おかげさまで、妻も、長女家族も、無事で、家財の被害は、長女の家のテレビがちゃんと固定していなかったせいで壊れたことだけ。
あと、妻が家に引き返したら、洗面所のものが落ちて、蛇口レバーにあたったようで、水が出っぱなしになってたが、水浸しにはなっていなかったとのこと。
なお、私の出身の労働組合の組合員とその家族にも人的被害はなかったとのこと(家屋や家財の被害については集約中)。
被災された皆さんが、一日でも早く、日常が戻ってきますように…、これ以上、被害が拡大しませんように…。



 ところで一泊人間ドックの1日目が終わって「晩ご飯は不要です!」ときっぱり宣言して、近所の菊寿司へ。
2日目のための注意書きには「21時から食事はダメ、水分は水のみ」、「24時以降は水もダメ」、ってことで、お酒を飲んだらダメとはどこにも書いていないので♪
突き出しから~の(この煮こごりのがめっちゃおいしかったが詳細を聞くのを忘れた、大阪の地震被害で大阪出身の板前さんと話し込んでた)、おつまみ何がありますか、って聞いて薦められた、ゲソの焼いたのと、穴子の焼いたのをいただいて、ちびりちびりビールを飲む、この頃はワールドカップネタで話し盛り上がる。



 本日の一押しは?「今日はいい岩牡蠣があります。ただし大きいですよ。」、大丈夫、今日はいつもと違って朝ご飯分1食足りないので食べれます!うひょひょ~こりこりのとってもミルク~(@^▽^@)
焼き魚は何がいいですか?「いい『たかべ』が入ってます、伊豆諸島で獲れる、関東の夏の風物詩の貴重な魚です。黄色い線が特徴ですが、死んじゃうと消えちゃうんですよね。わかりますか、まだ微かに色見えるでしょ。生食には向かなくて、塩焼きが抜群なんですよ。」、ぜひぜひっ!お、脂のってますね、しかも上品だ、さっぱりしているのにこの脂のおかげで旨味倍増やんっ!、「そうなんですよ、今日のは脂ののりかたがいいですよね。」
仕上げは「上寿司」で…、満腹すぎて人間ドック1日目頑張ったご褒美に「特上」って誓っていたが、味わえる自信がない、しかしご褒美やから、無理して「上」。


 人間ドック結果、いろいろと悩ましいことがあって落ち込みながら帰宅、海に慰めてもらおうっと…(__*)
ってことで最初、ビーチパークに行ってみたが、いやいや、一番の方が良さそうなんで移動してから入水。
温帯低気圧に変わった台風6号GAEMI(ケーミー)の残り波だ。


 胸たまのset肩、弱いけどオンショアの風が吹いていて、うねりはしっかりしているけど、割れるときはけっこうユラユラ~で、ラフな割れ方をしてくる。


 Takeoffの瞬間にはいい波かどうか当てもん状態やけど、運良くいい波に当たれば乗り代ある楽し波。
ちなみに自分には当たり波、ちょっと少なめやったかな~(´・ω・`)
ちゅうより、今日の波乗りは、とっても肺が辛くてゼーゼー息切れからの回復が遅い、波に乗るときの瞬発系は問題ないけど、持久力系が大問題、こんなしんどいのってやばいねんけどっ!
人間ドックで、様々な器官が疲労しきっているのか?
やから、病院嫌いやねん、絶対に病院が病気を作って、身体を悪くする原因になってるねんって!(*`Д´*)

    

長女から「父の日」プレゼントが届いて狂喜乱舞な父は、昨日の波が残って小波FunWave♪


【57 Firewire Jetonator 5'11"】昨日の波が何とか残って、腰~腹。


 さほど張らないけど、切れ目から落とせば、ライトもレフトも、ショアブレイクまで走りまくれる~(@^▽^@)


 ただ、とっても混雑していて、少しでも人と競らなくていいところを求めて、コート前から黒いマンション前のあいだを、右に左にうろうろ~漂流。
その甲斐あって、けっこな本数、乗りまくった、昨日が数乗れなくて不完全燃焼やったから、波は小さいが、数で満喫~♪
今日はショートボードを選択したけど、でも、レトロフィッシュ、ミニロング、そしてCatchSurfログ、どの板でもそれぞれの楽しさがある感じ。
バイクで浜まで行っているから、どれか一本を選ぶんやけど、今日の波ではミニロングでフィンレスをしたい波やったり、昨日の波ならCatchSurfログやらレトロフィッシュも楽しかったりするし、ほんま板の使い分けをどうにか考えたいな。


 友人は、もっとも安心して練習になるコンディションで、安心して楽しく頑張っていたおかげで、こんなスーパーテクニックを披露(笑)


 長女から、父の日プレゼントが届いた、「お父さん、ありがとう」は飛び出す絵本方式!
どういう風の吹き回しやろ、嬉しいやら不安やら…(^0^;)

    

日本の南を通過した、前線を伴った低気圧が、湘南に波を送り届けてくれた!しかし、自分にとっては、明暗ありすぎな波乗りやったわ~(;゜ロ゜)


【56 Firewire Jetonator 5'11"】日本の南を通過した、前線を伴った低気圧が、湘南に波を送り届けてくれた!
干潮頃に入水した平塚は胸~肩、めっちゃたまに頭もありか~♪
コート前入水、ラインナップ行って、即にいいレフトに乗れて、「♪」Surfing、当てれて、でっかいランドハウスカットバック出来てReentryも当社比でスプレー飛ばせて、インサイドにぐりぐり走って、Finishはコースターするつもりながら、タイミング合わずで浅いボトムターンで上がってしまったから、返しきれずにワイプアウト、でも乗り切れたし、楽しかったいい波!(@^▽^@)


 その後も、何本か乗ったけど、最初の波程いい波は当たらなかった。
って、その後、テトラアウトからワイドなCloseoutが入り出し、うっかり精一杯ドルフィン8連発にはまってしまった…このまま出れる気がしない…(ーー;)
なんで、テトラ内側から出直そうと、岸に戻ったら、友人が「どこに入ったらいいのだろう」って感じで浜をさまよってる…。
袖ヶ浜側のテトラの内側の方が、小波Surfing出来るよって案内したので、そっちから一番にGetting outする。


 ピークに行ってみたら、浜瀬海プロはじめ、若くて元気でアグレッシブな若手と、わびさび極めためっちゃ上手い人たちがひしめき合ってる(^0^;)


 乗れへん、逆に俺ってじゃましてへんか(;゜ロ゜)、なんて思ってしまって、メンタルしょぼしょぼになっちまって、どうしてもいい波は取れないし、乗ってもしょぼ波や(T-T)
不完全燃焼で終わってしまったけど、でも、平塚の若い子らの、良い波乗りを一杯見られてそれはそれで楽しかった♪
ところで、浜瀬海プロの50cm脇で、目の前で割れた波に同時にドルフィンしたんやけど、俺が海面に顔を出して再びパドリングを始めようとしたときには、海くんは、3m前でごりごり次のセット波に合わせに行っていた…。
ここねんな、あの子らと、俺みたいな一般サーファーとの差は…( ̄0 ̄)

    

WAKITA PEAK 年頃の子どもを持つ男親の悲哀…とほほ…、父ちゃん、辛いっ(T_T)


【19 うち試写会4】 世界屈指のサーフポイント、ハワイ・ノースショアの中でも別格の波であるパイプラインに挑み続ける日本人サーファーの脇田貴之。将来への不安を抱えながらも自分の信じた道をまい進する姿と、プロサーファーの息子・泰地と娘・紗良、そして妻の小百合を含め一家全員がサーファーという脇田家の日常が映し出される。

 サーフィンが盛んなハワイ・ノースショアの危険な波、パイプラインに挑む日本人サーファーの脇田貴之を追ったドキュメンタリー、波待ちする場所が「WAKITA PEAK」と呼ばれるようになった彼の生き方を映し出すという映画。
地元平塚のオリンピックのシネプレックスで土曜の夜に鑑賞したが、色の黒い人が多数、たまにいる白い人は彼氏に強制的に連れてこられた感じ、そして極めてビーサン率が高い(笑)


 ハワイ・オアフ島のノースショア、奇跡の7マイルと呼ばれるそのエリアには、世界屈指の波が無数に存在するが、その中でも別格なのが、パイプライン。
その波に世界で唯一自分の名前を刻んだ日本人サーファー、脇田貴之プロ。
ハワイアンにとって海は生活のすべてであり、神聖な場所、脇田はそんなハワイアンたちを尊重し、ローカルである彼らが波待ちする位置より、危険な奥で波を待つようになった。
そして、いつしかローカルはその場所を「WAKITA PEAK」と呼ぶようになった。


 脇田ピークと呼ばれるピークがあることは知っていたが、脇田貴之プロがパイプを滑っている映像や写真を見てもその意味がわからなかった。
しかし、その意味が、この映画によって、ようやく理解できた!
ということは、どれほど危険なピークなんだってことで、脇田孝之プロの偉大さを数倍増しでわからされてしまった!

 しかし、年頃の子どもを持つ男親の悲哀…、長男も長女もコンペサーファーやねんし、お父さんの偉大さはわかるはずやのに、それとこれとは別なんやな…、お母ちゃんももうちょっと優しくしてあげてよ、とほほ…、父ちゃん、辛いっ(T_T)

   

万引き家族 ネタバレしないように感想を書くのにこんなに苦労する映画はないっ!!


【18 うち試写会4】 治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。

 是枝裕和監督による人間ドラマ、親の年金を不正に受給していた家族が逮捕された事件に着想を得たという映画。
第71回カンヌ国際映画祭で、日本人21年ぶりに最高賞パルムドールを獲得したことでたいへんな話題になっていた。

 祖母は年金を受給している、父は日雇いながら働いている、妻もクリーニング屋でフルタイム、妻の妹は風俗で働き、家も古くて狭いが持ち家のようだ。
しかし、なぜか息子は学校に行かず、親子で万引きして生活用品を調達している、という家庭環境に「なんで?そこまでせんでも生きられるやろ?」。
その「なんで?」がなかなか解消されないし、前評判で聞いてた「社会問題を浮き彫りにする映画」という意味がどうしても引っかかったままに、迷走状態で物語が進んでいく。


 貧困や格差の連鎖を描いているのだろうか、そうとも感じたが、しかし何かが違う…。
家族愛がテーマなのかな、とも思ったが、いや、なんかおかしい…。
そういった疑問は、最後には全て解決するのだが。


 生活臭を徹底的に追求していて、特徴のあるカメラワークと相まって、外の世界から隔絶された理想郷のささやかな幸福感が醸し出されている。
そこにこの映画のテーマがあったのかと、見終わってからやっと感じた、と思う。

 すべての役者が素晴らしい、是枝監督の脚本と演出によって、それぞれの役者が実力以上の演技力を引き出されたのだろうな、とも見終わってからやっと思う。(安藤サクラがいきなり大女優になっちゃった!?)

 「家族」を描いているようで、ちっとも描かずに、巧みにずらしていながらに、あの結末で、そういえば「家族って何?」ってのを考えさせるってのはずるい、しかしこれが是枝節か。
そして父になる」とか、「海街Diary」とか、などなど、すべていい映画で、そして是枝監督の「家族」の描き方はこれまでも考えさせらてきたが、その都度、ちゃんと納得出来る感想があった。
しかしこの作品は、いい映画だったのだけど、どこが良かったのか、何を考えなきゃいけないのか、自分に対して説明が付かない、感想がわからない、そんな映画だったのが素晴らしいのかも。

    

台風第5号マリクシの波、朝ハズしてしまったが、無理矢理やけど、夕方に乗れた(@^▽^@)

【55 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】朝、4時半に起きたときは波割れてなかったから、「今回の台風第5号マリクシの波は不発か…」と思い二度寝…(-_-)zzz
で、再び起きて仕事に出る支度し終わって、何気に波情報見てしまったら、胸くらいに上がってた…。
浜に行ってみるんやったって激しく後悔…。
で、今日一日、いてもたっていられない、仕事しててもそわそわソワソワ…。
「ごめん、早引きします!」って宣言して、ギリギリ、帰って日暮れまでにちょっとだけ海入れる時間に職場を離脱してしまった(^0^;)
帰り道、ライブカメラをチェックしていると、オフショアが強烈で、潮も上げていて、割れ辛い波。
16時過ぎの波情報では胸set肩、でも気象予想の18時では、南東うねり1.94m/8.6s、サイズ的にはもうちょっと大きくなっているやろうな。
板の選択に悩む、このサイズを楽しむならショートボード、でも時間が限られているから確実にテイクオフ出来ることを選べばCatchSurfログ7、いや、あいだを取ってレトロフィッシュか…。


 むちゃくちゃ苦悩した結果、Takeoff出来るってのを取って「CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"」を選択、コート前にCheck In。
やはり波はサイズアップしている、しかしコート前~生コンは、アウトでは割れなくて、ミドルからインサイドでのほぼほぼギロチンダンパーが多い。
この板なら、割れるか割れないかな、ぴらぴらピークから乗れないこともなさそながら、しかしその後がワイドすぎて幸が薄そう。
一方、一番の方は、小さめはワイドやけど、大きめ波で上手く板を落とせば、レギュラーが切れててよさげ可能性大(当社比)。


 ってことで一番に入水、頭set頭ちょい、いいところから落とせばライトが掘れ掘れぶりぶり~(@^▽^@)
ラインナップして、るんるんで、どんぴしゃな感じのピークに思えた波を追いかけまくるが、「あれ~っ?」って、どうしても板が落ちてくれないの連続!?
もうちょい頑張ってパドルすれば何とか落とせるかってなタイミングもあるが、Offshoreがきつすぎて、前が波しぶきだらけになって、コンタクトレンズを流したくないから、それ以上パドル仕切れないって原因もあるか。
または「よし!」って思った瞬間にOffshoreのせいで板が浮いてしまって、ってな原因もあるか。
乗れそうやのに、乗れない、みんなが言っているとおりや、う~ん、難しいねん…(´・ω・`)


 この写真のあと、裏の裏の裏の波が、超でかかった!
今年一番の必死のパドルでなんとかしのいで、ほっとしてから、先に入っていた皆さんに「今の波が一番大きい感じですか?」って尋ねると、「いや、あんなでかいの初めて入って来た(ーー;)」とのこと、おぉぉぉ、まだまだサイズアップするのかな。
で、このsetの次の次のsetで、ようやく波Getでけた、すこぶるいい波で、岸まで乗り切ってしまった~♪うひょひょ~♪♪
一度上がって歩いて、テトラの内側からもう一度ラインナップに戻るかどうか迷ったが、日暮れも近いし、もうこの楽しかった1本だけでいいか~って、にこにこ得心しちまったヾ(^v^)k

 って、ところで、この板「CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"」のフィンはプラグタイプのトライフィン(High Performance Fin System with Removeable Fins.)やねんけど、今日のこの波でドロップしているとき、フィンがビリビリブルブル鳴りまくる!
海から上がってから、締め付けが緩いのかなと点検したが、そうでもない、ってことは、このフィンの限界が、これくらいのパワーの波なのかな?
この板のシングル(【CATCHSURF PLANK 7.0 Single-finならボックスで(Special Fin Box that Accepts any Standard Longboard Fin)、普通のフィンが使えるから、こんな風にはならないのかも。
やっぱ、シングルを選ぶべきやったか…。

 明日の朝は、南うねり2.3/13.3sってことで、自分にとっては、「度胸がない・技量が無い・板が無い」ってな、とんでもないでかい波になるか、または全面Closeoutになるのか、どっちかな気がする。
どっか、程よい波のところあるかな~って早起きして様子を見るか、それとも寝る前から白旗ぶんぶん振りたおして通常出勤の起床にしとこかな~…(__*)
または花水の河口に行ったら、凄い波乗りが見れる気もするから、ギャラリーとして、とにかく早寝しておこうかな、念のため。


 ところで本日は国土交通省「第1回 自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」だった。(報道発表⇒自動車運送事業の「ホワイト経営」認証制度の創設について検討を開始します

 働き方改革に積極的に取り組む自動車運送事業者を「見える化」するための認証制度の創設について検討するため、「自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を開催いたします。
自動車運送事業(バス・タクシー・トラック事業)は、運転者不足が深刻化しており、労働条件や労働環境を改善するとともに、運転者を確保・育成していくことが課題となっています。
このため、働き方改革に積極的に取り組む自動車運送事業者(「ホワイト経営」を実施する事業者)の取組状況を「見える化」するため、「自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を設置し、新たな認証制度の創設について検討を行います。


 写真右下の頭が自分、本日選出した座長は野尻俊明流通経済大学学長。
社会保険労務士の瀧澤学氏もメンバーなので自分としては心強い。

 議事は
(1)検討の目的及び検討の進め方について(案)
(2)認証制度の創設に当たっての基本的な考え方について(案)
(3)認証項目の選定について(案)
(4)労働組合・事業者アンケートについて(案)
(5)今後のスケジュールについて(案)

 この検討会における自分の発言は以下の通り。

○【議事1】認証項目の実効性を担保するためには、実務的な監督状況を考慮するため、検討会のメンバーに、厚生労働省監督課を加えるべきではないか。
○【議事2】貸切バスとトラックにはそれぞれ認証制度があるが、タクシー事業にはない。歩合給賃金制度が多いタクシー産業では、安全を追求した事業者は安全コスト負担によって労働者への賃金の還元が厳しくなり、また、労働時間規制を守らない会社ほど、売り上げを稼げるので運転者が集まるの現状。コンプライアンス意識が高い事業者ほど運転者が集まらず、正直者がバカを見る産業構造がある。この検討会によって、タクシー業においての適正化に関するレベルアップと、悪質事業者の排除が進むことを期待する、その観点から積極的な議論を願いたい。
○【議事3】評価項目について、3つの点について課題があるので、慎重な検討が必要だ。(1「労基法違反の送検ではなく、是正勧告で審査すべき」・8「過去3年間の死亡・重傷その他重大な労災発生状況について基準は『重量物の搭載・車椅子の取り扱い・被追突』が対象になるのでハードルの作り方は綿密に・17安全委員会は100名以上、衛生委員会は50名以上が労働安全衛生法上の設置義務の基準であり、安全衛生委員会が設置されているかどうかを基準にするなら、事業規模による設定に配慮が必要)。
(もう一点、国交省の提案議案の文言の根本的な間違いを指摘した 資料3 5.3パラ「具体的には、今後、労働組合・事業者アンケートの結果を踏まえ、上位一定程度の運転者 事業者が該当すると見込まれる水準に設定する。」

    

そろそろ台風第5号マリクシの波が届くかな~って、ほのかに期待していたが、あかんや~ん(´・ω・`)



【54 Grommet Simple Retro Fish 5'11】昨日は「海楽人」、まずはお刺身盛り合わせで「かさご、きんめ、こち、なかおち、あかみ、ひらめ」、続いてイワシフライ、桜エビのかき揚げ、カサゴのあら焼き、あっ、なめろうまで行けなかった(T-T)
この「海楽人」の定休日の日曜、または満員御礼の時に、平塚&湘南の美味い魚を食べさせてくれる、いい居酒屋を、駅に近いところで見つけておきたいねんけど、なかなかその時間とチャレンジ精神がなくて。
誰か、教えてくださいっ(o_ _)o


 さて、北風がかなり強いが、そろそろ台風第5号マリクシの波が届くかな~って、ほのかに期待していたが、今朝の平塚は、逆に北風に波が押さえられた感じで、昨日よりサイズダウンの、set膝(T-T)


 そのsetもなかなか入ってこず、ぷかぷか浮いているうちに、自分たちはさてさて何を待って浮いているんやろうって、時々うっかり忘れてしまうほど。
しかも昨日の真夏日海水浴日和と打って変わって、北風ビュービューで気温も低くて、ちゃんとウェットスーツ着たのにも関わらず寒くて寒くて(T-T)


 そんな中、ライフセービングの皆さんが訓練中。
沖で溺れた人を、救助に行かれた女性ライフセーバーが、溺者役の人を、ライフセービングのボードに乗せて、その上に覆い被さってパドルで岸に戻ってくる…。
波待ちしているかどうか忘れかけているほどボケボケおっさんサーファーらの頭の中は、「いいな~(@^▽^@)」…
俺も溺れて彼女に助けてもらいたい…。
あかんってっ、不謹慎やってっ、セクハラになるって言いながら、想いは一緒やから笑える。
で、もし男性ライフセーバーが助けに来たらどうする?…「あ、なら、大丈夫です(o_ _)o」、あかんわ、っていやはや妄想だけですから勘弁してね~( ̄0 ̄)


 で、本日の「ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第3戦 平塚大会 ガラナ・アンタルチカ杯」は男子も女子もセミファイナルからファイナル。
男子の試合を観戦したが、やっぱでかいし迫力はとんでもなくて、ものすごく面白かった!


 そして本日も、フーターズのお姉さんたちは、彩りを添えてくれていました、ビーチに似つかわしくない夜の妖艶な香りプンプンと。
盛り上がってるのは親父だけやもんな、海の中も浜でも一緒や…、やだやだ( ̄∇ ̄)

    

磐田でガンバの試合観戦してK野くんと波乗り&飲むはずがまさかのエンジントラブルで断念、で、地元で波乗り&ビーチバレー観戦


【53 Grommet Simple Retro Fish 5'11 & CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0""】今日は、磐田のヤマハスタジアムで開催される2018YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦、ガンバ大阪vsジュビロ磐田を観戦しに行って、その前に、5月から浜松に転勤になったK野君と波乗りして、さらに試合観戦後、磐田駅あたりでK野君と一緒に飲む予定やったが…。
一緒に行くので迎えに来てくれた友達の車が、うちを出てすぐに突然のエンジントラブル発生!?
アイドリングが安定せずに、アクセル踏んでも吹き上がらず加速しない(;゜ロ゜)
電気系統かミッションか、とにかく高速に乗る前で良かった、一度、うちに帰って、近所のダイハツ・ディーラーの整備が開店するのを待って持って行ってみたら…。
想定の1つだった、2番のイグニッションコイルが死んでいた、部品があれば簡単に治るのやけど、あいにく在庫部品はないとのことで、入院となってしまった。
仕方が無い、レンタカーで行くか~と、近所のレンタカー屋で空いてる車がないかいくつかのお店を探したが、コンパクトカーはすべて出払っていて、高級車しか空きがない…(゜◇゜)ガーン
諦めた、K野君に「ごめん」って連絡して、ホテルもキャンセルして…。
試合はけっきょく3-2で試合終了したようで、2試合のトータルスコアは4-2となり、5年連続のノックアウトステージ進出を決めたようだ、観たかったな…(T-T)


 仕方ないので、潮が上げてきてしまった浜に行ってみるが、コート前は潮が多くなってしまって、うねりはあるが完全にショアブレイクで乗り代ない、入ってみたが無理。
テトラの内側なら、砂が付いていて、ちょっと乗り代があるので移動、レトロフィッシュでも岸に乗り上げ気味なTakeoffから微妙に横に滑れるかな(打ち上げられるが)


 んで、友人が使っているCATCH SURF ODYSEA LOG 7'0""に乗り換えてみたら、ぜんぜん、普通にうねりからTakeoff出来て、ぜんぜん横に走れるし!
さすがのCATCH SURF ODYSEA LOG、逆にショアブレイクに突っ込んでいくのが楽しいやん!(砂まみれになるが)


 昨日の夕方も、今日も、こないだ作った半袖タッパとトランクスにて入水したが、ぜんぜん楽勝、夏や~(@^▽^@)
これまで長袖タッパやったけど、そもそもなんで長袖を選んでしまったかということに長年納得がいってなかった。
やはり半袖でええねやんな、ってかなんで袖が必要かもわからんからベストでいいのかもな。


 昨日夕方にビーチパークに来たら「ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第3戦 平塚大会 ガラナ・アンタルチカ杯」の準備をしていたが、明日はバレーや無くてサッカー観に行くしって思っていたのに、あにはからんや、けっきょくガンバのサッカーやなくて、ビーチバレーを観戦する羽目に。
13:10からのセンターコートでの、本戦プール戦(Seed8松村美由紀&本村嘉菜vsSeed9新井晴夏&藪見真歩)を観戦。
いつも湘南ひらつかビーチパークのコートでの練習してはるのは観ているが、いやはや、真剣勝負の試合の迫力はとんでもない!(≧Д≦)
そのうえ、本村嘉菜選手(Sandblock/KLB)のパワーとテクニックに圧倒されてしまった!
一方、新井晴夏選手(産業能率大学)のアスリートとして厳しさがある中、スタッフへの優しい癒やし系の振る舞いにほのぼの~(o゜∀゜o)
ちなみにこの試合の結果は21-13,21-19、今日は男子の試合を観なかったが、女子でこの迫力なら、♂はめっちゃやばそう、明日は準決勝・決勝があるので観戦したいな(でも天気は雨の予想、観客席はテントがあるけど、しかも観戦無料)


 第3戦平塚の冠スポンサーはガラナ・アンタルチカ、そのキャンギャルは、なんとフーターズのお姉さんや~( ・∀・)、とっても太陽、似合ってないわ~( ̄0 ̄) あれ、いよりんいない。

    

交運労協の2018年制度政策要求回答交渉(自動車局)終わって、早めに帰ってきたら風ビュンビュンながら意外にいい波で~( ̄∇ ̄)♪


【52 Grommet Simple Retro Fish 5'11】本日午前中は、国土交通省にて、交運労協の2018年制度政策要求回答交渉(自動車局)だった。
トラック、バス、ハイタクの回答の後、ハイタク回答に関する自分の発言は、以下の4つ。

○「改正タクシー特措法の施行状況と効果について」が3月に公表され、日車営収・賃金が若干改善したとされていたが、これはドライバー不足による稼働減が要因であり、けっして適正化活性化が進んだからではない。フォローアップの検証については、数値だけを見るのではなく、より精緻に、分析してもらいたい。

○法令遵守意識が高い事業者は働き方改革の趣旨に則りよりいっそう長時間労働の是正に取り組む。しかし、歩合給が前提のタクシー労働者は、法令違反を放置し長時間労働を容認している事業者や、公定幅運賃の下限割れ事業者にに行けば「稼げる」ので、悪質事業者に労働者が流れていくという現状がある。法律や改善基準告示を守れば守るほど、要員不足となり、経営が厳しくなるという状況がより顕著になっており、まさに「正直者が馬鹿を見る」になっている。よりいっそうの監査の強化を願いたい。

○トヨタのJapan Taxiが普及しているが、車椅子の取り扱いに時間を要するというのはご存じの通り。都市部において今問題になっているのは、タクシーの降車を取り扱うスペースがない駅が多く、そうすると路線バスに迷惑を掛けながら車椅子の方の降車取り扱いをするか、または他の交通を阻害しない、駅からかなり離れた場所での降車を受け入れて頂くという状況になっている。駅の施設管理者、自治体などに対して、今すぐ、対策を協議していただくよう対応願いたい。

○運転代行について、昨年末に「地方からの提案等に関する対応方針」により、①損害賠償責任保険の保険料支払状況に係る定期的な報告義務化を、 都道府県条例で規定できるようにする、②運転代行の最低利用料金の設定を、都道府県条例の規定で行えるようにする、ことになったが、すべての都道府県で、この条例が制定されるよう指導・助言を行っていただき、運転代行の適正化に務めてもらいたい。


 梅雨入りした関東やのに、いきなり梅雨の晴れ間ってどういうこと、などとつぶやきながら…


 平塚に早めに帰ってきたら、一日吹いていた南風のおかげで、若干のサイズアップしているようで浜へ。
最初生コンをチェックしたらだめ、おや、あっちが良さそうだ♪
ってことで、少し移動して、明日からのビーチバレー全国大会の準備が進むコート前にて入水。
波は、オンショアでぐっちゃぐちゃ気味な、腰~腹。


 ウィンドサーファーやカイトサーファーが楽しそうな、風ビュンビュンコンディションやねん。
つーても、海全体はうねうねやのに、うねりは時々まとまるのがあって、そんなうねりが自分の目の前でピークになってくれて張ってきたら、意外ととってもいい波になるねん(*^ー゜)


 運次第やけどな~、それでも今日の自分はとっても運がいいかも~、けっこう岸までアクション入れながら乗り切れる波多しで、おやおや、楽しかったわ~( ̄∇ ̄)

    

9年ぶりにタッパを作ったが、「ウェットスーツは3年超えたらゴミですよ😱」って言われたが、そやな~(笑)そして防水コンデジも新しいの買っちゃった♪


 半袖タッパを友人のお店「Zest Surf」にオーダーしたのが今日届いた!(@^▽^@)
長袖タッパ、気付いたら9シーズン使ってて、ほんで、そのことを言ったら「3年超えたらゴミですよ😱」とのこと…(ーー;)
「ベース=パウダーブルー、カット=ロイヤルブルー、ステッチ=白、マーク位置=前回と同じ位置、の半袖タッパー、サイズは直近のサイズにてオーダーいたします。(直近データ2015年9月4日3ミリフル)。
ってことは、この直近データのフルもそろそろ作らなあかんやん(;゜ロ゜)
直近データと言うが、実は、このお店とお付き合いしだして15年ほどかな、時々念のために採寸するが、基本的にサイズは変わっていないねん。
ビジネススーツも1996年の専従労組役員になって以来、22年間、ずっと「AB7」のままやねん( ̄∇ ̄)
ところで、ちょっと派手やったかな…、ガンバ大坂カラーにしようかなとも思ったけど、ついつい派手目に…。


 ほんで、もう一つ、買い物してしまった、防水コンデジ「フジフイルム FinePix XP120 イエロー」。
「20m 防水」「1.75m 耐衝撃構造」「-10℃耐寒」「防塵」の4つの堅牢性能、有効画素数:約1640万画素、ズーム倍率:光学 5倍、デジタル 2倍、焦点距離(35mm換算):28~140mm。
2台連続「ニコン COOLPIX W100」を使っていて、安くて使い捨てカメラ感覚でよかったけど、陸上で使うにはあまりにもものたらなくて。
アクションカメラって撮影モード設定があって、どうもGoProのような広学画像が撮れるようになっていたり、暗いところでの撮影では連写重ね撮りするモードがあったり、フラッシュ発光/非発光二枚撮りなどなど、なかなか使えそうな撮影モードが多数。
防水コンデジは、2年保ってくれたら御の字と思ってるが、さて、今週末の海からこのカメラを使ってみるけど、長持ちしてくれて、良い写真が撮れたらいいな♪

    

北海道出張やったが、とにかく、もうゴルフは引退することを固く誓った!



 日曜日に札幌に入って、月曜は、うちの局長と札幌御朱印巡り。
うちの局長の奥様が、お薦めの神社を、使える時間内に収まるように行程を作って頂いのだが、ほんまにお見事に予定通りに回れた、すごい!
ぜひ、うちの加盟労組の運行管理やってください!
お昼ご飯は、札幌来たらラーメンやんってことで、ネットで見つけた、なんか今人気急上昇中らしい、「寅の虎」( 札幌市中央区南5条西24丁目3-17 第7藤栄ビル1F)へ。
食したのは「とらのこらーめん一の虎」、ブラックペッパーや山椒等々とっても香り強いスパイシーなラーメン、腰の強い中太縮れ麺がスープに調和良く絡み、そんな強いスープの個性に負けずに、脂身が多くて焦げ目がかりかりした焼豚がインパクトあって、こりゃ病み付きになりそうな味、おいしい!(って病み付きになっても、次はないやん、涙(T-T)!!)
御朱印巡り終わって、道の駅「望羊中山 」に寄って「峠のあげいも」を、うちの女子のためにGetした局長、良い上司になりたいねんな(笑)
羊蹄山がきれいに望めた!




 いつもながら仕事場であるホテル(定山渓温泉 花もみじ)の夕食料理は、ほとんど手をつけられなくて美味しいのかどうかわからん。
が、ホテル内居酒屋の塩バターラーメン(ハーフ)とアスパラが美味しかった~、へべれけやったからその感想が正確かどうかは自信ないけど…(@^▽^@)
ほんで本日は、じょうてつさんのゴージャスなバスで「隨縁カントリークラブ 恵庭コース」へ。
今日はここで走る~🏃作戦はヒットエンドラン!!
やねんけど暑い、ほんまに北海道なんっ、30度以上ある、ありえへん!?


 スルーでまわって、着替えずにそのままテント下でジンギスカンを食べるって設定、これだけが楽しみやってん♪
ジンギスカン、焼きます!自分のスコアカードも焼きます!いや、クラブも、シューズも、みーんな焼いちゃおうっ!
ほんま、俺、ゴルフは辞めます、引退します、向いてないっす、あともう一回だけゴルフの予定があるから、それで辞めるっす!!!( ̄0 ̄)

今日も生コン、時間が無いけど2本ほどアウトからの楽しいのん乗れた!んで、札幌にて北海道らしい料理を満喫させもてうた~(*^▽^*)


【51 Grommet Simple Retro Fish 5'11】今日はお出掛けしなくてはならなくて、時間的制約があるから、昨日のこと考えたらまだ潮が引いて無くて、ちょっと早いかなと思いつつ9時半頃に浜へ。
いやいや、もうちゃんと割れてるやん、ってことで黒いマンション前にて入水。


 波は腰~腹、無風のピーカン、昨日と同様、トップのみのダラダラ、setの波しか使えない。
しかもset間隔とっても長くて、やっと入ってくると気忙しく1本目に手を出してしまうが、どうも2本目以降の方がサイズがあって波もいいことに気付く。
だから1本目に乗れないと、set2本目以降はスープを喰らうのみとなってしまう。


 やから、波が入っても1本目をスルーして裏の波に期待するねんけど、裏ないやんってことも多くて、そうなりゃ1本目にチャレンジしとけば良かったってな罠にも嵌まりがち。
今日は板を動かしたくて、短い板で入ったが、昨日以上にCatchSurf日和やったかもと後悔(ーー;)
最後の1本をじーっと待つ、しかし脱水のタイムリミット11時まで粘ったが、波入ってこずに、最後は乗れないままに脱水してしまった。



 んで、部屋に帰ってきてから大急ぎで旅支度して羽田空港へ、明日からの仕事に備えて今日からしばらく札幌。
隣のスカイマーク、なんで「ヤマト」?なんで「古代進と森雪」?ありゃ、そういえば初めて空からディズニーランドとシーを見たかも。
んで、函館上空を抜けて、苫小牧は浜厚真の上空を通過して新千歳空港へ、浜厚真ポイント、おそらく腰くらいの波が割れてた!(まだ海水温は低いのやろうな)




 今夜自分が泊まる「ホテルパールシティ札幌」にチェックインして荷物を置いてから、晩ご飯のための集合場所の「札幌東急REIホテル」へ。
しかし飛行機が遅れたせいで、待ち合わせ時間が迫る、地下鉄乗ったら16分、歩いたら18分、しかし残された時間は15分、こりゃ走ったら何とか間に合うやろ!(地下鉄だってスムーズに乗れるかどうかわからんし)
歩き出して気付いた、札幌の信号、長いっ(;゜ロ゜)、しかも道路交通法大阪特約のように「車が来なければ青信号」というのもないようだ!?
おかげで、時計台(明日から改修工事でこの写真は撮ることが出来ないそうだ)、テレビ塔、そしてすすき野の交差点(ニッカと札幌クラシックの看板が燦然と)、札幌市交通の路面電車の写真は、その長い信号を利用して撮影することが出来た。



 そして我らが「じょうてつ」のバスも写真におさめることが出来たのだっ(*^▽^*)
待ち合わせ場所には、この時期の北海道ではあり得ないほどの大汗をかいて2分前に到着、ひーひーぜーぜー(__*)
んで地元の仲間にご案内してもらったお店は「かみ磯 南第5ふ頭」(北海道札幌市中央区南5条西3丁目 大松ビル)、突き出しは松前漬けとか、草のサラダと大根サラダ。
そして毛ガニがやってきたっ、地元の皆さんは「ちっちゃ」ってちょっとご機嫌斜めやったが、いやいや美味しいやん、香ばしい。
ちなみに甲羅の蟹ミソは誰が食べるかってのに争いがあり、年下の部下を制してじゃんけんで俺が勝ち取ってしまった。
大人げないがこれは譲れない、熱燗注いで最後までしゃぶりつくしたったv(^O^)v



 お刺身の盛り合わせ、海水の雲丹・ツブ貝・ほたて・中トロ・かすべ(エイらしい)のエンガワ・たこ・サーモン、雲丹とツブ貝がやばいっ。
そして「かすべ」ってのがほんま珍味でどうも他の食べ方も有るよう、もっと追求してみたい味やった。
超巨大な縞ほっけは頭くらいしか残らないほど綺麗に食い切ったった!
そろそろ旬で出回るかという「活イカ」(かついかと言うそうだ、いけいかではないらしい)、地元の皆さんは「もう出してるんだ」って?マークながらオーダーしてくださったが、またまた「ちっちゃ!?」って大爆笑、いやいや充分美味しかったけど!?
そのイカの下足は天ぷらで戴く、「お~い、日本酒持ってこんかいヽ(゜Д゜)ノ」、いや、自粛。




 ずっと魚介類が続いたが、やっぱ30代にオーダーさせたら「ジンギスカン」、ついでにおじさんに気を遣っての焼きたらこ(笑)
じゃがバタは定番ながら、しかしもれなくイカの塩辛が付いてくるってのに驚き、しかし塩辛の塩辛さが、バターの塩辛さと相まってなんとも言えん味わいになるんや、これは応用出来そうやん!
「ざんぎ」おっ、めっちゃ北海道っ、どこが違うん?「う~ん…醤油とショウガとニンニクの味付けかな?ま、そんなもんかな…」、ほとんどうちの嫁の作る唐揚げと同じ美味しさやねんけど(笑)
「日曜だから行きつけのお姉さんのお店は全部お休みなの」、いえいえ、いいです、美味しかった!満足です!
んで、ホテルの部屋に帰る前にコンビニに寄ってみたら、いろいろ面白いのがあるやん、ってことでいろいろ買い込んでみたが、あかん、なまら満腹すぎて食べられへんわ!

    

久しぶりに生コンでちょっとアウトから割れてる~♪


【50 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0""】干潮前にコート前とマンション前のあいだくらいにて入水、平塚、久しぶりにショアブレイクでなく、ちょっとアウトから波割れてくる~(*^▽^*)
ごくごく弱いオンショア、波は腰、トップだけダラダラ~って崩れてなかなか張ってこない波で、テイクオフ出来るポジションがとっても限られている。
周りに誰もいない場所に入ったので、いいポジションがわからずなかなか乗れない状態でウロウロしていた頃、隣のピークのところでバンバン乗りまくっている女性がいる、あっ水口朋香プロや~!
おはようございま~す!「スプリングで寒くないですか?」、はい、昭和なサーファーは極力腕がフリーなのが良いのです、ほら、た○たさんもロングジョンです(笑)


 潮が引くにつれアウトで割れる波も増えてきて、だらだらを繋いでインサイドまで行けば、ショアブレイクまでのところで走る~、そして打ち上げられる~ざっぱ~ん。
「やっとこさっとこの波だ~♪」って言いながら生コンローカルの皆さんがラインナップ、自分もここんとこずっと袖ヶ浜ばっかであんまり生コン入ってなかったから、「ご無沙汰です~」のご挨拶。
自分がCATCH SURF ODYSEAに乗ってるのに気付いて「なんだ~、その反則の板~( ̄△ ̄)」ってのも何人かの方に指摘されちまったが、えへへ。


 今日は波の写真にいいのがぜんぜん無かったけど、水口朋香プロのライディング写真がたくさんあったので、すべてが水口朋香プロになってしまった。
すとーかーとちゃうでっ、なんせ、こんなダラダラ波であっても、1人、ええ感じでがんがん乗りまくってるねんもんっ、シャッターチャンス多くてついついぎょうさん撮ってしまった!
しかし、なんであんな楽勝にノーズライドができるんやろ…、見てたら簡単そうやと勘違いしてしまうが、でけへん…(´・ω・`)

    

労働契約法第20条をめぐる、ハマキョウレックス事件と長澤運輸事件の判決なので、初めて最高裁判所傍聴に行ってみたのち、オンショア小波な大磯にて、海に慰めてもらった(笑)




【49 Grommet Simple Retro Fish 5'11】今日は、最高裁判所にて、労働契約法第20条をめぐる、ハマキョウレックス事件と長澤運輸事件の判決なので、初めて、最高裁判傍聴に行ってみた。
先日、衆議院を通過し、参議院で審議される「働き方改革関連法案」の同一労働同一賃金の運用面で大きな影響を持つ2つの裁判の判決だ。
14時30分からのハマキョウレックス事件では、95人中47人、2.02倍の抽選に勝って傍聴できたが、長澤運輸事件は108人中42人、2.57倍の抽選ではハズレ…(T-T)
しかし初めての最高裁の傍聴で驚いたのは、13時50分整理券配布締め切り(12時半から並んでた)⇒抽選⇒筆記用具と貴重品以外はロッカーへ収め金属探知機を抜けてから裁判所内へ⇒ロビーで待たされた後14時10分ようやく第2小法廷に入場⇒14時15分中島光孝弁護士らが入廷⇒14時26分まもなく開廷しますの声⇒14時28分判事が入廷してマスコミの撮影⇒14時30分開廷⇒14時31分主文⇒14時34分閉廷、ってな具合なこと!
で、その肝心の主文は、ほとんど何言ってるか理解出来ず、自分の解釈としては「判決、一部不合理で差し戻し、皆勤手当の部分は破棄」、ってことかなと解釈…。
すみません、実はよく理解できませんでした…ってな状態、なんのために傍聴に来たのだ!?。(NHKの7時のニュース、ちなみに後頭部禿げてない黒い髪の白シャツは自分です)

労働契約法第20条 有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

通勤手当など正社員と待遇差「不合理」 最高裁が初判断(朝日新聞 2018年6月1日17時37分)

 ハマキョウレックス事件は、「二審が『不合理』と認めた四つの手当に加え、皆勤手当についても正社員に支給しながら契約社員に支給しないのは『不合理』」と判断。
原告が皆勤手当の支給要件に該当するかを審理させるため、大阪高裁に差し戻した。
しかし、住宅手当については、「正社員と契約社員の間に転勤の有無など差があることをふまえ、契約社員に支給しないのは『不合理といえない』」と原告の訴えを退けたようだ。

 また、長澤運輸事件では「出勤を奨励する精勤手当と、算定の際に精勤手当の額が影響する超勤手当について、正社員と嘱託社員に支給額の差があるのは『不合理』」と判断。
具体的な賠償額を審理するため、審理を二審・東京高裁に差し戻した。
ただ、それ以外の住宅手当や家族手当などについては、「正社員と再雇用された嘱託社員に差があるのは『不合理ではない』」として原告側の訴えを退けた。

 そして長澤運輸事件では、「労働条件の差が不合理か否かの判断は賃金総額の比較のみではなく、賃金項目を個別に考慮すべきだ」との初判断を示した上で、賃金項目を個別に検討。
全営業日に出勤した正社員に支給される月額5000円の「精勤手当」について、嘱託社員に支給されない点を「不合理」と判断、この部分の2審・東京高裁判決(2016年11月)を破棄。会社に対し、相当額の5万~9万円を3人に支払うよう命じた。
さらにここが最も気になっていたポイントなんだが(同一労働同一賃金のガイドラインでもペンディングにされた部分)、その他の基本給や大半の手当については、3人が近く年金が支給される事情などを踏まえ、格差は「不合理ではない」として請求を退け、精勤手当に連動する超勤手当の再計算の審理のみを同高裁に差し戻した。

 整理してみると、ハマキョウレックスの訴訟では、正社員と非正社員の手当の格差の一部が不合理と判断され、長澤運輸の訴訟では、定年後の正社員と非正社員の賃金格差が不合理かどうかは、賃金項目ごとに個別に考慮すべきだと判断された。
ただし、長澤運輸事件では最高裁でも。「(1)定年後再雇用において、定年時より賃金が引き下げられることは広く行われていること、(2)長期間の雇用は予定しないこと、(3)一定の要件を満たせば老齢厚生年金の支給を受けられることを理由とし、『定年退職後に再雇用される有期契約労働者の賃金体系のあり方を検討するに当たって、その基礎になるものである』」とし、職務内容が同一であっても、定年後再雇用であることをその他の事情として非常に高く評価をした点がポイントとなってしまった。
自分としては、このような判断要素が労働契約法20条の解釈として正しいのか、根本的な疑問を持たざるを得ない判決だ。

 自分の出身単組の顧問弁護士の中島光孝弁護士、また、自分が今、東京で仕事している産別労組の顧問弁護士の宮里邦雄弁護士、お疲れ様でした!
あらためて、今回の2つの最高裁判決を踏まえて、われわれ労働組合がどう対応していけば良いか、ご教示ください。

ハマキョウレックス事件 判決文 http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/784/087784_hanrei.pdf
長澤運輸事件 判決文 http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/785/087785_hanrei.pdf


 で、長澤運輸事件の傍聴で外れてしまったので、傷心のままとぼとぼと直帰してしまったら、日暮れまで少し時間があるので、海に慰めてもらおうと、17時30分頃に浜へ。


 一日中オフショアだと思っていたら、いつの間にやら南風のオンショアに変わっていて、汐も上げていることもあって、平塚は花水河口も含めて全滅。
大磯なら、風がサイドオンになっててなんとか波乗り出来るやん。


 膝~もも、まとまりが無い波が多いが、ときどきうっかりパキッって張るピークがあって、それが運良く自分の目の前にやってきてくれたら、小さくてぐっちゃぐっちゃな割に、ちゃんとレールを入れて走れる。


 くじ運的には、今日の裁判傍聴券よりは、当たりくじ多いかも♪

     
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR