高知県土佐清水市の大岐メガソーラーはだめ!


 いつだったか環境庁のサイトで、『土佐清水市におけるメガソーラー事業計画』という資料を見つけて、「へ~、土佐清水市が再生可能エネルギーに本腰入れだしたんだ」とぼんやりと読んでた。
しかし5月だったか、高知県土佐清水市の大岐の浜に隣接する山(海癒の裏山)を開拓して、14メガにも及ぶ四国で2番目に大きい規模の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設するという話があるということ知った。
「こりゃあかんで、閉鎖したゴルフ場だとか廃校になった学校グラウンドとかの遊休地利用ならいいが、山を切り開いてってのはあかん、そもそもが間違ってる。絶対に景観を壊すし、環境への影響はでかい、地元で絶対に阻止してくれないといけないで~」とそのときは思った。


 高知新聞にも取り上げられてた。
高知県土佐清水市の大岐の浜近くにメガソーラー計画 不安の声も
2015/06/21 08:23 【高知新聞】
 高知県内屈指の美しい砂浜「大岐の浜」を見下ろす土佐清水市大岐の民有地に、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置計画が持ち上がっている。出力は約13メガワット、事業面積は約25ヘクタールで、香美市に建設中の四国最大級の33メガワットに次ぐ規模。事業が現実のものになれば、一帯の山を切り開くことになり、「景観や環境の破壊につながる」と、市民らから不安の声が上がっている。


 しかし、高知新聞の続報を見て、これで止まったのだろうと思っていた。
高知県土佐清水市の大岐メガソーラーで地権者が同意書撤回へ 
2015/06/22 08:28 【高知新聞】
 高知県土佐清水市大岐で持ち上がっている大規模太陽光発電所(メガソーラー)計画で6月21日、予定地を所有する企業の社長が地元説明会を開き、混乱を招いたことを住民らに謝罪した上で、経済産業省に提出した事業への同意書を撤回する方針を示した。大岐福祉センターで開かれた説明会には、土佐清水市内外から約2… [記事全文]


 でも、まだこれでは止まらないらしい。


 地元では、この計画に反対する為に、署名活動がはじまったようだ!→署名用紙のダウンロードはこちらからhttp://weloveohki.tumblr.com/

 18歳から32年間、年に何度も何度も通っているこの高知県土佐清水市の大岐の浜は、自分にとって世界で一番大好きなビーチ。
足摺宇和海国立公園にある南北1.6kmの白砂のビーチ、浜と国道の間には天然記念物のカカツガユと言う大きなツタもある緑豊かな原生林、海に注ぐ2本の川も清流で子供たちの水遊びにうってつけ、そしていい波まで立ち、海から見渡すと人工物がほとんどない雄大なる自然あふれる絶景。
そして、毎年、たくさんの海亀が産卵に訪れる浜。
歳とって、もし家族にぽいって見捨てられたら、大岐の浜の原生林のなかにこっそりとテントを張って生活し波乗りしようと企んでるくらいに愛してやまないビーチ(←このことは内緒です)。

署名集約の期限は7月25日となっています、ご協力を。

土佐清水の豊かな自然を未来につなぐ会(Facebook Page)→https://www.facebook.com/saveohki
umihiko's playgorund 岩田充さんの呼びかけ→http://blog.umihikos.com/?eid=1256443
土佐清水市議会の岡本詠議員のブログもご参照を→Ei Okamoto's Blog
スポンサーサイト

温暖化で大規模な嵐の発生数が7倍に…ガ━(||゚ω゚||)━ン


 波があるなら夕方に1ラウンドできる時間に平塚に戻ろうと思ったが、娘が孫を預けに来ると言うし、波も朝の時点では小さかったので、孫と遊ぶことを選択。
写真は、赤ちゃんの成長を祝う日本の伝統行事の一つ「Surfboard初め」を果たしたうちの孫で~すヾ(*ΦωΦ)ノ♪
ちなみに湘南は昼頃から少しサイズアップしたようでサーフィン楽しめていたようだ…(゚_゚i)タラー

北京師範大学を拠点とする国際的な研究グループが、ハリケーンの発生条件をモデル化したデータから、地球の温度が摂氏1度上昇するごとに、超大型ハリケーンの発生数が大西洋で2~7倍になるという結論を導き出した。

 そんなニュースを今年の春、National Geographic Newsで読んで(温暖化で大規模な嵐の発生数が7倍に)、「へぇ、そうなのか」と思っていたが、今年はまさにそれを証明するかのような台風の状況だった。
台風7号(ソーリック)はカテゴリー4まで発達しサトウキビなど農林水産業の被害額は5億7312万9000円(速報値)。
台風11号(ウトア)は日本には影響がなかったがカテゴリー4にまで発達。
台風17号(トラジー)は台風から南北に延びる雲は秋雨前線にもつながっていたため全国各地に大雨をもたらし九州から関東にかけての広範囲でも鉄道の運休が相次ぐ。
台風18号(マンニィ)では京都府、滋賀県、福井県に、気象庁が初めて特別警報を発令した。
台風19号(ウサギ)も日本には影響がなかったがカテゴリー5まで大発達。
台風24号(ダナス)はカテゴリー4で沖縄本島全域を暴風圏に巻き込み与論島と沖永良部島ではほぼ全域が停電となった。
台風26号(ウィパー)もカテゴリー4、気象庁は関東地方に接近・上陸する台風としては10年に一度の強い勢力として警戒を呼びかけ、伊豆大島では6時間で549.5mmとなりアメダス6時間降水量の新記録、この集中豪雨により土砂災害が発生し、伊豆大島では多くの犠牲者が出た。
台風27号(フランシスコ)、台風28号(レキマー)、台風29号(クローサ)は日本に影響はなかったが27号と28号はカテゴリー5、29号はカテゴリー4にまで発達。
そしてフィリピンなどに甚大な被害をもたらした“スーパー台風”30号(ハイエン)はピーク時の強さ230 km/h、895 hPaでカテゴリー5、最も勢力が強かったときには最大風速87.5メートル、最大瞬間風速105メートルという報道もあり、観測史上例をみない台風だとも言われていて、死者数は1万人を超えるとの見方もある。

 National Geographicの記事では「地球の気温は確実に上昇しており、気象観測の記録によると、この10年間は最も暖かかった。1万1300年前の最終氷河期までさかのぼっても、この100年のように平均気温が急激に上昇した時期はないという研究結果も今月発表されている。」ということで、「20世紀は温暖化によって大型の嵐が倍増、21世紀以降も気温上昇は続いており、最悪の嵐が700%増える可能性もある」という。

 これに対して、人はどうすればいいのだろう…。
うちの孫の未来のためにもなんとかしなくちゃ!(だからって「原発の再稼働だ」ってのは絶対に間違っている!)

1940年に「幻の東京五輪」

 7年後に東京オリンピック・パラリンピック開催されることが決まってしばらく経つけど、まだまだ盛り上がっているね~。
開会日が近づくにつれ、7年間もかけてどんどんあげあげ、もっともっと盛り上がっていくと思うと、「日本中、みんなアホになってまうんとちゃう?」という心配をしてしまいそうだ。(2002年のサッカー・ワールドカップの時はこんなでもなかったでしょ?)
とりあえず経済効果に期待しているのだけど、それは東京だけ出なくうまく日本全国に波及して欲しいなあ。

 ところで、今回の五輪招致について、欧米以外の有色人種国家であって、アジアにおいて行われる史上初めてオリンピック大会、そして紀元二千六百年記念行事として準備が進められていたが、けっきょく開催権を返上、実現には至らなかった、1940年の、幻の東京オリンピックの時と背景が似ているとつぶやく友人がいるのだ。

 中国や韓国など周辺国との関係が悪化しているような今の状況のなかで、そんな状況だからなのか、戦争放棄の9条や、その9条などを改正するための憲法96条の改正など憲法を改正しようとする動き、憲法を改正するまでもなくとりあえず解釈改憲によって集団的自衛権の行使が可能なようにしようなどなど、いつでも戦争が出来るという準備が進められているよう。
そして、景気を良くするためか国威発揚の必要があるのかオリンピックの誘致となったのか、って飛躍して考えているようです、その友人は。

 1940年の幻の東京オリンピックは、1937年の盧溝橋事件から拡大長期化した日中戦争、その戦争のために鉄鋼を中心とした戦略資材の調達、中国大陸における利権をめぐって日本と対立していた国々の開催反対圧力などがあって開催返上となったそうだ(代替の開催地はヘルシンキとなったのだけどこちらも第二次世界大戦勃発により開催が出来なかった)。

 今って「戦後」だよね、「戦前」でないよね。
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR