ハクソー・リッジ 主人公のバックボーンが丁寧に積み重ねられていて、説得力が確か


【24うち試写会1】鳥取での会議を終えて東京に戻ってきた。
遅刻してでも顔出したい会議があって一番の飛行機で米子から帰ってきたけど、微妙に到着遅れて間に合わず(T_T)

 第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、人を殺してはいけないという信念を持ち、軍隊に入ってもその意思を変えようとしなかった。彼は、人の命を奪うことを禁ずる宗教の教えを守ろうとするが、最終的に軍法会議にかけられる。その後、妻(テリーサ・パーマー)と父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の尽力により、デズモンドは武器の携行なしに戦場に向かうことを許可され……。

 メル・ギブソンがメガホンを取って放つ感動作、第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りし、多くの負傷した兵士を救った実在の人物をモデルに奇跡の逸話を描くという映画。

 一般住民を巻き込み、20万あまりの尊い命と財産や、沖縄の文化財、自然がことごとく奪われた沖縄戦、太平洋戦争で、唯一、日本国内の一般住民が地上戦を体験した沖縄戦。
沖縄戦における20万人を越す戦死者のうち、約半数に近い、じつに9万4000人余りの戦死者が、兵隊以外の一般県民や子供。
この沖縄戦で、沖縄防衛第三十二軍司令官牛島満中将と同参謀長の長勇中将が糸満の摩文仁で自決した日が昭和20年6月23日の未明とされていて、そしてこの日を、日本軍の組織的戦闘が終結した節目としてとらえ、沖縄慰霊の日が制定された。

 その沖縄慰霊の日の翌々日に鑑賞したこの映画の題材になったのは「前田高地の戦闘」、首里軍司令部から北東に約4キロ、標高約120~140メートルの、現在の沖縄県浦添市にある「前田高地」は第2防衛線主陣地帯の核心で、首里地区防衛においてことさら重要な地区だった。
米軍にとってもこのエリアを奪取することが、首里攻略ひいては日本本土進攻への第一歩として位置づけられていた。
そのため、昭和20年(1945)4月26日からおよそ15日間に渡り激しい戦闘が繰り広げられ、日本軍計3000人あまりの犠牲者を出した後、米軍によって攻略された。
長期戦の背景にあったのはその独特な地形で、石柱のような「為朝岩」(米軍名「ニードルロック」)が象徴的にそびえ立つ、歩兵部隊でさえ縄ばしごを必要とするほどの絶壁である北斜面(米軍名「ハクソーリッジ(弓鋸の稜線)」)がこの映画のタイトルとなっている。


 白兵戦の容赦なき凄惨な描写が熾烈で、何度も目をそらし、何度も悲鳴が思わず口をつき、何度も心臓が縮み上がってしまった。
2時間19分の上映時間のうち、戦闘シーンに長い時間が割かれているが、永遠とも感じられる緊張感、しかしだらけることはない、でもくたくたに疲れてしまう。

 良心的兵役拒否という言葉を、この映画で初めて知った。
良心的兵役拒否(conscientious objection)とは、国家組織の暴力装置、とりわけあらゆる形態ないしは特定の状況下の戦争に参加することや義務兵役されることを望まないことを言い、 当人の良心に基づく信念であり、拒否した者を良心的兵役拒否者というそうだ。
第二次世界大戦時のアメリカでは1万人以上の良心的兵役拒否者が他の代替業務に従事したらしいが、当時の日本でなら、非国民として非道い目に当然遭うだろうから、この辺はアメリカって懐が深いと感じる。


 ドラマは、前半で主人公の幼少期や家族関係、テリーサ・パーマー演じるドロシーとの出会い 武器を持たないと誓ったエピソード、衛生兵になるまでの試練などを丹念に描き、主人公のバックボーンが丁寧に積み重ねられていて、説得力が確かなものとなっていた。
しかし戦闘シーンの熾烈さに相まって、祖国を死守しようとした沖縄の日本兵の描き方が、デズモンドの行為の崇高さを際立たせる手段とされていた点が、日本人としては辛い。

 「二度と過ちを繰り返すまい」、戦争放棄を謳う憲法を有するわが国の精神、それを主人公を通じて見た思いがした映画だった。
「沈黙」に続き、日本を舞台に強い信仰心を持った青年役を演じたアンドリュー・ガーフィールドの熱演が際立っていた。
スポンサーサイト

キング・アーサー ストリート系なアーサー王もありやね~


【23うち試写会1】本日は鳥取は米子へ出張、むちゃくちゃいいお天気っす!

 王の息子として生まれ、その跡を継ぐ者とされていたアーサー(チャーリー・ハナム)。だが、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)によって父と母を殺され、スラム街へと追いやられてしまう。過酷な環境の中、アーサーは生き抜く知恵を身に付け、肉体を鍛える。やがて、無双の力をもたらすとされる聖剣エクスカリバーを手にする。仲間たちと共に圧政を敷くヴォーティガンを倒し、王座に就こうとするアーサーだったが……。

 アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション、王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かうという映画。
英題は「KING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD」、この副題は邦題では使われていないが、使ってくれた方がよかったのに。


 スペクタクルな史劇ファンタジーとして仕上げてあって、見事なまでにアクション・エンターテインメントに徹している。
チャーリー・ハナム演じるアーサー王は、育ち方も含めて思いっきりストリート系!


 ジュード・ロウ演じる暴君ヴォーティガンのブラックさもリアル。
台座に刺さっていた剣を引き抜く、魔法使いマーリンに助けてもらう、湖の中で聖剣エクスカリバーを入手(再入手)、円卓の騎士などお馴染みのシーンはちゃんと散りばめられているが、解釈はかなり独創的。
最後に少しペースダウンしてもたついた感があったけど、全体的な展開の早さと小気味よさは秀逸(ときどきついて行けなかったけど)、2時間ちょっとの尺は、長さを感じなかった。
こんなアーサー王もありやな~。

メッセージ ファースト・コンタクトものの最高傑作といっていいかも知れないと感じた


【22うち試写会1】本日の社会保険審査会、件数も多かったのだが、中身もヘビーなものが多く、公開審理で心身共にくたくたになった。

 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。

 テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ、球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめるという映画。

 英題はARRIVAL、邦題とどっちがいいのかは微妙ながら、いずれにしても映画の内容は表していない。
未知との遭遇や、E.T.などを代表するファーストコンタクトものでありながら、この映画は、対立や友好を描くわけではない。
未知なる存在との対話を通し、既成の人生観から解放される至高の体験。
未知なるものを受け入れ理解することで、物事を全く別の角度や次元から解釈していく。


 ヘプタポッドがルイーズに、時間を「流れる」ものと捉えない言語を与えるという、根っこにとても哲学的な人生観が横たわっている。
エイリアンの言語を解き明かしていくプロセスが重要な意味を持っていて、その丁寧なストーリー展開にはほんと言葉がない。
ファースト・コンタクトものには名作が多いけど、この映画は、ちょっとマニアックであって解釈が難しく、きっと評価は分かれるかも知れないが、自分としては、この映画をファースト・コンタクトものの最高傑作といっていいかも知れないと感じた。 


 エイリアンへの対応を巡って各国の思惑が錯綜し、一触即発の危機的状況を招いていく、為政者の稚拙なプライドや好戦的な衝動が世界を危険にさらすという展開には、既視感を覚える。
この混沌とした現在、コミュニケーションとは何か、外交とは何か、と考えさせられ、そして、日本国憲法が希求し、これまで憲法により、日本国が実践してきた「平和」を求める対話がいかに正しいのかといことを、改めて認識させられたとまで、言ってしまうと考えすぎだろうか。

追憶 サスペンスとしては弱い、映画としても弱い、残念


【21うち試写会1】今朝は出勤ゆっくりやったから波乗りするつもりが、まったく起きられず、一昨日の夜のダメージか…。

 富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、漁港で旧友の川端悟(柄本佑)の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太(小栗旬)を含む三人は、幼少期に親に捨てられ、共に過ごした関係だった。会社と家族のために金策に奔走していた川端と、幸福な日々を送る田所。そして、妻とすれ違いの日々を送る四方。こうして四方と田所は再会を果たすものの、四方の問い掛けに田所は何も語ろうとせず……。

 降旗康男監督と撮影の木村大作がタッグを組み、岡田准一が主演を務めたミステリードラマ、主人公の刑事が殺害現場で遺体となった幼なじみと対面し、共通の旧友が容疑者として浮上、事件の真相と3人の男の封印された過去が次第に明かされるという映画。
しかしながら、ミステリーとしてはかなり弱い。


 しかし映像のすばらしさと、それぞれの役者たちがほんとにすばらしい演技で…、でも残念ながらそれだけだったな。


 「映画」でなくてよかったかな、テレビの2時間ドラマだったらありやったかも。
映像が良かったのに、なんで車中のシーンはブルーバックのはめ込みなん、台無し。

美女と野獣 今後の、ディズニーのすべてのアニメの実写化の際の主人公は、エマ・ワトソンにしとこ!


【20うち試写会1】昨日遊びすぎたせいか、本日、一日、執行委員会やったのだけど、むっちゃ眠たい…(o_ _)ozzz

 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。

 ディズニーが製作した大ヒットアニメ『美女と野獣』を実写化した、ファンタジーロマンス、美しい心を持った女性ベルと野獣の恋の行方を見つめるという映画。
原題は言うまでもなく「BEAUTY AND THE BEAST」、どこまでも、91年のアニメ版に忠実、そのためにCGを多用しているが、そこはなっとくの出来映え。


 とにかくエマ・ワトソンがハマり過ぎているってことに尽きる、この映画の出来は、すべてエマ・ワトソンが持って行ってる、妙にCG的、アニメ的!
今後の、ディズニーのすべてのアニメの実写化の際の主人公は、エマ・ワトソンにしとこ!

[parts:eNozsjJkhIPUZENDA6NkM+MwC8cIt4Iyl+RI+9TkstQiWyMmMxMDJmMzAyYDJigoyC/OLMnMz7NKTCrOzyktSbUuz0wpybAyNDBQtc5IzUzPKIGwc1LTSqxA2hwcHAB5Yxui]

 91年のアニメの時の主題歌は、セリーヌ・ディオン&ピーボ・ブライソンだったが、今作ではアリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド、やばい、甲乙付けがたい!


 いい映画かって聞かれると「(笑)」やけど、永遠に、子や孫と見続けることが出来る、ディズニーらしい映画だったってことで!

LION/ライオン ~25年目のただいま~ 幼少期のサルーを演じたサニー・パワーが素晴らしすぎ


【19うち試写会1】予定が変わって、明日のメーデー中央集会は出ずに、今夜、大阪に戻ります。

 オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー(デヴ・パテル)には、隠された驚愕の過去があった。彼はインドで生まれ、5歳のとき迷子になり、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子に出されたのだ。成人し幸せな生活を送れば送るほど、インドの母と兄への想いは募る。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そしてあの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、サルーは家を探し出すことを決意する。おぼろげな記憶とGoogle Earthを手がかりに、1歩ずつ近づくことに記憶のカケラが少しずつ蘇り、次第にこれまで見えなかった真実が浮かび上がってくる……。

 イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ、幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分の家を捜す姿を追うという映画。
原題はシンプルに「LION」、この邦題は、ダサすぎるしネタバレしすぎで最悪だ。
なお、LIONの意味についてはエンドロールのあたりで、さらっと説明される。


 こういう映画って、過去と現代をシンクロさせていきながらストーリーが進むというのが多いが、この作品では、前半は幼少期の、母と兄妹との暮らしぶり、兄とはぐれてしまいノンストップで回送列車で遙か遠くのカルカッタまで運ばれてしまうシーン、孤児となって都会を流離うシーン、引き取られた施設での生活、そしてオーストラリアでの生活までのシーンが、淡々と描かれている。
そして後半に入っての何不自由ないオーストラリアの生活から、突然に、彼がインドの母と兄への想いを馳せるきっかけとなるシーンがあって、そこからは彼の葛藤とふるさとの地を特定させるための苦労がさらっと描かれて(いや、ちょっとぐだぐだかも)、そして最後のほんの少しの時間を使ってのクライマックス。


 幼少期のサルーを演じたサニー・パワーが素晴らしすぎて、物語は絶対にはずさない感動ものだが、その感動度合いを数段上げてしまったのは彼の演技で間違いなし。
逆に青年期を演じたデヴ・パテルが、せっかく上がった感動度合いを何段か下げたかもってのは皮肉。
第89回アカデミー賞では、作品賞、助演男優賞(パテル)、助演女優賞(キッドマン)、脚色賞、撮影賞、作曲賞の6部門にノミネートされたが、受賞は逃している。(作品賞ならムーンライトよりこっちの映画の方がいいけどな~)
デヴ・パテルが助演男優賞ノミネートなのに、主演男優賞にサニー・パワーがノミネートされていないのが不思議かも。
サルーの恋人であるルーシーの葛藤を演じるルーニー・マーラ、サルーの養母スーのぶれない心を演じるニコール・キッドマン、さすがだ!

ゴースト・イン・ザ・シェル スカーレット・ヨハンソンが素っ裸かどうなのかで興味津々…、で観た(^0^;)


【18うち試写会1】昨日、Body Surfingチャレンジで、久しぶりにFinを付けて一日中ビーディングしていたからか、本日は大腿四頭筋が筋肉痛で、ふくらはぎはこむら返り(大阪弁ではコブラ返り)にいつなるかってな感じでこりっこり~(ToT)

 近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。

 ルパート・サンダーズが監督を務め、士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソンやビートたけしらを迎えて実写映画化。近未来を舞台に、脳以外は全身義体の少佐が指揮する捜査組織公安9課の活躍を描く。


「攻殻機動隊」って読んでないけど、とにかく予告編で、スカーレット・ヨハンソンが素っ裸かどうなのかで興味津々で絶対に観るって決断。
実写リメイク、オリジナルから大きく逸脱していないというし、ほぼ忠実に再現されたシーンも少なくないらしい。
そんなことはわからんが、でも猥雑なアジアン・テイストを匂わせる世界観の描き方と、軸がしっかりした筋書きの展開で、のめりこんだ。


 北野武の存在感が半端なく、そして彼の取り扱いが演出の妙。
でも、やっぱスカーレット・ヨハンソンの完璧なボディがすべてやな~(*^▽^*)
ホンダNM4が、むちゃくっちゃかっちょえ~!

モアナと伝説の海 孫と観に行きたかったが、孫はママとパパと観に行ったので、しかたなく孫抜きでの鑑賞


【17うち試写会1】昨日から金曜まで、愛知県犬山にて仕事~。

 誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。


 「アラジン」「ヘラクレス」などのロン・クレメンツとジョン・マスカー監督が再びタッグを組み、南太平洋に伝わる不思議な伝説を基に描くアニメーション、幼少時のある出来事をきっかけに海と強い絆で結ばれた、16歳のヒロインの大冒険を描写するという映画。

 孫と観に行きたかったが、封切り後、孫はママとパパと観に行ったそうで、しかたなく孫抜きでの鑑賞となった、残念。
出来れば字幕版で観たかったが、たまたま仕事と仕事の間のぽっかり空いた時間と上映時間がドンピシャに合ったので吹き替え版にて鑑賞。


 南洋ポリネシアの神話伝承を背景に、海をこよなく愛する少女モアナの大冒険が描かれている。
南国の豊かな緑と青い海を描き出したCGアニメーションの美しさが素晴らしい。
特に、様々な表情を見せる海描き方はたいへんなもので、海の観察力、表現力、デフォルメ、色使い、動き、素晴らしすぎる!
初めて予告編を観た時はおばちゃんかと思っていたマウイのキャラもむっちゃいいっ!


 意に反して、日本語吹替版鑑賞とはなったものの、そのクオリティの高さにも驚き。
モアナ役・屋比久知奈の歌唱力も素晴らしいが、声優としてもかなりのハイレベルで(自分が嫌いな吹き替え声優ぽさが無いのも功を奏した)、よくこんな子を見つけてきたな~ってほんま脱帽、さすが外しませんよ、ディズニーは!
今年の夏、ディズニーリゾートに行ったら、みんなモアナのキャラに扮して歩いているかも~、それはそれで楽しみ~(*^O^*)ニヒヒ☆α==(・・#)パーンチ

ムーンライト 様々な問題が絡み合いつつ描かれているが、淡々としていて、ちょっと気を抜くと睡魔が…


【16うち試写会1】早起きして出勤前サーフィンしようと思う朝は多いのだが、起きた瞬間にスマホで波情報を見るまではするんやけど、布団から出るまでには至らない…、春眠暁を覚えず(-_-)zzz

 マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが……。

 ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ、マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追うという映画。
第89回アカデミー賞では8部門でノミネートを受け、作品賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚色賞を受賞したという作品ということで、それ以外の予備知識は全くなく鑑賞。


 「1.リトル」(少年期、シャロンのあだ名「リトル」、キューバ人のクラック・コカイン売人であるフアン(演:マハーシャラ・アリ)が自分とガールフレンドのテレサ(演:ジャネール・モネイ)が暮らす家へ連れて行く…)、「2. シャロン」(思春期、ティーンエイジャーとなったシャロンはいじめられる毎日を送っている、母ポーラ(演:ナオミ・ハリス)は薬物依存に陥り、ヤク代に困って売春婦として働いている…)、「3. ブラック」(青年期、大人になったシャロンは、アトランタで薬物の売人として暮らしており、「ブラック」との通り名で知られている…)の3幕構成となっている。


 イジメ、家庭内暴力、ネグレクト、麻薬、貧困、人種問題、LGBT…、様々な問題が絡み合いつつ描かれているが、ストリー展開は淡々としていて、ちょっと気を抜くと睡魔が…。
なんせ、ここから盛り上げたり感動させたりするような場面でも、そこへ至る前にプッツリと次のシーンへ切り替わってしまうので。
その手法が、ある意味、主人公の疎外感をリアルに伝えているのかも知れないが、自分的には、難しすぎる映画だった…。
ナオミ・ハリス、「素晴らしきかな、人生」とは真逆の役柄、あんなお母さん、やだ!

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ 余韻がとても心地良い


【15うち試写会1】今年初めて当選した試写会はこの映画、今年、なかなか試写会当選しないのよ(ToT)

 高校生の森川ココネは家でも学校でも常に眠気に襲われ、ついウトウトと居眠りばかりしていた。2020年、東京オリンピックが間近に迫った夏の日、彼女の家族は事件に見舞われる。実は両親にはココネも知らない秘密があり、その謎を解く鍵は彼女の夢の中にあった。

 神山健治監督が手掛けたアニメーション、岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のたもとののどかな町で暮らす親子の絆を、夢と現実を結び付けつつ描写するという映画。
いきなり近未来なのか過去なのかわからない、微妙にジブリ的な世界観の舞台で物語が始まるが、自分的にはどん引きしてしまったが…。


 いやいや、そこは導入部だけで、その後は少しずつ、夢と現実と物語が、並行して描かれるのではなく、少しずつ入り混じっていくというこの映画の描き方に馴染んできて、ちゃんと気持ちがお話しにのめり込んでいった。
と同時に、夢なのか現実なのかだんだんわからなくなっていった。


 緻密に仕組んだ少女の夢と現実の交錯という新しい技法、あとで理解することになるが、交錯しているヒントは最初からあちらこちらに散りばめられていて、物語の仕上げの当たりで、それらはすべてしっかりと回収。
そして最後の最後まで残る、ちょっと腑に落ちないって所も、最後のエンドロールを見ればすっきり納得、余韻がとても心地良い。
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR