三度目の殺人 所詮真実にはたどり着けない法廷というシステムを描いているようだが、ちょっと難解や~


【36うち試写会2】たいへんな台風21号LANやった~!
選挙の開票速報を脇にどけて、被害状況等をメインに報道すべきやったと思った人は自分だけではないはず…。
自分は、今朝、神奈川から名古屋に移動やったが、小田腹で乗った新幹線ひかりは5分遅れて出発、しかし名古屋到着では50分遅れ、ま、これくらいで文句言えないわ。

 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。

 死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く映画。
そして父になる」の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ、という話題作のはずが、意外と話題になってなかった気がする。
上映回数がみるみる減っていき、なかなかちょうどいい時間に上映がなくなってしまって、このまま鑑賞できないかと思っていたが、なんか映画館で観ることができた。


 ネタバレになるが、法廷サスペンスでありながら最後まで真相をうやむやにするというストーリー、いや、「所詮真実にはたどり着けない法廷というシステム」を描いているのだ。


 「誰が裁くのか、誰が決めるのですか?」
日本の司法制度の危うさに警鐘を鳴らし、引いては人が人を裁くことに疑問を投げかけている。
結局は、役所広司演じる「空っぽの器」と呼ばれた容疑者の掌で転がされ続け、ラストもタイトルの捉え方も、観る者に委ねられているのだ。
スポンサーサイト

スクランブル びゅーてほーなアンティークスーパーカーと、びゅーてほーなお姉さんを鑑賞するための映画


【35うち試写会2】 頭脳派の兄アンドリュー(スコット・イーストウッド)とメカニック担当の弟ギャレット(フレディ・ソープ)は、高級クラシックカーばかりを狙う強盗団。ある日、世界に2台しかない高級車を奪う計画が失敗し、凶悪なマフィアに捕まった兄弟は、敵対関係にあるマフィアが所有するフェラーリを1週間以内に盗むよう命じられる。一流ハッカーや指名手配中の天才スリ、爆弾オタクらを招集し、フェラーリを盗もうとするが……。

 高級クラシックカー専門の強盗団が、フェラーリの強奪に挑むさまを描くという映画。
英題は「OVER DRIVE」、無理矢理和訳すれば、限界突破、とか車を無理に走らせるとかになるのかな?
しかしなぜ邦題が「スクランブル」(緊急発進?ひっかきまわす?)になったのか不明、ま、ひっかきまわすなら映画の内容に近くなるかな。


 映画の尺を超えるほど、ツッコミどころが多すぎて、もう呆れ返りすぎて、どうでもよくなる。
ほんとにほんとに、どうしてこんな映画を作っちゃったんやろ~、って制作陣も途方に暮れているんやないだろうか(笑)
クライムアクション映画と謂われているけど、クライムもアクションもとっても中途半端~。


 びゅーてほーなアンティークスーパーカー(おそらくレプリカだろうけど)と、びゅーてほーなお姉さんを鑑賞するための映画かな~、自分はその部分だけは存分に楽しめた♪
主人公二人の住む部屋に、4枚のサーフボードが置いてあって、そのうちのとてもファットな板がとても気になった!
ロケ地は南フランスのようだが、この写真のビーチではとても楽しそうなライトの波が、それから崖の上の修道院の海ではレフトのマシンウェーブが割れていて、「乗りて~」ってなった。
フランスってあんなに波いいんや!

ナミヤ雑貨店の奇蹟 過去でつながっていたり、未来でつながっていたり、と、とにかくトリッキーな映画ながら、難しい題材の映画化やな…


【34うち試写会2】衆議院選挙だ。
「究極の自己都合」党利党略だけで、安倍首相自身が渦中にある森友、加計両学園問題など都合の悪いことから逃れようとしているとしか思えず、野党が選挙準備が整っていないあいだに選挙やっちゃえってな解散。
そもそも解散権は「首相の専権事項」であると、安倍総理や自民党は言うが、それは「解散が首相の専権事項であるとは憲法に一言も書かれていない。それは『内閣』に与えられた権能だ」という学説が主流である。
こないだ、仕事人内閣に、内閣改造をしたのに、その閣僚にまったく仕事させないってのもどうなん?
そして、「働き方改革」はどうなるのか…、電通事件で自死された方への安倍総理の決意は、そんなもんやねんな~、ひどいわ。
とにかく…、選挙だ、勝たなきゃ!

 2012年、古くからの友人たちと悪事をした敦也(山田涼介)は、かつて悩み相談を請け負っていた「ナミヤ雑貨店」に身を隠す。敦也は廃業しているはずの店の郵便受けからした音に気付き調べてみると、32年前に書かれた悩み相談の手紙があり、さらに郵便受けは1980年につながっていた。三人は困惑しつつも店主に代わり返事を書くと、また手紙が投函され……。

東野圭吾の小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)」を、廣木隆一監督が映画化、現在と過去が手紙でつながる不思議な雑貨店を舞台に、養護施設育ちの若者と、町の人の悩み相談を聞く店主の時を超えた交流を描くという映画。
原作は未読ながら、映画を見ていて東野圭吾だとは思わなかった、どっちかというと伊坂幸太郎っぽいと感じていた。


 映画の舞台は、1969年、1980年、1988年、2012年の4つの時代で、そこを複雑に複雑に行ったり来たりする。
しかもいくつの軸があって、それぞれの軸は、実は全部つながっている。
それは過去でつながっていたり、未来でつながっていたり、と、とにかくトリッキーな映画だ。


 ファンタジーなんで、映画化するのはものすごい難しい題材なんだろうと思う、ちょっとその難しさ故に無理が祟っていたのが残念。
また基本的に同じところにあるナミヤ雑貨店を、1つのロケ地で4つの時代すべての撮影をしてしまったってとこは、大失敗でしょう。
その時代にないものが必ず何か映ってる…、突っ込みどころ満載、ファンタジーやねんからと自分に言い聞かせるが、それでも目に付いて目に付いてしかたないねんもん…汗
キャスティングも、ちょっと違うんちゃうって気がして馴染めなかったなあ(豪華なキャストなんだが)。
駄目な映画ってわけでは無かっただけに、もうちょっと丁寧に創って欲しかったなって気がした。

ダンケルク 実際に戦っているのは誰なのか…、心打たれた


【33うち試写会1】米子に出張✈ 飛行機取ってから、気付いたけど、昨日、孫と大阪に帰り、大阪から列車で米子に行けばよかったのに。

 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

 第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品、ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描くという映画。
監督は、今もっとも稼げると言われているクリストファー・ノーラン。


 陸海空での3つの時間軸からなるトリッキーな構成となっている。
陸のパートは、ダンケルクの海岸線で孤立化してしまったイギリス軍兵士の脱出劇を描く。
生きて帰りたい幼い二等兵と、一人でも多く生還させたい将校が、その中心となる。
海のパートでは、自分の船を脱出作戦に徴用されそうになるが、自らが乗り込んで脱出を助けようとする老船長と、その船に途中救助された潜水艦の水平の心の葛藤が描かれる。
そして空のパートでは、ダンケルクでの脱出作戦を、援護する2人のパイロットの戦いを取り上げる。

 各パートに主要キャラはいるものの、物語を牽引する特別なヒーローは不在だ。
弦楽器を多用したハンス・ジマーの旋律が流れ、連合軍兵士を追い詰めるドイツ兵が姿を現さない展開は、常に不穏な空気を醸し出し、たいへんな緊張感が、最初から最後まで醸し出される。


 どの兵士も若い、日本も戦争末期の時には、あたら若い命が無残に、無駄に、散らされたが、それはイギリス軍でも同様だったのだろうか。
特に心打たれたのはマーク・ライランス演じる英国紳士とその息子の存在、実際に戦っているのは誰なのか、彼らを通じて、しみじみと考えさせられた。

ワンダーウーマン 限りなく美しく優しく強い、しかも柔らかくしなやかなまま強い!


【32うち試写会1】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットと遭遇。彼を救出したことをきっかけに、ワンダーウーマンは身分を隠して人間社会で生活していくことにする。

 美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション、女性だけの一族出身で男性を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く映画。
「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズとしては第4作品目の作品で、第一次世界大戦中のワンダーウーマンの活躍を描いている。

 戦争を止めさせ、困っている人を助けるという主人公のピュアネスに焦点を絞り、甘過ぎないロマンスもちょこっとまじえつつ、ヒロインの心の旅路をたどっている。
ワンダーウーマンが限りなく美しく優しく強い、しかも柔らかくしなやかなまま強い!


 男性原理に覆われた争いの絶えない世界、平和をもたらすための戦いという欺瞞、それでも救うべきだとプリンセスは立ち上がる。
ワンダーウーマンが目指すのは"敵を倒すことではなく、戦いをなくすこと、偏狭なフェミニズムではなく普遍的なヒューマニズム。


 ダイアナ/ワンダーウーマンを演じたガル・ガドット、元ミス・イスラエルで、兵役で18歳の時から2年間イスラエル国防軍で戦闘トレーナーの職務に就いていたという経歴をもっているそうで、美しく強いってこと、納得だ。
またダイアナの子ども時代を演じた二人の子役も完璧だ。
そしてアマゾン族が住むセミッシラとされた島の風景が、素晴らしく美しい。

 そもそもワンダーウーマンって、ギリシア神話をモチーフにして、作られたお話しだということを今回知った。
ギリシア神話に登場する戦を司る神アレス、彼を倒せば世界から戦いがなくなると信じていたダイアナの苦悩は、今後の続編でどう描かれていくのだろうか。

関ヶ原 う~ん、原作が原作だし、ものすごく期待して観に行ったのやけどね…


【31うち試写会1】 豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成(岡田准一)は、天下取りの野望に燃える徳川家康(役所広司)と対立を深めていく。そして1600年10月21日、長きにわたった戦国時代に終止符を打った歴史的合戦「関ヶ原の戦い」は、早々に決着がついた。有利と思われた三成率いる西軍は、なぜ家康率いる東軍に敗れたのか……?


 司馬遼太郎の著書関ヶ原を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化、豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描くという映画。
う~ん、原作が原作だし、ものすごく期待して観に行ったのやけどね…。


 脚色部分が強くて強くてほんと目障り、各武将へのキャラ付けも極端すぎるし、感情移入できない。
肝心の合戦シーンを筆頭にとにかく素人目で見てもリアリティの欠如が酷すぎて白けてしまうねん。
エンタメに徹したのか、悪ふざけが過ぎたのか、せっかくの原作をわやくちゃにしてしまったのではないかい?
しかし岡田准一、お金の掛かった(宣伝費も含めて)大作の主演はできるのに、名作には巡り会わないのが、ほんとかわいそうだ。
物語を最もエンタメにしちゃった初芽を演じた有村架純ちゃんのアクションシーンが、可愛かったな~、罪作りなやっちゃな~( ̄∇ ̄)

スパイダーマン:ホームカミング 学園青春ドラマ~(爆)


【30うち試写会1】今日はゴルフで一日つぶれた馬鹿Surferがここに…(゜◇゜)ガーン

 15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……。

 トム・ホランドを主演に迎えたヒーローアクション、血気盛んなスパイダーマンが、突然出現した怪物に戦いを挑む姿を活写するという映画。
またまたリブートか~、とやや食傷気味のスパイダーマンながら、能天気なまでに痛快なノリの良さとイマドキな学園青春ドラマ的な爽やかさが突っ走ってて、なかなか新味!


 ご近所のヒーローというスパイダーマンの根幹を徹底的に軸に据え、「悪と戦うのは放課後」というバイト感覚ヒーローっぷりを疾走感を持って描く。
アベンジャーズ入りへの憧れ、あまちゃんヒーローの瑞々しさも、演じるのがトム・ホランドだからこそ観るものを惹きつけ虜にする。
学生であり未成年だから、家族にも教師にもご近所さんにも、いろいろ制約もあるし、叱られるし、気も使うし、怖い存在でもあるもんな~。
で、その子どもであることと、学園青春ドラマであったことを見事に逆手に取ったクライマックスには、お見事と賞賛したい!


 あこがれの君がアフリカ系、親友がフィリピン系と、多人種国家を象徴、白人至上主義者のトップが君臨する今、本作を制作した映画人の心意気に拍手!
続編あるね~。

怪盗グルーのミニオン大脱走 自分は、わちゃわちゃ騒ぐミニオンを楽しむだけやから~


【29うち試写会1】 いろいろなガジェットを使い犯罪を繰り返すバルタザール・ブラットを逃したことで、反悪党同盟を追い出されてしまうグルー。意識消沈する中、生き別れになっていた双子の兄弟であるドルーの存在が判明する。対面を果たしたグルーは、豊かな金髪に輝く笑顔で父親からばく大な遺産を受け継いだ、自分とは違い過ぎるドルーに驚く。一方、グルーが悪の道に戻らないことがわかり彼と決別したミニオンたちは、新たなボスを探す中で思わぬ事態に……。


 『怪盗グルー』の第3弾、アグネス、イディス、マーゴの姉妹と家族になったグルーが、突如として現れた怪盗バルタザール・ブラットによって思わぬ事態に直面するというアニメ映画。
スピンオフ作品の「ミニオンズ」は映画館で鑑賞したし、シリーズ1作目の「怪盗グルーの月泥棒」はテレビで放送されたものを見たが、前作の「怪盗グルーのミニオン危機一発」を観ていなかったので、グルーが悪い人で無くなっていたこととか、結婚していたこととか、ネファリオ博士の状況など、つながらないエピソードが多く困った。
英題は、「DESPICABLE ME 3」、シリーズ一貫してこの題名で、和訳すると「卑劣な俺」。
邦題のように怪盗グルーってのもないし、副題的な言葉も付いていなくて、えらくあっさりしたものだ。


 物語的には予定調和でわかりやすいものの、おもしろみには欠けるってのは、基本、子供向けなのだからしかたないか。
ただ、バルタザール・ブラットがむっちゃ80年代で、使われている懐かしい楽曲も含めて、自分らの世代にはむっちゃうけるっ!


 どっちにしろ、自分は、わちゃわちゃ騒ぐミニオンを楽しむだけのために観に来ているようなもんなんで、細かいことはええか~。
ミニオンたちが集団で刑務所に収監されたときのエピソードが、意外な一面を発揮していて、楽しかったな~(@^▽^@)

   

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 蘇った古代エジプトの王女アマネットが、美しく、恐ろしく、切ない


【28うち試写会1】「迷走長寿台風5号NORUの波に乗る~」はもしかしたら今日が最後やったかも知れないのに、昨夜、一人部屋飲みでなぜか飲み過ぎて二日酔いで起きられず…ミスった~(ToT)

 中東で、古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見される。その発掘に居合わせたアメリカ軍関係者のニック(トム・クルーズ)は、考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)らと共に調査のために石棺をイギリスに運ぶ飛行機に乗り込む。だが、フライト中に思いも寄らぬアクシデントが起きて、ニックをはじめとする軍関係者を乗せたまま輸送機はロンドン郊外に墜落し、石棺の所在もわからなくなってしまう。

 1932年製作の『ミイラ再生』を新たによみがえらせたアクションアドベンチャー、エジプトの地下深くに埋められていた王女の覚醒と、それを機に始まる恐怖を活写するという映画。
ユニバーサル・ピクチャーズが、1920年頃以降、大ブームとなったハリウッド・モンスター映画たちを「1つのシリーズ」にまとめ上げる「ダーク・ユニバース」の第1作目。


 「ハムナプトラ」とか「インディ・ジョーンズ」を彷彿させる作品であり、なんと「ジキル博士」まで出て来て、もっと怖い映画かと思いきや、アクションアドベンチャー的ゾンビ系モンスター映画だった。
しかし、トムクルーズはじめ、アナベル・ウォーリス演じるジェニー・ハルジー、ラッセル・クロウ演じるヘンリー・ジキル博士など主要登場人物皆さんの身体能力が高すぎて、そして死なない・怪我しない度とんでもなさすぎて、「それ普通死ぬよ」ってな点で興醒め度高し。(他の人はいとも簡単に死ぬのに)


 蘇った古代エジプトの王女アマネットが、美しく、恐ろしく、切ない。
演じるソフィア・ブテラは、「キングスマン」で両足が凶器の過激な殺し屋ガゼル役を演じ、「スター・トレック BEYOND」で復讐を誓う凶暴なエイリアン美女ジェイラ役を演じた注目女優、どんな姿になっても美しすぎる~、ってか見所は彼女だけ~!(笑)
それでもこの映画、続編あるんやろうね、それともアベンジャーズシリーズのように、登場人物が大集合するんやろうか?

カーズ/クロスロード 思いっきりオヤジ泣かせやんか~(ToT)


【27うち試写会1】 迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。運にも世間にも見放され、頭の中に引退という文字がちらつき……

 自動車たちの世界を舞台に、スポーツカーのライトニング・マックィーンの活躍を描いた人気シリーズの第3弾、最新型のレーサーに勝てなくなった上に、事故でクラッシュしてしまった彼が引退を考えて苦悩する姿を、仲間たちとの絆を絡めながら追うという映画。
孫が遊びに来ていたから一緒に鑑賞したのだが、1作目「カーズ」は封切り前のテレビ上映でみただけで、2作目「カーズ2」もまだ見ていなかった。
英題はシンプルに「CARS 3」、邦題のクロスロードは「十字路」のことだが、「岐路」という意味もある。


 天才的なスター・レーサーとして突っ走ってきたマックイーンが世代交代の問題に直面、若手の台頭から過去の人となり、人生の「岐路」に立たされたマックィーン…。
昔からの仲間やライバルはことごとく駆逐され、自らも体力的に太刀打ちできずトップから転落…、果たしてこのまま朽ち果てていくのか、それともトップへ返り咲くことが出来るのか、ってことがストーリーの軸。
誰もが避けられない老い、過ぎ去りし栄光の日々への郷愁、世代交代のほろ苦さ、子供向けアニメにあるまじき重いテーマで、完全に子ども置いてきぼりな展開で、これでいいのかと脳内「?」マークだらけ。
孫の反応が見たかったが、うちの孫は、本編上映後、間もなくで夢の中やし。


 レースシーンの迫力は目を見張るものがある、明朗快活な展開も安心感満載、またまさかのラストも泣かせてくれる、子ども向けの作品ではないのだ、ってことを、鑑賞後にテレビ放映で見たカーズ2と合わせて納得、まじで深い含蓄があるのだ。
そして、シリーズ3作すべてが、思いっきりオヤジ泣かせやねんな~。

 
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR