ジュピター 豪華絢爛SF絵巻ながら…


【17 うち試写会2】先週月曜から右目の調子が悪くて、コンタクトレンズを一日装着すると充血して真っ赤っかになっちまう。
いつもなら何日か休ませたら治るので2日休んだが駄目で、再びめがね生活にして、そしてレンズを変えて日曜日過ごしたらやっぱ真っ赤っか。
しかたなく今週ずっとめがねで過ごす予定、週末の波乗りの時だけ装着し、来週月曜に再挑戦して駄目なら目医者行った方がいいね。

 遺伝子操作された元兵士のケイン(チャニング・テイタム)は、ある女性を守るという任務のために宇宙から地球に派遣される。シカゴで清掃員として働くジュピター(ミラ・クニス)は、殺伐とした大都会での暮らしに嫌気が差していた。だが、実は彼女こそが、地球のみならず宇宙を変化させる可能性のある遺伝子を備えた唯一の人物だった。

 ラナ&アンディ・ウォシャウスキーが監督と脚本を務め、「マトリックス」シリーズ以来初のオリジナルストーリーで挑むSFアクション、知能の高い異星人に統制された地球を舞台に、唯一無二の存在である地球人の女性と、彼女を守る使命を負った男の壮大な体験を活写するという映画。
とにかく徹底的に女子版「マトリックス」、ラナ・ウォシャウスキーが性転換したから、女子版になったってわけではないと思うが…。
世界観的にはスター・ウォーズとブレード・ランナー、そしてマトリックスをミックスしたような感じで、なんとなく「どっかで観たことある」的に新鮮さがない。
仕上がり全体も、豪華絢爛SF絵巻ながら詰め込み過ぎて、無駄な寄り道が多くて、しかし説明は端折られてストーリーがお腹に落ちない、だからお金をジャブジャブ無駄に使っちまった感がもったいない…そんなことは観てる方に関係がないが、それでもついつい心配してしまう(笑)
聞くところによると、当初、3時間近くある長編になるはずが127分に圧縮させられたそうで、大幅にエピソードをカットされた事で、説得力のない作品になっちまったのかもしれない。


 大型宇宙船の造形や、翼の形状を自在に変化させるエイリアンの戦闘機などなどメカニカルな部分で目を見張るし、エイリアン・クリーチャーもスター・ウォーズ並みに秀逸、引力変換・空飛ぶブーツもファンタスティック・フォーの「シルバーサーファー」とちょっと被るけどアイデア的にも使い方も完璧。
一方、豪華キャストながら、キャラが微妙、アカデミー主演男優賞のエディ・レッドメインがこの映画では悪の総元締めやけど中途半端な迫力で、チャニング・テイタム演じる主人公のケインは変な尖りお耳と変なアイメイクで説得力なくいつまでも笑いを誘う始末、ミラ・クニスのせっかくの独特の雰囲気も生かしきれてなくて…。(ところでミラ・クニスはウクライナ生まれなのでロシア語は母国語やねんね~、どおりで付け焼き刃感がなかったはずや~)

 とまあ、けなしまくってきたわけやけど、しかし鑑賞後の感想としては、「なかなかいい映画」やったな~ってのが不思議。
見終わってから思い返してみると、ミステリーサークル、天使の翼、宗教的な宇宙感、人類が他星人に養殖されたという発想も進化論を否定する聖書に繋がり、そのほか不老不死であったり遺伝子操作など、テーマ的にはウォシャウスキー姉弟が撮った前作「クラウトアトラス」に通じる世界観があるのではないかと、それはつまり輪廻転生と永劫回帰。
カットされてなかったら、もっと凄い映画だったかも知れないな。
スポンサーサイト

お好み焼きと無駄なツーリングとチョッピー波な日曜日


【31 Firewire POTATONATOR 6'0】 俺のFacebookっって孫の写真・動画以外の時ってせいぜいいつも一桁か多くても20人くらいしか「いいね」してくれないのに、昨日投稿した「昨夜はどうしてもお好み焼きを食べたくなって焼いた」ネタはどういうわけか今現在50人もいいねしてくれたので、調子に乗ってこっちにも書いておこうっと。
だから昨夜はどうしてもお好み焼きを食べたくなって焼いてん。
1月やったっけ、こっちの友達が「大阪人のお好み焼きを食べてみたい」っていうから山盛り焼きまくった時のお好み焼き粉は冷蔵庫に残ってるし使い切ってしまおうとも思って。
俺のお好み焼きは高校生の頃にバイトしていた「風月」風レシピが基本で(鶴橋風月となる前の風月のお好み焼き)、風月よりもさらに粉少なめ&大量キャベツ、豚肉は挽肉を使い、ほんまに軽い軽いお好み焼き、だから、酒の肴に2~3枚、ペロッと食べられる感じのお好み焼きやねん。
豚玉・海老玉、豚海老玉、9枚焼いて、プラスつまみにしようとネギ焼き追加で焼いた。
お好み焼きって何枚焼いても材料準備と後片付けに手間が掛かるけど、焼くのは簡単やから、キャベツ1玉分焼きまくったが、そのうち2枚とネギ焼き晩ご飯として食べて、残り7枚のお好み焼きは冷凍しておく、料理するのが面倒臭いときにチンして食べるねん(^▽^)


 んで、今日は奄美大島のステンドグラスアーティスト熊崎さんが、横須賀の関澤製作所ってサーフボード・ファクトリーで個展をしていると言うことを鎌倉の友人のFBで知って、ツーリングがてらバイクで行ってみたんやけど…
この関澤製作所をネットで調べたらサイトがあって住所は「神奈川県横須賀市秋谷5600」ってなっていたので、ネットでちゃんと目星を付けて行ったにも関わらず探せど探せどどうしても見付けられなくて、天気も悪くなってきたし雨に降られたら嫌なので、結局諦めて帰ってきてしまった。
ま、材木座より向こう、葉山や逗子ってとこは行ったことがなかったので、「へ~、こんなところなんや~」と楽しいツーリングになったので良しとしとこう。(帰ってもう一度熊崎さんのサイトを見てみると地図がリンクしてあったことを知った(ToT)ローガンガニクイ…住所、5600でなくて5477だった、ぜんぜん違うところだった…関澤製作所さん引っ越したのにサイトを修正していなかったのかな?すぐ手前の道までは捜索したのに、もうちょっとだけ先を山の上に上がれば良かったのだ、いや、よく考えれば熊崎さんに電話したら良かったんやんか!←いろいろとあほでした)


 そして今日の波乗り、朝は潮が多いし波も小さいし、今日は夕方を狙おうと思っていたが、朝は晴れてたのにお昼頃から曇りだして午後にはとうとう雨も降ってきた(天気予報通りやけどね)。
朝から吹いていたオンショアの風もどんどん強くなってくるし、あんまり遅くなるとぐちゃぐちゃになるかなと、15時頃から柳島へ。
朝、横須賀へ行く途中で見たときよりサイズアップはしているけど、朝はザワザワ程度だった海面はもうガタガタ。
上から見てるとそれでも乗れそうな波あるなってことで入水、もも~腰のチョッピー波でTakeOffしたら波消えてしまうってのも多いけど、たま~になんも出来ないながらも岸までしっかりと走って行ける波もあるし、ま、いいか~。

今日はセミドライやと蒸す~あっつい~っ春や~っな柳島


【30 Firewire POTATONATOR 6'0】干汐は17時半頃やけど、お天気良くなってきたのでオンショアが吹いたら嫌やな~ってんで、ちょっとフライング気味に浜へ。
花水かなあ~と思ったのでFirewireを選択して行ってみたが、まだやっぱ汐が多くてうねりはあるものの割れてないな~。
ぽかぽか気持ちいいし昼寝でもしながらもうちょっと汐が引くのを待つかな~とも考えたが、しかし眠くない、というよりセミドライ蒸して暑い。
ちゅうことで柳島まで移動してみる、おっなんとか割れてる。


 ももくらい、最初はアウトでは割れずにほとんどショアブレイク気味のショートライドやったけど、汐が引いてくるにつれ、もう少しアウトでも割れだしてきて、たまに腰くらいのsetもあって、特にレギュラーが良くなっていった。
柳島と西浜のちょうどど真ん中くらいに2~30人くらい人が集まっているが、こっちは自分ともう一人だけなので、来る波ぜ~んぶ乗り放題~( ̄∇ ̄)
しかし海のなかでも今日はセミドライやと蒸す~あっつい~っ春や~、と言ってもこれでうっかり3mmジャージフルなんかで入ってたら震えあがるんやろうけど…、海ももうすぐ春の装い♪


 って楽しんでいたんやけど、ちっこいクラッシュしたとこに貼ってたキッチンテープが剥がれそうになってきたので脱水。
レトロフィッシュのノーズも割れてるし、部屋に帰ってから、2本とも、エポキシパテにてリペアしとこ~、とりあえず。

朝夕、波乗りチャンスがあったが…


【29 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】今日は参議院国土交通委員会の傍聴に直行やから、朝は微妙にゆっくり。
ライブカメラでうっすらとうねりがあるし、満潮いっぱい+130の時間帯でも地形が良ければなんとか波乗りできるやろう、せっかく時間あるから小波でも塩水に浸かりたいと、ウェットスーツに着替えてバイクで走ってみたが、柳島から花水まで、まったくブレイクしていない(ToT)


 泣きながら部屋に帰って濡れてないウェットスーツとブーツを脱いで、こんなことならもっと寝坊したら良かったな~と後悔しながら、時間が余ってあまりにも暇すぎてYシャツのアイロン掛けでもしつつ、スマホぐるぐる遊んでいたら、「株式会社ジョルテ、J1・J2全40クラブのカレンダーモード無料提供」ってなのを見付けた!、
早速アプリをインストールして設定してみたが、じいじには非常に厳しい色合いの表示になっちまって使えん…(ノД`)
しかたないので、ガンバの試合日程だけが表示される設定にしてしまった…、が、これじゃあ敵さんのシンボルが表示されるだけでガンバどこやね~ん、やし、そしてグーグルカレンダーとはこのデータは同期できないから、便利なようでどうもならん。


 んで、本日の国土交通委員会では、民主党の田城郁議員と金子洋一議員に分担してもらって、自分がお願いした以下の案を基本にした質問をしてもらった。
①国会で審議された結果、圧倒的多数で可決・成立した法律に反して、政府の諮問機関でしかない規制改革会議が述べた意見に基づき行政が対応することが、根本的な問題(以下これを前提として)。
②人口30万人以上の都市を含む営業区域であることを限定することの根拠が問題(国交省は流し営業が問題の顕在的要因とし、流し営業は30万人以上の都市からだというが)。この要件により、本当に特定地域指定が必要な地域が指定を受けられないことの問題(準特定地域の指定要件(原則10万人以上・例外5万人以上)と同様とすべき)。
③国会審議では特定地域は全国の70~80地域が指定されるとされていたが、規制改革会議の圧力により、結果、この指定要件では29地域しか対象とならなかったことは立法府の意思を尊重していないという問題(結果的に行政対応が恣意的・裁量権の逸脱になっている問題)。
④法改正の趣旨であるタクシー労働条件の改善向上を目指すためには、運転者の賃金水準を指標に加え、その数値を正確に把握すべきで、賃金水準が改善がなされていない地域は特定地域に指定すべきという、そもそもの指標設定の問題。
⑤福岡で行われたUBERの実証実験による白タク行為の問題と、UBERが東京でやっている道路運送法と旅行法のグレーゾーン行為の問題。

 ま、委員会質問って、国政の議事録に載るし、それなりに政治責任になるから、値打ちは大きいねんけど、質疑時間の関係もあってパフォーマンス気味になってしまって、掘り下げられないのが残念やねん。
田端国土交通省自動車局長もいつもの見解で逃げよったし、太田国土交通大臣も所信表明の範囲内以上には言及しなかったし…。
ただ立法府と政府の諮問機関の関係では、イラッときている議員は、民主党・社民党以外にも(与党にも)いるんやな、ってことが感じられたのは成果。
とにかく、田城郁議員と金子洋一議員、そして秘書の皆さん、ほんまに今日はありがとうございました。


 そして国交委員会傍聴から帰ってきたらまだ陽は沈んでないので…。
ライブカメラを見ていたら、弱いオンショアの風にやられているけどなんとなくうねりはあるねんけど、錯覚?
朝みたいにウェットスーツを着て浜に行って波乗りできずにすごすごと帰ってくるのは悲しいので、ジーパンを基本に普通に服着て、ウェットスーツはシート下に押し込んで、板もちゃんと積んで浜へ行ってみて、波乗りしなかったらそのままスーパーに行って晩飯の買い物しに行こうと企んでみた。
平塚から大磯までチェックするが、でもやっぱ潮は引いていてもうねりは弱く微妙なオンショアで、No Break…。
しゃあないからこのまま買い物行こうかな~と思ったけど、念のため、茅ヶ崎柳島に行ってみると人工リーフの横がちょっと波割れてる?
とにかく塩分補給したいという衝動に駆られて、うっかりウェットスーツに着替えて入水しちまった(__*)
が、波はときどき膝、TakeOffしてちょろっとブレイクに合わせて滑って、滑走距離8m…ってな感じ、波乗りになら~んっ( ̄∇ ̄)
ウェットのなかも、髪の毛もまったく濡れない状態で、何本か8m走れたからいいかって無理矢理理解させて30分で脱水、よく我慢したものだ( ̄0 ̄)


本日(準備まで含めて)仕事的にはがんばったが、 肉食系としては、筋肉的には消化不良なので、独り焼肉だとどんな過ごし方・食いかたになるかと一度やってみたかった、平塚のマニアックな名店「大衆焼肉」へ、再び念を押すが独りぼっちで。
チート(豚の胃袋、これは美味すぎるねん!)・キャベツ(大量マヨネーズ添おえが嬉しい、美味しいたれと、マヨネーズで、1人前4分の1量のキャベツ150円が軽く食えるで!)・大豆もやし・牛カルビ・子袋・ジンギスカン(この店のトップに書いてるメニューながら初めて食ったな、意外と美味かった)、あとビール大瓶3本(@500円)で、お会計は3250円、安いんだか高いんだか~(笑)

博士と彼女のセオリー 神がかり的なエディ・レッドメインの演技、でもそれだけではない!


【16 うち試写会2】うちの産別の中小回答日が昨日だったが、かなりの組合が回答を受け取っており例年より早い解決となっている…が、自分の担当のところはいつもより厳しい流れ…(T_T)

 天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。

 車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ、将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづっている。
原題は「THE THEORY OF EVERYTHING」、邦題とはかなりニュアンスが違う。
アカデミックな題材で格調高そうだが、根幹はあくまでラブストーリー、ALSと診断されたホーキングが恋人ジェーンの愛に生きる希望を見出した青年時代から始まる物語。
この導入部の描き方が独特で小気味よく一気にこの物語の世界観にのめり込んでいく、テンポのよいこのリズムに乗れるかどうかが重要かも。


 ホーキング博士が乗り移ったかのようなエディ・レッドメインの演技はほんとうにほんとうに神がかり的。
存命中の偉人を描いても美談で済まさず、ひるまないこの脚本と演出に対して真っ向から立ち向かっている。
この映画はアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(エディ・レッドメイン)、主演女優賞(フェリシテイ・ジョーンズ)、脚色賞、作曲賞の5部門にノミネートされたが、見事、エディ・レッドメインが主演男優賞を獲得、なっとくだ。


 「難病の夫を支えた愛妻の献身」という映画なのかと思っていたが、複雑な夫婦愛、そこをジェムズ・マーシュ監督はあまりあるほどリアルに描写した。
夫の余生2年が幸か不幸か永遠になり、その夫の病との戦いと家族のありようにどんどん疲弊していくジェーンの心の揺れ、そんな難しい役柄をほんとに見事に演じきったフェリシテイ・ジョーンズにも、主演女優賞を獲得してもらってもちっともおかしくなかったのに、残念。

久しぶりのピーカンSunday Surfing、んでベルマーレサポに化けてきた


【28 Firewire POTATONATOR 6'0】スマホの波情報見ているとどこも波が小さくて昨日より厳しそう、でも暖かくてしかも久しぶりのピーカンSunday。
浜に行っても波乗りにならんかな~と思いつつ、でも海には浸かりたいなあという衝動を押さえられず、とりあえずもうすぐ+22cmまで引く干潮だし、地形の良いとこならなんとかなるでしょーと期待してビーチへ。
花水どうだろうとまずチェックしてみると、河口の左とレストハウス前は割れていて波乗りできそう!
自分は先客ロング3名の河口左を選択、入水♪


 波は湘南全域が波情報によるとset膝くらいにも関わらず、ここはなんとアウトから割れるももset腰、トップからのだらだらながら面ツルで、上手く繋げば岸近くまでロングライド出来る波。
set間長くて波数は少ないが、ピークは散らばるので、その後、ロング中心に少しずつ人が増えてMAX10数人くらいになったが、それなりに波の割り当てがあるので、Fun Surfing(*^▽^*)
潮が止まってオンショアの風も吹き出して面がザワザワして来だすまで、1時間半くらいしっかりと楽しめた、部屋で燻らずに浜に来て良かったよ~(*^^)v
気持ちいい天気やし波乗りも思いもせず楽しかったし、今日は昼ご飯からぷしゅーって飲んどくか~( ^_^)/□☆


 今日の午後は。
「湘南ジャーナル」って地域コミュニティ誌ってのがあって、金曜に仕事から帰ってきてポストに入ってたのをペラペラとみてたら、今日の湘南ベルマーレvsベガルタ仙台の試合、平塚市在住・在勤・在学の人は中央Gメインホーム自由席が1600円で観戦できるという「平塚市民デー」ってなことを知った(通常は、前売り¥2,600 、当日¥3,100)、うん、値頃感よし。
さすがに試合前々日やからもう席余ってないやろうと、昨日、そう思いつつJリーグチケットをチェックしてみたらまだ売ってるや~んってことで購入、そやね、今度のガンバのアウェイ戦の下見を兼ねてってことでいいでしょう。
うちの部屋から2kmちょっとのBMWs スタジアム、そのスタジアムのある平塚市総合公園では桜がもうけっこう開花していて癒やされる~、春や~!むやみにうきうきするのはなぜ~っ♪
今日は湘南ベルマーレサポの立場で観戦するんやから、ビラボンの黄緑のロンティーを着ていったが、これじゃあ足らんなってことで、ベルマーレのタオルマフラーを購入してからの観戦(平塚臨時市民として市民税がてら)。
試合はスコアレスのドロー、ベルマーレ攻めっぱなしやったけど、仙台の堅硬な守備にやられてFinishの部分では良いところなし…、仙台はボールは預けるが危機管理をしっかりしておく、攻めの手数を封じ込むという感じ、その仙台の術中に湘南はまんまとはまってしまった感があり、明らかにこの戦術でならベルマーレは封じ込めるなという)仙台の試合運びやった。
♪BMWで 共に闘う~ 俺らは歌うのさ~ 湘南のために~♪
Shonan BMWs スタジアム平塚のキャパは15,100人、で、本日の入場者数は11,315人、両サポの応援は対等で声も規模も小さく、ピッチ上の選手同士の声が観客席まで聞こえるという状況、一昔前のJリーグの試合のようやったわ(ガンバのホームでも昔はチャントそろわんかったからなあ。)
次は、あのアウェイ自由席にて、青黒で観戦、こんな感じならShonan BMW スタジアム平塚はガンバで制圧やな、間違いなく。

今週末も小波~んで午後は瓢箪から駒的に決まってしまったルンルンどきどき鎌倉デート~(*^O^*)♪


【27 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】今週も平日は潮引いてるときは胸くらいある日が何日かあったのに、今週末も波無くなった(ToT)
んで、困ったときの柳島ポイントで、set膝ももっす。


 小さいながらも地形が良いのでロングライド出来る波あって、この2人のガールズサーファーはさくさくいいのに乗ってた。
自分も何本かは波乗りらしい波乗りでけたし、よしかな~。


 んで本日午後からは、先日、飲み会の日程調整していたら瓢箪から駒的に決まってしまったルンルンどきどき鎌倉デート~(*^O^*)♪
曇の天気予報やったのに時々ぱらっと春雨が降るお天気だったけど、おデートには支障なし、鎌倉駅で待ち合わせしてまずは鶴岡八幡宮をゆっくり参拝してから、源頼朝墓を経て、色々と事情があって現在学生さんの彼女の学業成就を祈願しに荏柄天神社に。
天神さんって菅原道真公に所縁のあるところにしかないと思っていたから、京都から太宰府の間にしかないものだと思い込んでいたが、関東とかに天神さんあるんやね~、そういえば湯島とか亀戸にも天神あるな~ってことに気付き(彼女は社労士試験で一回目亀戸天神は役に立たなかったが、2回目受験の時には湯島天神の御利益だったそうだ)、しかもそのことにも増してこの荏柄天神社ってのは、北野天満宮・太宰府天満宮と共に日本三大天神と称されてるそうやねんって、ほんま京都より東にあることもここが三大の一つってのもごっつ意外すぎる!(ウィッキによると、特に道真と関係が深いという太宰府・北野の二つに、天満宮の中で最も古い歴史を持つ山口県の防府あるいは天神祭で有名な大阪などを入れた三つの天満宮が日本三大天神と呼ばれる、となっているけどなw)
さらにもう少し東に行って、武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した護良親王の功を賛え明治2年に明治天皇が造営したという、ある意味、鎌倉幕府を中心とした観光地の組み立てとは相反する獅子頭守の鎌倉宮(大塔宮)まで行ってから、八幡宮まで戻る。
この金沢街道の北側の地域は、鎌倉駅~八幡宮の喧噪から離れて閑静で、風光明媚で、またまさに鎌倉っぽいお屋敷やお店が点在しなんともいい感じ、次に鎌倉ハイキングをするならここらがコースの天園ハイキングをしてみたいな。
八幡宮まで戻って腸詰屋にて鎌倉ビールとソーセージで一息入れてから、さらにレザンジュ鎌倉本店でコーヒー&ケーキタイムしてから(自分はもちろんケーキは食ってないけど)、銭洗弁財天宇賀福神社へ。
前回、葛原岡大仏ハイキングを歩いたときのついでに寄ったときはお作法がわからず銭洗いしなかったが、今回はちゃんとした御作法(ローソクとお線香を100円で買ってかごを借りるという手順)で諭吉を洗ってみた。
明日になったらお財布の中で諭吉大量増殖してるかも知れん、「さて、困ったな」ってなるかもやな、たこ焼き何個買えるかな。
銭洗弁財天からはまたまた閑静な道を歩いて、入館終了の17時の1分前に駆け込んだ高徳院大仏へ、お約束の写真。


 本日のデートの仕上げはもう何度目の訪問やろ?な鎌倉歩き定番の「定食屋しゃもじ」、でも夜は次女と来て以来の2回目。
毎年1~3月まで禁漁とされているしらす漁が3月11日にいよいよ解禁になってるから「生シラス」を楽しみにしていたが、未だイワシの群れが見つからず漁が出来ていない状況だそうで、今年はまだ入荷しないそうだ(まだまだ水温が低くてしらすの魚影が観えないんだそうだ、難しいねんな~)。
しかたなく釜ゆでシラスおろしで我慢、お刺身盛り合わせははメダイ・ワラサ・マグロの赤身と中トロを選択、だし巻き玉子小(玉子4個分、ここのだし巻き玉子は大阪人の自分にも美味しい)、から揚げ、アジの開きにサバの文化干しを食し、最後に仕上げは釜揚げシラス丼定食+それぞれにお味噌汁(*^▽^*)。
いっぱい歩いた、いっぱいお喋りした、いっぱいお参りした、いっぱい食った飲んだな有意義な鎌倉デートやったし、楽しかったっす、さんきゅーねー、Aちゃんっ(*'▽'*)
今度こそ、おたんこなーすありっちゃも絡まそうな~(笑)

大阪からやって来たスズメバチなカレー

 今日は私鉄大手組合の春闘回答日、近年まれに見るなかなかの回答が!
労働組合がしっかりと交渉を積み上げた成果であって、けっして官製春闘だからではない!
次は中小組合にこの成果を波及させていかなくてはっ!

 っで、お話し変わって少し前に行ってきたカレー屋さんのお話し。
自分は知らなかったのやけど、大阪市北区の南森町近くにお昼時に行列が出来ている 超激辛のカレー屋「「辛口料理 ハチ」 ってのがあったそうだが、一人で切り盛りしていたおばちゃんが高齢のためか、2012年4月に惜しまれつつ閉店、その後、後継者が現れたが「味が違う」と再び伝説とはならずまた閉店、そしてまたまたその味を引き継いだってことでその後継者なのか別の人なのか知らないが、とにかくオープンした「辛口料理HACHI」。
友人がFacebookで取り上げていて興味津々、大阪に帰ったら是非行ってみようと思ってネットで検索してみたら、なんと、東京新橋に昨年末にオープンしていた。
大阪に9店舗、兵庫に1店舗展開してからの関東初進出、「辛口料理スズメバチ 東京新橋本店」(東京都港区新橋3-21-10 オルバス第一ビルB-1 03-5401-0788)。


 うちの職員と外出のついでに混雑するであろう12時より前、むちゃくちゃ労働災害的に危険な香りのする狭い急な階段を降り、踊り場がなくて数段上から屈んで開けなくてはならない開け辛い扉を抜けて入店、カウンターのみ8席の狭い店内には先客1名のみ、壁際のひときわ狭い席を空けて2番目・3番目に自分たちは着席。
メニューは「スズメバチカレー」1品のみ、お昼は(11時から16時まで)生卵・温泉卵・チーズのトッピング・ご飯大盛り・ルーおかわりのすべてが無料とのこと。
うちの職員は大盛りを注文したがご飯を盛っているところを見てびっくり、大盛りだと思った皿は普通盛りで笑ってしまうくらいのご飯の量、大盛りはさらに目を疑うほどのてんこ盛りご飯、あほや、O君、死ね(笑)。
まずはそのまんまで食べる、ルーは焦げ茶色で香りからして辛そう、で、食べてみたら激辛とまではいかないがやっぱり相当な辛さ、しかしスパイス系の辛さでスッと辛みが口中を抜ける感じ、唐辛子とかハバネロの刺激的な痛くなるような辛さではない。
お店の人に聞いてみたら、唐辛子は使っていないそうで、だからカレーを食べてお腹が痛くなる人でも大丈夫とのこと、逆にインドから仕入れたスパイスと生薬のおかげで「薬膳カレー」だと言ってもいいくらいだと言ってた(言ってるやん)
真ん中に別の鍋で煮込んだ大ぶりの甘辛い味付けの柔らか牛肉がたっぷりと載っており、肉だけで食べてもいいし、肉とカレーを混ぜてもいいし、この牛肉でカレーの辛さが少しまろやかになる効果となる。
少し味わってから、温泉卵をトッピング、これでますます辛さがまろやかになり、一皿でいろいろな感じを楽しめる。
じゃあついでにチーズのトッピングをと思ったらそれはルーを掛ける前に載せるので、ルーおかわりの際に注文して欲しいとのこと、それならルーのおかわりをお願いします。(いや、食いきれるか不安なんやんけど…)
これは俺にはNG、味が変わってしまってちょっとカレーの味が落ちてしまった感じ、カウンターに置いてあるオリーブオイルをさらっと掛けてもらうとまた味が変わりますよ、と言われたが、もう元の味がわかんなくなってきてしまってるので(満腹すぎてってのもある)今回はパス、それは是非、次の機会に挑戦してみましょう、そのときはご飯の盛りを少なめにしてもらって。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 暗号解読だけのお話しではなかった

【15 うち試写会2】 第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。

 第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かし、劣勢だったイギリスの勝利に貢献し、その後コンピューターの概念を創造し「人工知能の父」と呼ばれた英雄にもかかわらず、戦後悲劇の運命をたどった天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマ。


 実在した数学者の生涯を、その業績ではなく、その心情に焦点を当てて描いている。
ドイツからの戦争被害が拡大していく中、成果を出すことに軍に急き立てられながらのエニグマ解読の過程に緊張感がみなぎるというそんなサスペンス的な要素に加え、コミュニケーション障害かのように人間関係が構築できずに仲間から孤立するチューリングの過去を、少しずつ浮かび上がらせる構成にはミステリー的な要素もある。
少年時代、第二次世界大戦中、戦後という3つの時代をスムーズにつないで主人公の人となりを描く構成が巧みで、アカデミー賞脚本賞も納得だ。
そしてこの映画をさらにすばらしきものにしているのは、ネディクト・カンバーバッチの演技に尽きる。
癖ある異能の人を演じさせたら彼の右に出る役者はいないねとあらためて思い知った。
アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされたのに、受賞とならなかったのは残念。


 ややもすれば陰鬱になりそうなこの映画に、紅一点でなんとか華やかさをもたらしていたジョーン・クラークを演じるキーラ・ナイトレイも、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされてたがやはり受賞には至らず。

 「エニグマと天才数学者の秘密」なんてつまらないサブタイトルが付いてるせいだったかも知れないが、暗号解読でハッピーエンドでこのまま終わるという単純なお話しかと思っていたら、解読後に映画の質ががらり変わり、神ならぬ身が結果的に兵士や民間人の生殺与奪の権利を握ってしまうことになる苦悩の大きさ、戦争の不条理・史実の重みをみせつる。
「時に想像できないような人物が、想像できないような偉業を達成することがある」

イントゥ・ザ・ウッズ ディズニー映画を嘲笑するディズニー映画ww

【14 うち試写会2】先週12日、「ジヌよさらば~かむろば村へ~」と「風に立つライオン」の試写会が当選していたのに、その日は連合の2015春季生活闘争・政策制度要求実現3.12中央集会やったので「行けないやん」って断念して、自分が行けない試写会はいつも職場の皆さんにあげるのやけど、今回は当然みんなも集会参加だろうからと思っていたら、今年の春闘状況により日程変更があって狭い会場に(日比谷公会堂から後楽園ホール)なった関係で、当日になって中執と担当部署以外のみんな、動員が解除されてしまった。
試写会の入場券を持ってきてなかったから、けっきょくどっちとも無駄になってしまってん(ToT)


 魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される。夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する。一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており……。

 「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカル映画、トニー賞を受賞した1987年初演のブロードウェイミュージカルを基で、ロブ・マーシャルが映画化。
ディズニーは「魔法にかけられて」で、ディズニー映画の法則を思いっ切りギャグにしてしまったが、この映画で、さらに自虐的に徹底的に、ディズニー映画の法則を悪用(笑)

 でも、ミュージカルらしいミュージカル映画、「歌」の尊重の仕方が徹底的。
この映画では誰も彼も自然にと歌い上げる、一つの歌が、別のキャスト(歌い手)に自然と継がれていって、ちょっと異なるニュアンスで歌われていく、それがストリーや背景やキャラを際立たせていくってな手法が多用されていたが、ミュージカル的な映画は苦手な人も多いのだけど(自分を含めて)、レミゼラブルでありかと思ったが、この映画によってよりいっそう、ミュージカル的映画も好きだなと思わせてもらえた。


 キャストはすごい、魔女=メリル・ストリープ、パン屋=ジェームズ・コーデン、パン屋の妻=エミリー・ブラント、シンデレラ=アナ・ケンドリック、シンデレラの王子=クリス・パイン、シンデレラの継母=クリスティーン・バランスキー、赤ずきん=リラ・クロフォード、ジャック=ダニエル・ハッスルストーン、ジャックの母=トレイシー・ウルマン、ラプンツェル=マッケンジー・マウジー、ラプンツェルの王子=ビリー・マグヌッセン、オオカミ=ジョニー・デップ、とはいえ役名が適当すぎて笑える。

 とある一つの物語の主人公が、他の物語の主人公と出会って今まで知る事のなかった世界を知る、その事で、世界が広がりストーリーが進んでいく、たとえ、それが絶望的な展開であっても…ということを語りたい映画だったと思う、「知る事」と、その上で「選択する」ことがテーマだったと思う。
いいテーマやねんけど、しかし、ものすごくネガティブ的な描かれ方で、ある意味、救いようがない。 


 と言うより、あえてそんないいテーマだって、全部パロディにしてしまうために、あの「一番幸せな、みーんなが幸せ」なところで終わらさず、そのあとのどうしようもないグダグダっぷりな最後を描いてしまったのかも知れない。
そもそも、シンデレラとラプンツェルのそれぞれの王子の、滝でのダメダメな感じから、この映画ってそうとうディズニーらしくないぞと感動してたんやけどね~、自虐的に(爆)

小波混雑波乗りから、美女と野獣と草食系ビール飲みじいじの会@銀座ライオン秋葉原( ^_^)/□☆□\(^_^ )


【26 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】夕方に急遽楽しそうな(いや、きっと楽しい)飲み会が決まったので、潮が多くてあかんのわかっていながら朝のSurfing。
今朝も柳島、波はひざ~もも、あぁこれなら昨日もっと入っときゃよかったわ~な残念感…(-_-;)


 しかもピークがほとんど一箇所の狭い範囲なので、サーファーが集中してしまって、波乗りになら~んっ( ̄0 ̄)
ここ以外、西はテトラまでどこも割れず、東も数百mむこうの西浜と柳島の中間地点にひとつピークがあるくらい。
ってわけでさくさくっと何本か乗ってさっさと退散~(ToT)/~~~


 昨日からダイヤが変わったんやんね、平塚発の列車がみんなこんなことになっている!
明日からの朝の通勤、今まで通り座ることできるんかな、ってのが心配。
それと朝、寝過ごしたときに、最悪でも東京駅やったのが、これからは籠原とか宇都宮とか、とんでもないとこまで行ってまうおそれも!(;゚ロ゚)


 んで今夜は2美女と野獣と草食系ビール飲みじいじの会@銀座ライオン秋葉原。
ビール好きにとって、西のミュンヘン、東の銀座ライオン、双方の店とも、ビール美味しいねんけど、調子乗って飲みまくるとビール単価がお高いのでお会計でえらいことになること多い。
しかし今夜は趣旨関係ないのに3時間飲み放題付き歓送迎会プランてのを設定できたので心置きなく心配なくビールを飲みまくれるのだ~!
サッポロ生と、エビスの生とブラックとハーフ&ハーフをランダムに飲みまくる~(味が混乱しませんか?と質問受けたがビールのみにとっては関係な~い♪)。
ちゅうか、このプランを楽しんでいたのはオレだけやっけ?
すみません、付き合わせてしまったようです…ヽ(;▽;)ノ


 本日の美女は、オレがこっち来た頃に波乗り友人を通じて知り合った当時社労士受験生だったAちゃんと、Aちゃんが社労士試験に合格してから連れてった初めての相馬塾の時に一緒に来たAちゃん同期合格だったCちゃん、そして本日のスペシャルゲストな野獣は自分とは長いお付き合いのFさん。
Aちゃん、Cちゃん、それぞれ、初めて相馬塾に行ったときとは、想像もしなかった、前向きな進路になっていることに乾杯~っ( ^_^)/□☆□\(^_^ )♪

夕方狙いが正解だった柳島~?貸し切りだったせいで波乗り中にナンパしたが先には繋がらなかった~(__*)(笑)

【25 CHANNEL ISLANDS BISCUIT 5'6"】朝5時半頃の干潮はさほど引かずの+94cmくらい、腰~腹くらいのうねりはあるようだが良くはないだろうと確信を持ってスルー、自分は午後を狙うことにして、ゆっくり惰眠を貪った以後、8時頃に起きてからは洗濯掃除炊事など家事に勤しみ、そして映画を1本観に行っとく。
で、14時半頃から浜へ、その頃の汐は+70cmくらい、19時の干潮+39cmまでどんどん引いていくから上手く割れるはずだと狙っての行動だったが、しかしまずチェックした平塚界隈の浜はだめ、ぜんぜん割れてない…(ToT)


 で、茅ヶ崎柳島に来てみると、さすがだ、しっかりしたうねりが、もちろん小さいながらも、ちゃんと割れてる~、柳島畏るべし~(*゚▽゚*)♪
波は腰~腹ながら面ツルでしっかり張った波がときどきあって、それなりに波乗りできるし、しかもず~っと貸し切り状態(^O^)v
今週、火曜から木曜まで南風吹きまくりのクローズアウト多発だった波で、海底がかき混ぜられたのか、地形が変わったようで、水深がでこぼこになったみたい。
いつも通り浜見平入口あたりで入水したがここらは小さいうねりだと途中で消えがち、どうも西のテトラ脇の方が良い地形になっているようだ、それでもこっちも、腹くらいのset波なら、インサイドまで走れるで~( ̄∇ ̄)!


 ところで今日は久しぶりにCHANNEL ISLANDS BISCUIT 5'6"を持ち出してみたが、でも俺的にはこの選択が間違っていた、この板は小波ではあかんねんやったわっ、どんぴしゃピークの時だけ調子はいいが…(;ω;)
ののピーから無期限で預かっているんやけど、5'6"は小波では浮力足らず、ちゅーても肩~頭以上なら逆にものごっつ調子いいのに…、逆にあらとがSさんから借りパクしている5'8"は胸以下の波で浮力が合ってて調子いいねんな、大きくなると浮力を持て余す…、不思議な板だ、CHANNEL ISLANDS BISCUIT。


 パークがホームの生まれも育ちも茅ヶ崎な姐さん、結婚して波乗りやめたのに高校生の娘が波乗りを始めたので20年ぶりに波乗りを再開して2年。
最近ようやく勘を取り戻してきたと言いながら、いいのんに乗りまくり、そしてごりごりと岸まで走って行くっ(*゜ロ゜)
その娘はサーフィン部のある大学にこの春から進学だそうだ。
母が娘に引き摺られて波乗り再開とか、大学に波乗り部とか、こんなのも湘南的な感じやね~。
ってか、話しが盛り上がった関係で何枚か撮った茅ヶ崎な姐さんライディング写真、欲しがっていたけど、どうやって渡す?

 ところで、ガンバの鳥栖スタジアムでのアウェー戦、観戦に行った佐賀に住む末弟は18時半キックオフにも関わらず、19時31分の時点で「渋滞にはまりスタジアムの駐車場に入れないねん、あ、でも今止めれたわ~」との電話があり、んで奴からの次の電話は、観客席に着いたとたんの後半4分に、鳥栖・白 星東に点を入れられてそのまま負けた~とのこと、こらーっ、おまえのせいじゃ~っ(`ε´)
ってのはともかく、ガンバは開幕2戦で勝ち点1のみ、一方、湘南は鹿島を破って勝ち点3…、寝返るか~σ(・・*)オレ?

体脂肪が13.6%ってなんで!?


 in Bodyの測定値、昨年の11月5日と3月10日の数値を比べると、体重で5kg、筋肉量1.1Kg、脂肪量3.9Kgのマイナス、体脂肪は17.6%から13.6%と4%のマイナス。
これらの数値は、実は今の労働組合の仕事に専従になって19年間で初めて見る領域。
社労士試験に合格したあとにものすごい厳しいダイエットしたときもここまでの数値まで行き着かなかったのに。
この4ヶ月間、特段に、ダイエットしたわけでもないし、有酸素運動を強化したわけでもないし、波乗りはいつも通りのペースながらトレーニングはむしろあんまり行けてなかったのに…なんでやろ…。
そういえばちょうどこの間、精神的に良い意味と悪い意味の両方でものすごいきついことがあったが、これまでの経験則でいうと、精神的なことで身体が左右されるような身体ではないはずな俺。


 他にこの間、変えたことってのが、昼飯を外食から「おべんとうの玉子屋」さんの給食弁当にしたってこと。
これまで毎日のランチは、ガテン系が大喜びのすべてが大盛り中華料理屋さん、盛りそば一人前が付いている定食中心のそば屋、ホテルの高級中華料理レストランのランチ、ルー大盛りがサービスのこってこてカレー屋さん、ご飯の盛りがヤバい大判なとんかつ屋さん、炭水化物とタンパク質のみのお寿司屋さんランチ、この選択肢しかなくて毎日これらをローテーションしてた。
それをこんな給食弁当に変えたんやけど…ちなみにこの写真のお弁当は、「幕の内弁当 十六栄養米」(筍天ぷら・シルバーのみりん漬焼・鶏肉と野菜煮・みぞれ酢和え・金平ごぼう・三陸産昆布佃煮・さつま揚・キャベツきゅうり一夜漬)、おかずの324kcal/塩分3.1g、ライスが340kcal。
ちなみにうちの職場では昔「賄い」があったがそれが廃止された関係で、この給食弁当を食べると補助があって、おかげで一食260円の負担で食える。
品川高輪界隈での外食って一食平均1000円程度なので、お財布にもずいぶん優しくなっているんやけど…。

 そやけど、ほんま、この体型の変化は、精神的なものとかこのランチを変えたこととかが理由なんかなあ…。
ちょっと病院に行って精密検査とかしたほうがいいんかなあ~、とちょっと不安な日々。

パーフェクト・プラン ツッコミどころ満載ながら疾走感でごまかされた?


【13 うち試写会2】今週の湘南の波、火曜くらいからサイズアップしてるんやけど、風がビュービューでちっとも整わず、一応、毎朝早起きはしてるんやけどね~。
これで生コンの地形が良くなったらいいな~と思いつつ、袖ヶ浜・虹ヶ浜あたりの地形が崩れたらいややなあとも思いつつ。

 シカゴからロンドンに渡った、請負労働者トム(ジェームズ・フランコ)と小学校の先生アナ(ケイト・ハドソン)の夫婦。祖母から継いだ屋敷を改築して住みたいと夢見るが、金融引き締めと外国人労働者取り締まりを強化する政府からトムに退去勧告が言い渡される。失意に沈む二人だが、階下の住人が3,500万円もの大金を遺(のこ)して亡くなっているのを発見。悩んだ果てに金を自分たちのものにするが、フレンチマフィアや麻薬密売人が周囲で動きだした上に刑事までもが彼らの前に現われ、思わぬ事態に引きずり込まれる。

 出来心から麻薬密売取り引きに関わる大金に手を出してしまった平凡な夫婦が、闇社会の陰謀に巻き込まれていく姿を描いたクライムサスペンス。
邦題と予告編のせいで、自分はちょっと違うイメージの映画だと思っていたが、原題は「GOOD PEOPLE」、善良な人々やから、大混乱、う~ん、どっちも微妙。


 ある日、階下の住人が持ち主不明の大金を残して突然死しているところを発見。
誘惑に負けた2人は大金に手を出してしまったせいで、善良な夫婦が、イギリスとフランスのマフィア、そしてイギリスの腐敗した警察と、それをよしとしないリタイヤ間近の刑事の思惑に巻き込まれていくって感じなので、どうも陰謀系ではない。
「そらないやろ~」の突っ込みどころ満載で、ご都合主義的で、物語にも深みがなさ過ぎて、ありゃりゃな映画になっているが、90分の尺のおかげか、疾走感でなんとか見応えあって、あんまり余計なこと考えずに、それなりのラストを迎えられてよかった(笑)
英仏のマフィアの大物がそんなに軽~く現場に出て、殴られたり殺されたりしていいんやろうか…(~_~;)


 ジェームズ・フランコ演じるトム・ライト、ケイト・ハドソン演じるアナ・ライト、あのオマール・シーが演じるフランスマフィアのBossカーン、トム・ウィルキンソン演じるホールデン警部補、キャスティングはよかった。
んで、アメリカ人にとって、「スシパーティー」ってなんなん?
すっげー特別日的な、艶っぽい響きがあったんやけど…。

 ぜひ鑑賞を、っとまでは薦めないが、あと味感すごくいいので、そんな感じで鑑賞したらいい映画ではないかなと思う。

いやはや、よー泣いて笑って泣いた楽しい(?)LABOっ子Nightでした~


 今の職場に大阪から出張できてた時に何度も宿泊した京急EXイン品川駅前(SHINAGAWA GOOS)、今も通勤で毎日そばを通っているが。
その1階にあってすごく目立っていておもしろそうなお店で、気になっていたにもかかわらず一度も行ったことがなかった「T.G.I. Friday's 品川」っていうアメリカンバー。
大阪から友人が娘を連れて東京に遊びに来ているということで、こっちの友人たちと合流しての飲み会がこの店でってことになったので、昨夜初めて行ってきた。


 客層は、土地柄ってこともあるんやろうけど、外人さんの方が日本人より多い感じで、店内はなんとも国際的な感じ、逆に外国で飯を食いにカジュアルなレストランに入ったら日本人観光客が意外に多かったってなくらいの雰囲気(汗)
幹事やってくれた友人が選択したコースは「アメリカンパーティーコース+飲み放題3時間」(税込み4300円)、メニューはシーザーサラダ、ローデッドポテトスキン、バッファローウィング、フライデーズフライ、オニオンリング、シーフードスパゲティー、フライデーズハンバーガー、ブラウニーサンデー…とまんまアメリカン、ちゅーか、どんだけ揚げ物多いねんっ!(^0^;)
バーカウンターではバーテンダーによる映画カクテルみたいなショータイムもありーの(あんまり盛り上がってなかったけど…涙)。


 はい、いつまでたってもこってりな揚げ物攻勢で、仕上げはポパイに出てきそうなハンバーガー、徹底的にあめりか~ん。
って、今思ったけど、この飲み会参加者の大人は、自分も含めてみんな学生時代に、アメリカの一般家庭に一ヶ月程度ホームスティに行っているねんや、だからこの店の選択やったんかな?

 大阪の友人の次女ちゃん18歳、へんてこなおっちゃんおばちゃんに負けず劣らずの毒舌で、特に自分がその攻撃を浴びまくり、自分が中学生の頃にお母さんから受けた悲しい傷跡に、さらに親子二代でた~っぷり荒塩をすり込んでくれたし…(ToT)
何度、自分は席を立って、トイレに泣きに行ったか~。


 いやはや、よー泣いて笑って泣いた楽しい(?)夜でした。
やっぱラボっ子は指三本で記念写真でしょ~(^O^)w

追記:娘よりこんなメッセをいただきました…( ̄。 ̄;)
「親父へ。親父ぢゃないけど。おもろかった!(笑)また呑みしよなぁ!毒舌じゃなくて愛情です!可愛らしいななより(^^)」

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ 何気ない一日が貴重な一日だったことに気付かせてくれる映画


【12 うち試写会2】この作品、昨年の秋に日本では封切られたが、自分は観たいと思っていながら縁がなくて観れず、するとなぜかシネプレックスでは特別上映と言うことで再上映、しかもいつでも1,100円とお安く観れるの~(^Д^)

 自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。

 タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘する中で、愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディーで、監督のリチャード・カーティスにとって本作が『ラブ・アクチュアリー』(2003年)『パイレーツ・ロック』(2009年)に続く長編3作目となり、この作品を最後に監督を引退すると本人が表明している。
タイムトラベルものSF映画と分類するのは無理、SFというより恋愛や家族の幸せを描いている,、なんか微笑ましいファンタジー映画だ。 


 軽妙なコメディ・センスと人情味が溢れていて、「もしもこうだったらステキ」がぎっしり詰まってる。
人生で「真に大切なこと」ってなんだろうってことを、時に饒舌にときにさりげなく描き、しみじみと胸に染みてくる。
なんもない平凡な1日こそがかけがえのない日、自分をとりまくすべての人が、毎日が、人生が、愛おしく思える素敵な作品だった。
父親役のビル・ナイを筆頭にキャスティングと演技がこのストーリーとテーマをより素晴らしきものとなるよう押し上げている。


 レイチェル・マクアダムス演じるメアリーとの恋を成就させるために事あるごとにリセットしてやり直すのが楽しかった。
最初、なんか変なお店で出会ったが、事情があって過去に戻り別の過去を修正したら、出会いのタイミングを逃すことになって、あらためて彼女との出会いを無理矢理作ったら、彼女は既に別の恋人がいる、もう一度出会いを修正し…。
やっぱ、運命の出会いっていうのは、ありとあらゆる要素の偶然の結果なのだ、なにか少しでもずれたらその出会いってなかったことだったのだ、一期一会をもっと大切にしなくては。
それにしても最初のエッチを、お互いが完璧に満足できるものになるまで、何度もやり直すってのはずっこいわ~(*^□^*)

 平凡でもかけがえのない一日一日、まさにそれが愛おしい時間、幸せになるきっかけをくれる、ほんとにいい映画だった。
再上映がなされたから、自分は劇場で鑑賞できたってことも、これは何かの運命なのか!

北風さんがんばりすぎで波消えてしもうた~けどかろうじて柳島は乗れた日曜日

【24 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】昨日からJ1リーグが開幕、ガンバの初戦vsFC東京はテレビ観戦。
しかし勝ちきれなかったのが残念、相手の高い位置での守備がよくて攻めあぐねていたが、ミスジャッジのおかげで1点、そして攻撃的になって伸びた中盤を突いてパトリック・宇佐見が自由に動き出したことで崩して得たPKで加点。
これで逃げ切りたかったのに、さらに前掛かりになったFC東京の隙を突ききれずにだめ押しが出来ない上に、連戦の疲れが出たのか守備陣がちょっとばたばたしだしたら、人数足りて守ってるのに武藤のテクに翻弄されての失点、さらに後半アディショナルタイムに岩下のクリアミスから再び武藤のビューティホーシュートで同点にされてしまった(ToT)
出来は悪くなかったのやけどね~、あそこで宇佐見からリンスへの交代するか~、大森から米倉への交代が1プレイ早く認められていたら追いつかれなかったのに~、などなどあるがな~、ま、勝ち点1でよしとしとくか、とりあえず。
湘南ベルマーレも、浦和から先取点を取り、負けたとはいえベルマーレらしいいい試合をしていたし、今年は楽しみだ。


 昨夜はオフショアが吹き荒れてて「あ~、うねりが消えてしまうやろうな~」と思っていたが、案の定、今日は波無くなってしまった。
でも昨日のようなこともあるので、少し早い目に浜に行ってみる。
しかしだめだ、平塚はうねりの「う」の字も見えない状況、しかたない移動だ。
強い北風にバイクが煽られて、「おっとっとっと~(@@;)」って転けそうになる恐怖を味わいながら相模川大橋を渡って茅ヶ崎柳島へ。
それでも、ここは波乗りが出来るねんな~、ほんま不思議や。


 波はsetもも、地形が良いから早めにTakeOffが出来さえすればそれなりに走れるし、波数も意外に多くて入水者少ないのと相まって数も乗れるし。
昨日は波数が少なくて波待ち時間が長くすっごく寒かったので、今日は思い出したかのように「TOOLSボディヒーティング」を腰から背中に塗りまくってSurfing。
うん、確かに暖かいわってこと、昨日の今日やったので何気に実感、いつも、これも、インナーのことも、忘れて一気にウェットスーツを着込んでしまうのやけど、寒い日は意識して使うようにしよっと。

あれ?波あるやん!なプール前~(^-^)g""


【23 Firewire POTATONATOR 6'0】波無いやろうな~やし、干潮はお昼やし、予定もなんもないし、で、波乗りのことはちっとも考えずに、久しぶりに思いっ切り寝たおしたった~すっきり~( ̄∇ ̄)
スマホで波情報やライブ映像をチェックするも湘南はどこも波がなさそうで、コタツでうだうだしていたんやけど、ろみちゃんのブログ「今日のプール前」で「おおお、さっぶいけど、できそう」ってのを見て、大慌てで浜へ!


 プール前にバイク止めて、海を見ずにメットとウィンドブレーカー・手袋を脱いで、板をキャリアから外して、とことこ歩いて行ったら、テトラ寄りか虹ヶ浜は波数が多いが、プール前は波数少なし。
どちらも数人程度しか入っていないから「どうしようかな~」って迷ったけど、再びバイクで走るのが面倒やったので、一人しか入ってないプール前で入水することに。
腰~腹、7~10分に2~3本のsetで胸くらいのが入ってくる、ちょうど海を見たときにそのセットが入っているのを見たから待っていたらいい波ありそうやし、そして、浜に置いてあるディパックがどうもハングファイブさんのやつみたいやったし。
俺がアウトに出て行くと、その先客のロングボードさんは東に移動、ハングファイブさんかどうか確認したいねんけど、俺が近寄れば逃げていく…?
しばらくそんな感じやったが、いいグーフィーが割れているのがそっちやったので「逃がすか」ってな感じで移動したら、やっぱりハングファイブさんやったわ~(3月7日 久々のサーフィンです)、「ショートが入ってきたから逃げてたのです」やって(笑)
とにかく久しぶりに会う、ここんとこ自分は週末に予定が入っていることが多くてみんなが一番集まる時間帯には海に入れなかったってこともあり、そして生コンの地形ずーっと悪すぎて、逆にここ袖ヶ浜あたりや柳島が地形がいいから、生コンローカルはあっちこっちに散らばってしまって、なかなか皆さんに会えない状況なので。


 レギュラーは深いところがあって割れなくなって短いけど、グーフィーがなかなかよくて少し大きめなら張ってそれなりに走れる、しかし大きめのセットはワイドになりすぎて抜けられない、だから狙いは腹くらいの東から入ってくるグーフィー。
波数が少なくて2時間で15本くらいしか乗れなかったが、何本かいいのあったし、すごく良いグーフィ乗れたときにハングファイブさんに「グー(^-^)g""」もらえたし、まあまあ楽しかった。
脱水する前に、ハングファイブさんのライディングを撮影しようとしたが、あんまりいい波でなかった時のになってしまった、ごめんなさい。

さすが西宮の日本酒!「純米吟醸しぼりたて原酒『徳若』」


 昨日はうちの産別の「15春闘勝利!交通政策要求実現!3.5私鉄総連中央総決起集会 ー賃上げかちとる15春闘 交渉重視で意思統一 ~組織をかため 統一自治体議院選挙勝利 交通政策要求実現~ー」の集会を日比谷公会堂で開催。
キャパ2000人の会場にそれ以上の組合員さんが参加してくれて、消防法の関係で立ち見が駄目なので、入場できない皆さんは、会場外で待っててくれて、その後は、日比谷公園から東京駅手前の鍛冶橋まで、うちら鉄道軌道・バス・タクシーの現状や春闘勝利をシュプレヒコールしながらデモ行進。
今春闘、絶対に成果を上げるで~っヾ(^▽^)ノ


 で、お話し変わって…、今年のバレンタインもいつもどおり、自分の出身労組の職員さん2人からのチョコレートだけだろうと思っていたら、今年はそれに加えて、友人が断捨離した本を送ってくれるついでに(?)「徳若」というお酒をバレンタインプレゼントしてくれたっ!(*^▽^*)(決して本命ではないでしょうが…)
妻や娘2人にさえにもスルーされているのに、ありがたいことです!

 万代大澤醸造株式会社という西宮市にある酒蔵で、創業が平成17年と新しい酒蔵のようだ。
ホームページを見てみると、「『徳若』は三河万歳(まんさい)などの詞章にどず使われる『常若』(とこわか)の訛りで『施者に御万歳』とも言われ、いつも若々しく長寿を保つようにの意の祝い詞が由来です。南部杜氏が真心をこめて丁寧に造った手づくりのお酒です。大吟醸、純米吟醸、純米酒など各々のお酒の本来の味を味わっていただくため加水を一切せず、原酒の味をお楽しみいただいております。又、冬のにごり酒は大好評をいただいております。」と書いてあって、かなりこだわっている酒蔵の思いを感じる。


 いただいたお酒は「純米吟醸しぼりたて原酒」。
要冷蔵となっていて、温度管理が必要だったようだが、残念ながら常温で送ってこられたので、しかも自分もそのことに気付かず、開封するまでの2週間を常温で保存していたので、その間にもしかしたら実力が落ちていたかも知れない。
ガンバの応援のために大阪から来ていた友人たちと飲んだのだけど、華やかな香り、キメ細かくまるみのある飲み口、なめらかな甘みで、芳醇であり存在感のある味わい、「美味すぎる!」と絶句してしまった!
基本日本酒を飲まない友人妻にさえ「これなら飲める、日本酒のイメージが変わってしまう」と言わしめた!
いいお酒です、やばいです、ほんとうにありがとうございました~m(__)m


 昨日は仕事終わってから職場の人たちと居酒屋寄って(ティップに行けなかった(ToT))、カラオケ歌いにスナック行って(桧原村の歌を見付けたww)、その後、上司たちとは別れたが、一緒に品川駅でタクシーを降りたうちの職員が1000円しか持っていないくせに「もうちょっと飲みたい」って言うので、「電車のあるうちに帰るけど、それでいいなら」とおでん屋へ。
出張で東京に来ている頃から、こっちで働くようになっても、ちょこちょこ行くおでん屋さん(大阪人的に言えば関東煮ーかんとうだきー屋さん)「浜路」(東京都港区高輪3-26-33 03-3443-6954)。
東京のおでんは基本的に口に合わないねんけど、ここのお店と、田町の湯浅のはなんとか食える。
ちゅうても、あのスポンジみたいなはんぺんと、小麦粉の固まりとしか思えんちくわぶは食えないが。

ソロモンの偽証 前篇・事件 後篇への伏線はばっちり


【11 うち試写会2】先月、多忙を極めていて1回しか行けなかったティップネス、今月入って2回は行けた、やっぱ筋肉痛が心地よい。

 クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が続出してしまう。事件を食い止めようともせず、生徒たちをも守ろうとしない教師たちを見限り、一人の女子生徒が立ち上がる。彼女は学校内裁判を開廷し、真実を暴き出そうとするが……。

 宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミステリー2部作の前編。
原作がソロモンの偽証: 第I部 事件ソロモンの偽証: 第II部 決意ソロモンの偽証: 第III部 法廷の三部作の長編となっていて、それにならったのか、映画は3月7日公開の「前篇・事件(2時間1分)」と、4月11日公開の「後篇・裁判(2時間26分)の合計4時間27分の超大作となったようだ。


 ある中学校で起きた不可解な生徒死亡事件と、その真相を暴こうする女子生徒が開く学校内裁判の行方を追い掛けるという映画。
監督は「八日目の蝉」「孤高のメス」「ふしぎな岬の物語」の成島出、脚本は「脳男」の真辺克彦なんだが、息つく暇もない疾走感がすごくて、重要な伏線となるだろうすべての場面が見過ごせない、緊張感がまったく途切れない、さすがだ!

 話題になるほど大々的なオーディションで発掘した藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈たち中学生たちも個性的で持ち味きらりでなかなかのものなんだが、それにも増して脇を固める、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、松重豊、小日向文世、安藤玉恵、木下ほうか、塚地武雅、池谷のぶえなどの俳優陣が、「え~そんな使い方するか~、やばい、はまりすぎ!」で驚愕。


 ただ一つ残念なことは、サスペンス的要素はふんだんに散りばめられているのだけど、その肝心な謎解きの本質の部分がよくわからないのだ。
だからかも知れないが、エンドロールのあとの、後篇の予告で、謎の部分のヒントをこれ見よがしに見せてくれている。
ってことは、やはり前編の弱点部分は自覚されているのだろうか、製作陣も。

アメリカン・スナイパー クリント・イーストウッド監督が描く反戦映画


【10 うち試写会1】Yシャツ12枚アイロン掛け完了、向こう2週間+αはこれで大丈夫。
出勤時に出して、退勤時に引き取れるクリーニング屋さんが、部屋から駅までの通勤ルート近辺になくて、週末は週末で仕事や帰省や出張や波乗り遊びのコラボとかで、うまく引き取りが出来るかどうかわからんことが多い状況で、やむなく自分でアイロン掛け、 単身赴任者って、みんな、Yシャツ、どうしてるんやろう?

 イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的に援護する。人並み外れた狙撃の精度からレジェンドと称されるが、その一方で反乱軍に賞金を懸けられてしまう。故郷に残した家族を思いながら、スコープをのぞき、引き金を引き、敵の命を奪っていくクリス。4回にわたってイラクに送られた彼は、心に深い傷を負ってしまう。

 アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめるという作品。


 スリリングな冒頭に続くフラッシュバック場面で、「Legend」カイルの背景や人間性を確立するという入り方から、「あれ?そう来るの?」と不安に思ったが、そこからは徹底的に客観性を重視した、さすがクリント・イーストウッド監督の巧みな演出、やばい。

 「ダーティハリー」の落とし前が「グラン・トリノ」、というふうに彼の作品を見つめてみると、この作品は「父親たちの星条旗」の落とし前か。
そういった意味で、愛国精神も生かしつつ、きちんと反戦映画に仕上げている
のだ。


 クリスカイルの妻タヤを演じるシエナ・ミラーが、見た目と違ってしっかりとした演技をしていたのが印象的で、そしてもっとも心が打ちひしがされたのがこの場面だった…。

 まさに戦場にヒーローなどいないのだ。
「愛する者を守るため」という大義名分の末路に戦慄が走るということでは、「ハート・ロッカー」と被るところもあるが、しかし、幅広い解釈を生むだろうと思うけれど、自分としては、絶望感ということでは、この映画はやばい。
観るものの思想や信条に問いかける…。
エンドロールで聴く「音」が、観る者の、この映画の答えなんだろうな、ほんまやばすぎた映画だった。

 2月27日、政府は、過激派組織「イスラム国」の日本人人質事件で国民の危機感を煽りながら、安全保障法制整備に関する与党協議会で、海外でテロなどに遭遇した邦人を自衛隊が救出することを可能にする法改正を提示したが、自衛隊の能力や、相手国との関係で実現性は乏しいことは明白だ。
安倍首相の頭の中って、映画よりよっぽど映画的すぎて、この映画を観て、そっちの意味でも、俺は日本のリーダーのそのそら恐ろしさに、戦慄が走る。

むりやりの江ノ島神社参拝と、まさかの夕方サイズアップ~な雨の日曜日な湘南


【22 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】ずうら一家、せっかくの初湘南やのに生憎の雨~、湘南って晴れてなきゃ観光する値打ちがあんまりないから~(ToT)
で、どうしようかと部屋でうだうだ、「小田原の早川漁港で魚を食べて俺はそこから電車で帰りずうら家は箱根で立ち寄り温泉して沼津ICから帰るか?」ってなことも企んだけど、朝ご飯が遅かったせいで、お腹空くのを待っていたらずうら家が大阪に戻るのが遅くなる、「う~ん…」ってなった結果、せめて江ノ島神社にでもお参りに行こうかってことにした。


 雨の中の参拝後、初江ノ島神社の人には一度は焼いているところを見てもらい(←食べてもらいたいとちゃうんかい!笑)、江ノ島名物丸焼きたこせんべいのお店。
ついでに今日は初めてクラゲのせんべいを食べたんやが(ずうらが買ったのを囓らせてもらった)、ピリ辛で磯っぽい旨味が強くて、たこより酒のつまみにはこっちの方が良さそうだ(今日はビールなしで食べたけど)

 で、そろそろ腹も減ってきたかな~ってことになったようで(俺は朝ご飯早かったからぺこぺこ~)、ふとシラス食べ放題ってのになぜかたまきやが惹かれてしまって「まんぷく屋十大」ってお店に入ることに。
ビュッフェ形式で、釜揚げシラス、自家製十割そば、京都の漬け物、腰越漁港のわかめなどを中心に、ちょっとしたおかずやらが、1260円、40分食べ放題。
温かいご飯にメガ大量の釜揚げシラスをぶち込み、刻み海苔・天かす・ゴマなどをトッピングして食べたり、それに生卵を加えたり、鰹だしを注いでお茶漬けにしたりして、食べる食べる食べる、おそらく今まで一食で食べたシラスの最高量の8倍くらい食ってしまったやろうというくらい、もうしばらく釜揚げシラスなんか見たくもないってくらい、ほんまにシラス食いまくってやった(;^_^A
おそばも意外に美味しくて、蛸の漬け物が珍味で旨かった、質より量的な食いしん坊と江ノ島観光した際にはこの店もありかも。
ちなみにシラスのことは、関西ではちりめんじゃこ(縮緬雑魚)とか単におじゃことかって呼びます。

 ずうららは俺を部屋で下ろしてから厚木ICから大阪に向かって帰途に就いた、気を付けて帰ってね~(´∀`*)ノ
俺は満腹すぎて部屋でしばらく、撮り溜めてある孫の動画をテレビで観ながらこたつでまどろんどく~…(-_-)zzz
むちゃくちゃ冷たい雨やし寒いし、お昼頃は波は膝やったし、現在の波情報でもライブ映像でもサイズ上がっていないし、今日は波乗り、もういいか~と思いつつ、しかし食べ過ぎのカロリーを消費&お腹減らしとかないと、晩ご飯も美味しくないな、晩ご飯が進まないとビールも進まないな~ってことで、やっぱり小波でもいいから波乗りしとこ~って決意。
というわけで雨でウィンドブレーカーもバックスキンの手袋もずぶ濡れになりながら(どうせ海でずぶ濡れになるのやけど、バイクで衣類がずぶ濡れになるのは後始末が面倒になるのでちょっと嫌)、波小さいだろうと踏んで本日も脇目も振らずに柳島ポイントへ。


 「ありゃ~!波、サイズアップしとるがな~!」w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
なんと胸たまのset肩で面ツルで波数もそこそこっ!O(≧∇≦)Oイェイ!!


 どピークからでないと板が落としにくいし、奥から行ってしまうとたまにワイドなのもあって前がなくなるが、良いところから乗ると、ショルダーもあって、適度にフェイスも開いて、かなりのFun WaveのLong Rideや~(*^-゚)v


 天気が悪いから暗くなるのが早いのがとても残念、でもかなりの本数、いい波に乗れたので大満足でした~d(⌒o⌒)b ♪~♪
あのまま怠け心に負けてしまわなくてよかったっす、さすが俺~っ(^O^)v
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR