宮崎最終日4日目、台風12号が西に逸れてくれたからちゃんと帰って来れた、ほんでリーシュコードは命綱ではないな~な波乗り




【97 Firewire POTATONATOR 6'0】宮崎休暇最後の夜は、ずいぶん前に行って美味しかった居酒屋、「たかさご」、ちゃんと今でも元気に営業していた~、やった~\(^o^)/
1階は大衆酒場、2階と3階は居酒屋、4階は宴会場かな、ってこんな感じやったっけ?って思いつつ、やっぱ大衆酒場を選ばなあかんわな~。
ざる豆腐、鶏のもも焼き(もも焼きはどない頑張っても丸万に勝てんわな~)、鶏もつの塩辛ってのが希少お奨めってことでオーダーしたら、塩辛ちゃうやん、鶏の生ればやん、やばい、やばすぎる、美味すぎる、死ぬ!
若鶏のもも焼き、実は「生ビールset」ってがあって、もも焼き頼んだし、それならsetにして貰ったらお得だと思って切り替えて貰ったら、さっきのもも焼きとは違って、この若鶏のもも焼きと最初に紹介したざる豆腐とのsetってことで、「え~っ!」やってんけど、でも、むちゃくちゃ美味しいくて、あり~っ!
とは言いながら、めひかりの唐揚げに、チキン南蛮などもすでにオーダーしていて、食い切れるのか?いや、今後の食べたいもの計画がコンプリート出来るのか、ってな不安が…(;゜ロ゜)
いや、駄目でした、頓挫、もうお腹いっぱいで、箸休めの漬け物で(敵ななすび有るし…)頓挫、ボトルで入れた高千穂がまだ残っているので、無理してあと一品の鶏のタタキが、おそらく5切れくらいの上品な盛りつけだろうと期待したら、てんこ盛り~、もうやっぱ無理~、食い過ぎ飲み過ぎ~、お隣の宮崎Beauty3人のリアルな女の会話も刺激的すぎて(朝から昼を経由して夜まですべての生態を赤裸々に議論されていて「そうなんや~、すっげ~!」やねんっ、耳ダンボっ)、もうお腹いっぱいっ!


 ほんで、今朝も朝寝坊しちまって、波情報をチェックしたら鹿児島の西を北上する台風12号に吹き込む東風がさらにさらに強くなってる。
宮崎市内周辺も各ポイントをCheckするもどこもかしこもぐちゃぐちゃ、けっきょく今朝も子供の国しか使えない。
腹~胸、ものすごい雨と、ものすごいサイド風が入るので、酷い波乗りコンディションながら…。


 胸くらいの波で、たまたまその時に風が強ければ、面が張って、いいレギュラーの波が現れて、それなりにいい波になって、インサイドまで走りまくれるねんってなことでけっこう意外と楽しかってんけど。
たぶんもっともいいレギュラーの波をGetして、綺麗なリップに当て込んで板を返したら、掘れてきたから、浅めにドロップしたつもりが、予想以上に掘れてしまってノーズが刺さる、しまった~、ってもまれてると、右足からぷつ~んってな感じが…。
リーシュが外れた~、って水面に顔を出して見たら10mほどのインサイドに板は浮いている。
泳いで取りにいこうとしたら、背中で次の波がブレイクした気配…((((;゜Д゜)))))))
もう、闇雲にクロールして、オリンピックで銅メダルくらい取れるんちゃうかくらいスプリントして、必死で泳いで、板を後ろの波に連れて行かれる間際にリーシュコードを掴んだ~(*^^)v
とは言え、リーシュを探すために水の中で目を開けてしまったので、コンタクトが流れてしまった。
あかん、もうええわ、脱水、けっこう楽しい波やったのにね~。
実はこの小波用リーシュコード、昨日も外れたんやね~、リーシュコードの点検はちゃんとしなね~、切れて当たり前、外れて当たり前、板が無くても泳げる自信が無いときは入水禁止ってなことは、最低限のルールやで~。



 ってことで昼メシは、これも宮崎では絶対にはずしたくないお店、うなぎの若林!
鰻高騰の折、一度値上げしたままで値段をKeep、関東圏ではもう2段階くらい、値段を上げているから、もしかしたすっごく高くなっているかと思っていたけど。
肝焼き800円、白焼き1000円、うな丼(松)2000円、宮崎の鰻はそもそも美味しくて、お母さん曰く「関東の鰻はうちらが出す鰻とは違う」という意味深な言葉もあって、ますますこの若林の鰻の美味さが心に染む~(o゜▽゜)o


 台風12号の影響でますます風雨が激しくなり、もう波乗りする気にもならず、プラネタリウムを見て程良く時間を潰して、空港へ。
ビールがついつい進む飫肥天、チーズ・紅ショウガ・松の実・玉子に、1階の売店で売っているヤバい美味さの焼き鯖寿司で、いつもながら空港ロビーにて飲んだくれてしまって、機上の人に~。
台風12号、進路心配したけど、ちゃんと羽田空港に帰れたよ~(*^O^*)
スポンサーサイト

宮崎3日目、東風に、そして通行不能にやられまくるも、美味いものは食ってるよ~( ̄∇ ̄)




【96 Firewire POTATONATOR 6'0】宮崎2日目の昨夜は、宮崎トリップでは絶対に外せない「日の出ホルモン」に、一週間も前からしっかり予約をしておいて、満を持して行ってきたで~( ̄∇ ̄)。
いつものおすすめコース(2500円)に飲み放題をつけて…、まずはキムチと野菜サラダ、センマイ刺し(ボイル)、セセリ、鶏もも、Pトロ、上カルビ3人前、ここまでが一気にやってくる。
が、網は綺麗にしておいて、追加でオーダーした、まかないの人気メニューのタン先塩が来るのを待つ、入荷量が希少らしくある時無いときだが、今日はありますよ~とのこと、ぐふふ、こいつから焼くよ~!
上カルビと鶏・豚の肉を食しつつ(豚肉の下処理は関東とは違って丁寧だからあの匂いは当然無いっす、これは好みの問題で、大阪の人間は宮崎のこの処理が好き、関東の人には物足りないかも)、次にやって来たタレ焼きは丸腸、豚ホルモン、焼センマイを焼き、そしてこれも外してはならない特選ハラミは追加で…、やべ~、美味すぎて~死ぬ~!
ごはん、スープ、デザート、そしてお肉もかなり、けっきょくほとんど食えんかったけどね~。
安くて旨い、日本一CPの優れた焼き肉屋って言っても過言ではない、美味すぎてヤバい焼き肉屋「日の出ホルモン」、満腹、昇天、酔っ払いのへべれけ~(*^▽^*)


 で、酔っ払い満腹すぎて、3日目の朝は思いっきりの朝寝坊、やっちまった。
宮崎、ホテルの窓から見ると街中でも東風がかなり強い、波情報をチェックするもかなり強いオンショアの風が吹き荒れている模様。
しかたないのでとりあえず朝の1ラウンド目は、サイドオンながらまだ面がある子どもの国にてってことに…(´・ω・`)


 波はもも腰、インサイドのダンパーに見えるもののたまに入ってくる腰波のグーフィーはサイドの風がオフになって面を抑えてくれるので、なんとか切れてきてちゃんと乗れる。
つーてもあまりにもタマ過ぎて退屈きわまりなく、宮崎にまで来てこれじゃああかんってことで、短時間で切り上げて、日南方面に、少しでもコンディションのいいところをリーフも含めて探しに行ってみることに。


 しかしながら大堂津まではどこも、風クロースか、小さすぎるかで、使える所がない。
ま、せっかくこっちまで来たから、油津漁港の「びびんや」にてランチしておく、かつお飯、新鮮なかつおの刺身がのった丼は、お出汁をまぶしてお茶漬け風に、それと鮪ステーキの鉄板焼き、それはそれは巨大~っ!うま美味~っ!



 ここからの行程が大トラブル、大堂津駅前の道路標識に「通行止めのため都井岬までは行けません、迂回を」って書いてあるが、迂回路の情報はどこにも書いておらず、通行止め区間の地名を、地図やナビでチェックするも細かい地名すぎてどこだか特定が出来ない。
で、大堂津から串間方面にそれて走っているとけっきょくは南郷町に出てしまい、やはりここでも同じ「迂回しろ」看板が登場、そこから再び内陸側に入り、すれ違いがこんな狭い山道をうねくね走り、幸島の方へようやく迂回し(ついでに波チェックしたがだめ)海沿いの路に出るが、やはりしばらく行くとまた通行止め。
もどってまた内陸側に戻り、串間駅の方まで走って、そっち側から恋が浦方面に向かい、ようやく行き着いた。
ナビが示した到着予定時刻より1時間半ほど、実際に到着するのに掛かってしまった、運転、ふらふら~。
で、その恋が浦は風クローズで波乗り不可~、心身共にふらふらや、せっかくやから都井岬で馬に癒やしてもらっとく~、ってかこいつら車なんて目もくれない度、すごすぎ~(; ̄O ̄)。


 今日の2ラウンド目はなしか…と意気消沈しながら日南まで戻ってくると、宮浦海水浴場が、意外といい波に見える!(*゜ロ゜)
日暮れまでほとんど時間がないけど、入水することにするで~!
腹~胸、風を食らってゆらゆらだけど他よりはぜんぜんまし、ここはダンパーだというイメージだったけど、川の正面に何カ所かサンドバーがあるようで、そこから三角のピークがしっかり張って割れてきて、レギュラーグーフィー共にライダブル!


 ガホって掘れた楽しいピークに合わせたら、ボトムがしっかり現れて、しっかり下まで降りて、深いボトムターンの加速感と、その次のリップアクションがたまら~んっ!
そのあとはゆるゆる~やけど、上手く繋げば、ロングライドから、ちっちゃいショアブレイクで軽くアクションでFinishまでやりきった満足感。
にゃはは~、遊べたわ~、意外にも~っ(@^▽^@)
で、台風12号、なんとなく無事に帰られる進路になったような気がしてきた…(^0^;)

宮崎2日目、縁のラーメンのために高鍋にてsurfingってあり?


【95 Firewire POTATONATOR 6'0】今朝は高鍋へ、蚊口浜に向かっていると、反対車線の歩道を真っ黒いでかい人がどかどかと汗だくになって走ってくる、「なにごとじゃ~っ!?」(゜∀゜;ノ)ノってよく見ると、東川プロだ!
浜に到着して、海に入る準備をしていたらその東川プロが戻ってきた、トレーニングで走っていたそうだけど、そやけど、どうせならもうちょっとジョギング・ランニングってな雰囲気を醸し出して走って欲しい、たぶんあの走る姿には驚く人が多い気がする…(;^_^A


 んであいさつビーチ蚊口の波、腰~腹、ほろほろでボトムが出来なくて消えてしまう波がほとんど。
一番アウトなら繋がるかと思いそこで狙うが、とろいのにワイドがちで、ピークでもパワー無くて、乗り繋げない。


 ミドルに下がって、そこから無理矢理加速して、なんとかインサイドに繋ぐか、張ったとこ見付けて当て込むか。
どっちにしてもさほど良くなくて、そのうち風も吹き出して、終わり~、ち~ん。


 仕事の電話を為なくてはならず1時間半ほどで脱水して、昼ご飯は「自家製麺・縁」へ。
宮崎市内に泊まってて、わざわざ高鍋まで波乗りしに来るのは、ある意味、この店のラーメンが食べたいからかも~、今回は辛味噌、本日も、きっと日本一身体に優しいラーメンを美味しく頂きました~(*^O^*)
その後、この辺りの各波乗りスポットをCheckするが、どこもかしこもオンショア喰らって使えない、しかたなく宮崎市内までもどって順番にCheckするが、どこも超ばにゃばにゃ。
ま、もういいか~で子供の国前の浜で、砂浜に寝転んで読書タイムを楽しむことに…。
って、数ページ読んだところでうたた寝してしまって、寝汗で身体にひっついたと砂と、東風で吹き飛ばされた砂で、全身、じゃりじゃり。
海水で流さなあかんから、はいはい、Get Wet~、写真を撮らなかったが、波は風かわした感じで面のある腰、たまにゃ、走れるか~。
ところで台風12号、俺、日曜、東京に帰れるのだろうか…( ̄。 ̄;)

宮崎初日、波乗りはほどほどに御朱印集め~?


【94 Firewire POTATONATOR 6'0】宮崎への空の旅、飛行機から見る平塚の海、相模川から大量に泥が流れ込んでいるようでまっ茶々。


 んで富士山は山頂で久し振りに氷点下を観測したと言うが、もちろん雪が無くて、やっぱり火山やな~ってな、らしい姿。


 宮崎到着して最初の食事は、「マロ」のタルタル丼、本日の日替わりってことで400円也とお安いっ、しかしカロリーはむちゃくちゃ高いっ!


 木崎浜、波はもも~腰、オンショアでゆらゆら~のほとんどダンパー、乗りしろほぼ無し。



 こないだ見た虹色ジーンでのぐっさんに触発されて、うっかり御朱印帳を買ってしまった。
一番最初は青島神社、二番目は鵜戸神宮…、こりゃ先の長いスタンプラリーになりそうだ、日本に御朱印書いてくれる神社仏閣っていくつあるのだろう…。



 夜は大好きな「丸万本店」へ、と言ってもいつも支店ばっかり行ってて、本店は初めてかも知れない。
とりのお刺身、もも焼きは食べやすくカットして貰ったもの、サービスの鳥スープ、ズリ焼き。



 このズリ焼きのせいで、宮崎やのに日本酒~ってな口になってしまった、これまた日本酒に合うホルモン焼きは肝だった、ポン酒常温でおかわり~っ。
そして再び、もも焼き、今度は地元の人が食べてるようにカットして貰わずに。
そうなのか、小さくカットしない方が油が漏れなくて乾燥せず、しっとり旨味が逃げなくて、より美味しいのだ!
ところで台風12号が発生、俺、日曜、東京に帰れるのだろうか…( ̄。 ̄;)

鹿児島宮崎トリップ最終日はどピーカン♪波乗りはポイント選択の大失敗…(T_T)


【105 Firewire POTATONATOR 6'0"】どピーカンの九州トリップ最終日、この4日間で初めてまともに桜島の姿を拝むことが出来た~、しかもご来光付き~八(^□^*) カナイアンゼンムビョウソクサイマゴガゲンキニソダチマスヨウニッ!!


 フェリーで桜島へ渡り、湯之平展望所へ向かう、桜島フェリーが鹿児島市営だということはI郎サンに教えてもらっていたが、乗車率のすごさに驚いた。
展望台から眺めると、南の方向に今日は開聞岳が綺麗にくっきりと見える、あ~今日指宿に行けたなら夢にも見たあの美しい開聞岳をこの目で間近で見ることが出来たのだろうな~砂蒸し風呂も体験できたのだろうな~(T_T)
南側から見た桜島は水蒸気が僅かに吹き出ていて優しい感じだったが、展望台を後にして反対側(鹿屋側)に走って行くにつれ、噴煙がもくもくで硫黄臭がすごくて、桜島はほんまに思いっきりに活火山なんや~と超納得、余計なお世話やけどよくこんなたいへんで危険なところに人が住んでいるな~と驚く。
そもそもこの車で走っているこの道、大正時代の大噴火で、桜島と大隅半島が陸続きになったという事実に驚愕、生々しすぎる。
鹿児島ってどの火山がいつ噴火してもおかしくないし、霧島もマグマの供給が活発だというし、北海道の昭和新山のように新しい火山がどっかに出来てもおかしくないそうで(…そもそも桜島も約1万3千年前に錦江湾(鹿児島湾)に突然現れた火山だそうだ)、福島第一原発のあの過酷事故がありそれをまったくコントロールできていない事実が現在進行中の今、そんな鹿児島の土地にある川内原発を、再稼働しようとしている自民党・公明党の安倍政権のことが、わけわからん!
ちなみに直近の桜島の噴火は10月10日06時39分(現象:爆発、有色噴煙:火口上1000m、流向:西、爆発音:なし、体感空振:小、弾道を描いて飛散する大きな噴石:6合目(昭和火口より300から500m)、噴煙量:中量、火口:昭和火口、今年382回目)だそうだ…


 桜島散策後、宮崎に移動、最初、Yっちに教えてもらったシークレットリーフブレイクをチェックしてみるが、肩くらいの波ながら風を食らってラフで、入っている2人のサーファーは翻弄されているだけでまったく乗れていない、しかたがない、時間もあまりないし木崎浜へ。
会談前の遙かアウトで、頭くらいのレギュラーが風喰らいながらもしっかりと割れている、よし、さくっと短時間ながら(妻を待たすので遠慮して)波乗りやっとくか~( ̄∇ ̄)
ビーチの雰囲気が何となく終わった感が漂っていたが、入水してすぐにその意味が分かった、川の水が大量に入っていてものすごく水温低くて思いっ切り流される、あそこのピークで乗りたいのに~近寄れな~い…(ToT)/~~~
狙った階段前のピークどころか、まもなくシャワー前も通り越して、そのうち加江田まで行ってしまいそうだ。
何本か乗るが、狙ったレギュラーとはまったく違う、ダラダラのぐちゃぐちゃの、乗ってもなくなっちゃう波ばっか、あかんや~~ん!


 妻のことを気にするとかしないとかって問題でなく、やっとられ~~んっで脱水、飯じゃ飯じゃ~(; ̄д ̄)ハァー↓↓
うなぎの若林、久しぶりに来たけど、もしかしたらウナギ高騰の煽りを受けて閉店してんやないかと心配していたがご健在。
もう一つの心配、むちゃくちゃ値上げしてるんとちゃうかも、うな丼竹1500円~うな重松3000円と、以前来たときの、値上げ後の値段を維持しているようだ、安心した(写真はうな丼松(肝吸い・香物付き)2000円と肝焼き600円、妻は運転免許を持っていないのでビールが飲めない…)、もちろん味も大丈夫、美味しかったよ~(@^▽^@)

 その後、宮崎地元でしか手に入らない物を仕入れに、スーパーマーケットをはしごしてから空港へ。
いろいろと心配した旅で、台風のために予定が台無しになったことも多かったが、でもとりあえず無事に来られて、そして無事に帰れそうだ、よかったよかった(*^O^*)

鹿児島に来たかった理由が玉砕ながら、波乗りはちょろっとでけた鹿児島2日目

【104 Firewire POTATONATOR 6'0"】昨日、波乗りの後、Kにちゃんとバイバイしてから鹿児島空港に向かう、大阪からの妻のエアチケットが、宮崎が取れず、しかも夕方しか取れなかったので、ピックアップするためにだ。
伊丹発鹿児島行きのJAL、朝一番の便は伊丹に引っ返したそうだが、2便目・3便目はなんとか鹿児島に到着したそうで、さて、妻の飛行機は無事に到着できるのか。
やきもきしながら鹿児島空港で待っていたら、むちゃくちゃ揺れたそうだが、なんとか着陸、しかも早着、よかった~(*´∀`*)
とりあえずホテルで荷物を下ろして、鹿児島night~行っとく~( ^_^)/□☆□\(^_^ )
いろいろと情報収集してこのお店にしようと決め、気合いを入れて鹿児島一の繁華街天文館まで缶ビール片手に歩いたが、しかし期待に胸を膨らませてそのお店の暖簾をくぐるとなんと満席…(; ̄O ̄)サスガニンキテン…
ほかのお店を考えてなかったってことで、慌ててネットで情報収集するが、ネットの評判はなかなかしっくりと信用できない、実際に評価の高いお店を回ってみるが、客がまったく入っていなかったり、お店の雰囲気が悪すぎたり、若い子が大騒ぎしていたり、と、食指が動かない、困ったな~となりつつ、繁華街をうろうろしていたら…

 Kにちゃんと波乗りしながらの会話、「今夜は天文館のそばに泊まるねんけど、Kにちゃん、こないだ天文館で飲んでいたお店、美味しそうやったやん、店名教えて」「えーっと、覚えてないです」「え~なんで~」「だって歳食って物覚え悪いし、酔っ払いやし~」(←こうは言ってなかったけど趣旨はこんな感じ)「なんか手がかりはないの?」「え~っと、なんかビニールのテントのお店みたいでした」「って、ホームレスの家じゃないねんから…、もしかして天神橋商店街のバルみたいな感じ?」「そうです、そうです!」…(;^_^A


 この店や~~~~~ん!( ̄∇ ̄)!「浜焼き竿ちゃん」(鹿児島県鹿児島市千日町7-20 099-223-0033)、焼きま~す♪
お通しがキビナゴ、じゃこのサラダと薩摩揚げと烏賊の塩辛と竿ちゃんセット2人前をオーダー、焼き物はお店のスタッフがきちっと仕上げてくれるので、触らないでください。
このお店、あらかじめ各テーブルに焼酎の一升瓶が置いてあり(銘柄はいろいろ)、焼酎をオーダーしたら、水割りセットまたはお湯割りセットがやってくる、何杯飲んだかは自己申告制で焼酎1杯200円、5杯目以降はいくら飲んでも1000円ってシステムっ!
最初、うちのテーブルに置いてあったのは黒麹仕込み桜島25度、これはこれで美味しいんやけど飲んだことがある焼酎、3杯目でせっかくやから飲んだことないのにチェンジをお願いしたら、新技(あらわざ)ってのがやってきた。
これは飲んだことない焼酎、すっきりした甘さに芋の味が濃厚でいながら、とっても軽やか、荒さが魅力の桜島とは真逆の味わい、これもあり!(女性が好きやないかな)


 今回の旅に鹿児島を選んだのは、仕事で一度だけ来たけどそのときはほとんど観光をしていない地やから。
指宿の砂むし風呂を体験したかったのと、中学の時の社会科の地図帳の等高線を教えるページにあった開聞岳の美しい航空写真と地勢図の等高線の美しさに感動したので是非ほんものを見たかったのと、知覧に行きたかった、この3つが観光の目的(妻はちょっと興味が違うけど)。
しかし、仕方ないと言えば仕方ないけど、砂むし風呂は、台風上陸直前の状況でも、潮の干満や天気に左右されない全天候型があるからと聞いていたので走ったのに、本日は休業、あれ、全天候型って言ってたやん(T_T)
雨と風で数十メートル前も見えにくい状況で、開聞岳もないでしょう…ってことで近寄りもしなかったし(T_T)
なんとか知覧特効平和会館と富屋食堂に行けたが…。(このことはきっとまた詳しく感想にします)


 さて、そろそろ波乗りやね、昨日、夕方、ビーコミで「腰腹set胸○85」だった江口浜へ、干潮の時間を狙って走る。
台風19号の進路が西に振ったので、進行方向右前に鹿児島県西部がはいった、今日は強いオフショアながらでかくなるぞ~と期待と不安いっぱいで初めて行く江口浜ポイントを探す。
ここじゃない、ここからは浜に降りられないと、うろうろすること30分、ようやくたどり着いたポイントは、予想外に波上がってなくって腰~腹。


 自分が入っていたときのビーコミ波情報では「腹~胸set肩△60」となっているが、自分的なスコアでは「腰たまのset胸▽25」、こうなると昨日の波情報にも疑問がよぎるが、それはそれとして。
人の少ないピークを選んで入水、トップだらだらながらインサイドで張ってきてのトロ早め、小さめはライトが良く、大きめはレフトが良く、スピード稼げばインサイドまでロングライド。
期待が大きかっただけに小さすぎて落胆はしたし、妻を車で待たしているので遠慮して短時間やったけど、波はそれなりに楽しめた~(*゜∀゜*)
台風の進路を見ていたら、19号の抜け方次第では、明日の午後は鹿児島の南面とか良くなるかな~o(^o^)o♪

せっかくの妻との秋休暇やのに、台風19号に振り回されるわ…(´;ω;`)


【103 Firewire POTATONATOR 6'0"】3連休に1日休暇を付けたんやけど、台風第19号 (ヴォンフォン)の影響がむちゃくちゃやばいねんけど~!
サーフボードを持って行くかどうか悩んだけど、念のため(何が念かわからんが)羽田空港まで運んだら、JALさんは律儀に飛行機に積んでくれた。
飛行機から見る富士山は平和や、空から見る湘南は潮が多い時間ってこともあって割れていない、生コンもうねりのみという感じで、台風第19号 (ヴォンフォン)の波が届いているという感じでもない。


 しかし、高知西部のビーチは見るからに大クローズアウト。
そして、宮崎空港着陸の時に見えた、宮崎の海は怒濤の状況。
機長がアナウンスしていたが、真冬並みのジェット気流と台風の強風圏で、むちゃ揺れするし宮崎空港に降りられるかどうか分からんと言ってたし。
そやけど安全やって言いつつ、あかんかったら福岡空港に行くか、それとも羽田に引き返すかってことも言っとる…どないやねん!


 それでもなんとか宮崎空港に無事着陸、機長、ぶらぼ~っ\(~o~)/
YっしーとKにちゃんにこの宮崎・鹿児島トリップ決めたときから一緒に波乗りしようって連絡していたが、こんな大クローズアウトって状況やし、今回はスルーですと連絡しておいたので、独りで南下して風かわすポイントを探すことに。
4時に朝食やったからむちゃくちゃ飢えていて、レンタカー借りてまずは「マロ」にてタルタル丼弁当600円(チキンなんばん・トンカツ・エビフライ・ウインナー・ちくわにどっさりとタルタルソース、野菜は全くなし、すごい身体に悪そうやねんけど、むちゃくちゃ美味いねん!)をGet。
ちょうどその弁当屋に寄る手前に、Kにちゃんから電話が入ったので、運転中に撮ろうとして何気に右を見たら覆面パトカーが並んだ、思わずスマホを助手席に床に投げた(←画面見てません、運転中スマホ未遂です)。
停車してから通話したら、Kにちゃんも休みなので南下して風をかわすポイントで波乗りしたいとのことで、内海のローソンで合流しましょうって。
内海から日南までオンショアに煽られたダブルくらいでとてもじゃないが波乗りできそうにない、とある入り江のグーフィーポイントはなんとか頭ちょいlくらいでやれそうだがTeam腰腹のKちゃんは無理って言うし、大堂津なら風かわすかと思ってさらに走ったがここも風で真っ白け。
うっきっき~で有名な幸島なら出来るかもってKにちゃんが友人情報を仕入れてきていたのでさらに走ったが、ここもぐっちゃぐちゃ、あか~~~んやんっ(´;ω;`)


 鹿児島西部に走るか、本日は波乗り諦めるかって悩んだら、Kにちゃんがうちの部屋から一番近いポイントなら朝出来てたし行ってみましょうって。
ほいほいと付いていったら、なんや~ここで出来たんやん!
なんせ、幸島まで空港から1時間半以上、ここなら空港から15分…最初からここからチェックしたらよかったんや(__*)
ここのKにちゃん曰くのポイント名は、サメが生息しているから「さめポイント」、一般的には大淀川の河口、もしくはフェリー乗り場横。
ここは俺は初めて来た、車を止める場所が難しくて、見習いローカルのKにちゃんの案内があってこそ入れるポイントだ。
整ったときには、突堤の先っちょの赤灯台からライトの波が超ロングライドらしいが、今日は遙かアウトで炸裂している波が、小さい入り江に入ってくときに、再シェィプして、小さいながらそれなりに乗れる波って感じ。


 この写真、Kにちゃんのせいで縮尺・遠近法がわかりにくいがセット腰腹。
ピークはだらだらやけど、TakeOffさえしたら、岸までどんどん前が張ってくる波がたくさんあって、波チェックしたときには「せっかく宮崎に来たし、TakeOffだけでも1本だけでいいからしておきたい」って程度の期待やったのに、けっこう乗れるね~ん、やっほ~(@^▽^@)♪
TakeOffの時、面ががたがたで苦労するけど、そこでちゃんと耐えると、いろいろと楽しめるねん!


 ここのポイントってギャラリーがいつも多いんですよってKにちゃんが言っているが、ほんまに次から次とポイントを見下ろす道路沿いにギャラリーが並ぶ。
かっちょ悪いことできないので、そうとうの気合いと集中力で持って、昔の試合出てたときのように、それなりにまとめながら、アクションを意識しつつ、乗るたんびにぜーぜーなるくらい演技した。
こういうサーフィンってスプリント系やねんな、おっちゃんには長い時間は無理です…なある意味ハードな波乗り。

 この写真、Kにちゃんの最後の1本をなんとか撮影したが、実はこの1本前のKにちゃんが乗った波がすばらしくいい波で、そしていい感じで乗り切ってた。
しかし撮影準備してなくって、慌ててカメラを用意したが間に合わず。
で、自分的にはタイムリミットぎりぎりに乗った波が、ほぼ完璧で満足しての脱水したのに、罪滅ぼし的に撮影のためだけに再入水して、この写真を撮った。
もう少し遠目に撮れてたら、波の良さも切り取れたのに、ともったいない写真になったが…、でもなんとか写真残せて良かった。
とにかく今日はKにちゃんのおかけで楽しい日になったっす。
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR