大阪サーファー的にはこれはトリップや無いねんけど、湘南サーファー的にはサーフトリップ2日目@東海


【126 Firewire POTATONATOR 6'0】予約した宿の選択が悪くて、宿周辺にはチェーン店系の店しか無くて、なくなく「赤から」…(ToT)
んで、今朝は昨日revengeで御朱印を頂きに2つの神社にお詣りしてから、坂下へ。
浜で見てる限り、オフショアに抑えられてサイズダウンしているし、地形とも潮とも合ってないのか、だらだらでワイドで、あんまり楽しくなさそう…、誰もいい波に乗ってないし…(ノД`)


 と、思いきや、西寄りのピークから割れてくる腰~腹のグーフィーがむちゃくちゃよくて、早いところ、たるいところ、上手くさばけばなんと100メートルくらい走れるねんっ(*⌒▽⌒*)
リップもあってあてに行けるし、オープンフェイスもあってがっつりカットバックからリエントリーも出来たり、ちょっと前が先割れしてもスープの下で上手く走り抜けたら、また前のセッションに抜けれるし、で、ほんまに笑えるくらいロングライドのファンライド、やべ~!
ほんま何本、ロングライドしたやろ、数えきれへんわ。
久し振りに乗りすぎて足がクタクタで、ロングパドルしすぎて背中も筋肉痛で、超満喫♪


 この「大阪サーファー的にはこれはトリップや無いねんけど、湘南サーファー的にはサーフトリップ@東海」に使ったレンタカーは、ホンダのフィット、「湘南」ナンバーの「わ」(笑)
この車は1300ccクラスのレンタカーとしては、サーファーにとって一番使いやすいと思う。(ショートボードがセカンドシート畳めばすっきりと収納、燃費も走行性能もいい、ラゲッジスペースに置いたポリタンから水を汲むときにちょうどいい壁)
その後、げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやかに寄って、1時間の待ち時間を耐えて、げんこつハンバーグを食したが、良い写真が撮れてなかったので画像無し。
2回目やからほかの、メニューに挑戦しようかとも思ったが、次にいつ来れるかわからんしな~、って消極的に再びげんこつハンバーグ、でもやっぱ美味いわ(o゜▽゜)o
スポンサーサイト

大阪サーファー的にはこれはトリップや無いねんけど、湘南サーファー的にはサーフトリップ@東海


【125 Firewire POTATONATOR 6'0】仕事お休みにしてちょっくらサーフトリップ、って大阪やとこれが普通の波乗りライフやったけど、海のそばに住むと地元の海を離れるのはトリップなんやなあ~。


 最初の目的地は、超久し振りに豊橋のT塚、強いオフショアで思いっ切り小さくなってしまうのでは無いかと心配したけど、腰~腹たまに胸と、なんとか波残ってくれた~♪


 南東のうねりでやや斜めに入ってきて、まとまりが無くて割れにくいが、うねりと地形がぴたっと合えば、すこぶるいい波があるのでけっこう楽しい。


 しかし海全体が東から西へ流れてるので、ぼーっとしてたら、すぐに「いこつか」まで流されてしまうので、基本的にず~っとパドリング、しんど~。



 もうパドリングするのやだ~、ってなるくらいまで波乗り楽しんでから、渥美たまご牧場に寄って、卵ご飯用に生みたての自然卵を購入しつつ、鶏とダチョウとしばし遊ぶ。
そしてロングビーチに移動して車を浜に駐めてから、てくてくとあの長い坂を歩き大松食堂へ、ビールを飲むから歩かなくてはならないのや~。
久し振りの大松食堂、今回の旅の大きな目的の一つかも知れない、ここでの食事が。
手羽先、名古屋でも名物ってことでいろいろな店で食べたが、自分的にはここの手羽先が最強やと思うねんな~、甘エビ、塩茹でしてあってたまご持ってるのもたくさん混じっていて、手がべたべたになりつつ食っても食っても減らないと嬉しい悲鳴を上げつつ美味し~、玉子焼きは甘くないってだけで嬉しい、最後に波乗り用にカロリー補給でおにぎりも~、満腹のほろ酔っぱらり~ん(*⌒▽⌒*)


 車でしばらく昼寝、昨日とは打って変わっての晴天で日差しが強くて、Fit(レンタカー)ではリアゲートを開けて少し風を入れないと、暑くて寝てられんっ、打って変わり方が激しすぎる昨日今日。
充分に酔いと眠気を覚ましてからの2ラウンド目はそのままロングビーチにて。


 昼寝しているうちに汐が上げてしまって、寝る前に見たアウトから割れてくる波はなくなっちまって、インサイドでほぼダンパーな波ばっかになってしまった(ToT)
ここでも南東のうねりがビーチに斜めに入って来るので、強いオフショアに抑えられて、たまに綺麗に割れるレフトの波だけが使えるので、流れと闘いながら、その波だけを選ぼうとする。
…が、けっこうボンガッシャーばっか選んでしまって、どんがらがった~ん、今日はこの辺で勘弁しといたろか…(__*)

昨日よりはちょっといい波になった御前崎2日目とさわやかげんこつハンバーグが美味すぎる件


【57 Firewire POTATONATOR 6'0】天気予報では雨はないはずだったのに、どういうわけか6月4日(土)に東海地方は梅雨入りで、御前崎は夜中に土砂降り~、テントを叩く雨音がうるさくて熟睡できない(`Д´)
で、朝起きたら、横殴りの雨だったようで、テーブルの下に置いといたバーナーと炭がびちょびちょ、火が点けられなくて朝ご飯を調理できない事態に。
しかたないんで速やかに撤収して、セブンイレブンにて朝飯購入、味気ない朝のスタート。
寝ているときに聞こえてた、海水浴場の波音が心持ち大きくなったような気がしていたから、ちょっと期待して浜へ。
本日も坂下、波は期待通りとまでは言えないけど少しだけサイズアップして、set腰、波数は少ないもののちゃんと張ってくるところがあって、それなりに走れて、昨日よりもロングライドもできる。


 足の傷は、肉の部分はほぼ引っ付いたが皮の厚みの分まだ開いていて、また開いて血が出たらいやだから、防水の絆創膏を5重くらいに貼りまくって入水。
結構混雑していたので、坂下と言うより坂の途中くらいの、誰もいないところ、インサイドの海底は砂浜と言うよりほぼリーフの状態の場所。
昨日のトラウマがあるので、とにかく極力、海底に足を着かないように波乗りしていたが、潮が引くにつれ、波乗っていたら、時々、ボトムに岩が顔を出す、ははは~、やべ~、な場面があって、冷や汗書きながらの波乗りやった。



 岩を気にしてびびってろくに波乗りできなかった初心者のために、その後、須々木のset膝に移動、自分は波乗りはせずに、キャンプ用品を全部並べて、とにかく乾燥させたり掃除したり。
そして帰り道、お昼ご飯は、以前におたんこなーすありっちゃに話しを聞いていた「炭焼きレストランさわやか吉田店」(静岡県榛原郡吉田町住吉696-1)にて、げんこつハンバーグっ!(250g)
「表面」は甘くこんがり、「中身」は肉汁たっぷりな、思いっきり肉粒感のあるハンバーグ、まさに大人のげんこつくらいの大きさなのが鉄板の上でジュージュー言いながらテーブルに運ばれてきて、目の前でスタッフの人がでっかいナイフで横半分にカット、それをでっかいフォークで鉄板に大胆に押しつけて仕上げの焼きを入れてくれる、もくもく~っ。
まさに血湧き、肉踊る、やばいほど美味しくてワイルドなハンバーグ、こんな美味しいハンバーグ、食べた事な~いっっっっ!満足じゃ~っっっっっっ!
晩ご飯は、なぶら市場で購入したさよりの干物、きたあかりっていうジャガイモをポテトサラダに、新タマネギはスライスして鰹節をまぶして醤油で、直売所で買ったゴールドラッシュっていうトウモロコシは湯がき立てと、湯がいたのを醤油を塗りながら香ばしく焼いたのと、それと金曜に代官町フィッシュファクトリーで買った塩辛を大根おろしで…、月曜が健康診断屋から21時以降飲食禁止なんで、むさぼり食う、むさぼり飲む!

波小さい御前崎で流血騒ぎ~


【56 Firewire POTATONATOR 6'0】波のない湘南に見切りをつけて、本日は御前崎にショートリップ…、そやのに御前崎も波な~い(ToT)


 坂下にて、波はsetもも、パワーないし、波数少ないし…、ってぶつぶつ言いながら波乗りしていたら、海底の岩に足を思いっきりヒットしてしまい、右足親指の付け根の所をざっくりと切ってしまった~(ToT)(ToT)
痛みはあんまりなかったので、ま、しゃーないと波乗りしていたら、思ったより流血が酷くて、波待ちしているときも傷口から血がドクドク流れ出しているのが見えるし。
これで鮫でも呼んじゃったら洒落ならんな~などと苦笑いしつつ、波乗り諦めて脱水したら、駐車場や水道の所を血の足跡だらけにしてしまい、気付いた人たちを騒然とさせてしまった、お騒がせしました。
しばらく圧迫して、止血と消毒のためにビールをグビグビ飲んだら、なんとか血は止まりました。(傷口・流血模様の写真はグロテスクなので自粛)



 足が痛くて運転できないので(嘘、治療のためビールを飲んだからやね~)、友人に運転させ、当初別の店に昼食行くつもりが、たまたま通りかかったこのお店「加多世食堂」ってのが気になって入店。
夜はほかの場所で居酒屋をやっているが、お昼だけのお店を開店させたのがこのお店だそうで、定食はメインを二つ選んで、茶碗蒸しと味噌汁が付いて税別1,000円。
自分はマグロ漬け丼とお刺身(お刺身はマグロとイサキ)を選択、かなり美味しかった~、この店の選択、大正解(*^^)v
そして夜はマリンパーク御前崎オートキャンプ場でキャンプ、なぶら市場で買い込んだイカやサザエなど魚介類と新鮮野菜をメインにしてBBQナイト。
そういえば関東に来て、BBQコンロやテーブルとかを使うの初めてだ。
あんだけ毎週大活躍していたのにね~、ほんとライフスタイルが、この4年近く、ずいぶんと変わってしまったという事をしみじみ感じた。
んで、このキャンプ場、だだ広いのに、そして土曜なのに、利用者はうちら含めて2組だけ、静かでいいがちょっと寂しかった。

食いすぎの伊豆下田、しかし寒すぎた~


【130 Firewire POTATONATOR 6'0】波がまったく見えなくなるまで波乗りして、温泉に浸かり、そして晩飯~(#^.^#)
今回は「【金目鯛+あわび+伊勢海老付き】お得な3大味覚満喫プラン」だもんで、伊勢海老のお刺身に、アワビのバター焼きに(残念ながら活けの残酷焼きではなかった)、金目鯛の煮つけ、お~tたっぷり伊豆や~!


 そのほかビンチョウマグロ・むつ・青鯛のお刺身をはじめ、大量の皿数、ま、これは一般的なホテルの会席料理のレベルなんだが、ま、それは仕方ないとして、このホテル、各自3枚、選べるお料理カードが配布されており、金目鯛の握り・イカそうめん・天ぷら・サザエのつぼ焼き・茶わん蒸し・デザートが(基本的目の前で調理)、うん、このサービスはいい!
そして仕上げはサクラエビの釜めし(これもテーブルで火を入れる)と先ほどの伊勢海老の頭を使ったお味噌汁、この釜めし、自分の最後の1膳はお茶づけにして~♪


 そして今日の白浜、風はやはり弱いながらも東風のオンショア、波は腰、コンディションはどこも同じようなので、ホテルから直行で入水。


 白浜ね~、ここはほんと水はきれいなんだけどね~、雨も降ってきたし、気温も低く、寒い寒い、テンション上がらね~!
ポリタンのお湯がうれしい季節って、ちょっとまだ早いやろ~(;一_一)


 冷えた身体を強制的に温めるべく、スパイスドッグにてカレー、本日はチキンカレー・キーマカレー・えびのココナッツミルクカレー、はい、ちゃんと汗だく。


 寒くて波悪くてもう波乗りはいいや~ってことで帰路に就く、途中の林道ドライブも含めてなぜか最近はまりにはまっている旧天城トンネルに寄って…


 浄蓮の滝でマイナスイオンを吸収し、天城越えを口ずさみ、擦り立てワサビトッピングのアイスクリームを食べ、そして大磯まで帰ってきて、生シラス丼などなどを食し、伊豆トリップ終了、よ~飲んだわ~食ったわ~ =^_^=

mitsuちゃんのいない下田~、むやみに広すぎて落ち着かない宿~、ありゃ~~??


【129 Firewire POTATONATOR 6'0】伊豆下田に遠征、でもmitsuちゃんはもう下田にいな~い(T_T)
高気圧の縁の東風により、湘南より波あるかな~と思って来たけど、その東風が吹いてしまって、あかん、オンショアにより面割るし~。
サイドになる大浜が一番ましかな~、腰~腹のばにゃばにゃ~、でも堤防脇は長いグーフィーと、短いけど張ってくるレギュラーが、ときどき入ってきて、なかなか遊べた~♪


 さてさてお昼ご飯、この時期の下田は、白浜地区の名産・サンマを甘酢でしめたサンマ寿司が旬ってことで「サンマ寿司祭り」絶賛開催中なんだそうだ!
んなら食ってやろう、ってことで店を物色した結果、選んだのは「寿々女鮨」(静岡県下田市三丁目3-17 0558-22-0183)。
昭和20年創業、下田の町に古くからあるお鮨屋さんだそうで、店構えも店内も思いっ切り昭和~!
ビールを注文してもしなくても振る舞われるお通しは(でも無料)ブリ大根(いか入り)、このブリ大根の味がなんか関西風、なんで??


 握りは「地魚寿司2,000円」を選択、赤身・トコブシ・甘エビ・カンパチ・穴子・イカ・金目鯛はいつも2貫なんだが今回はいいヒラメが入ったからと1貫はヒラメに変更、ってには喧嘩の元になって困るので金目鯛はもう1貫追加。
そして本日のメインイベントはサンマの押し寿司は、8貫でってか1本で、破格の500円!
さて、ここの大将、耳が遠くてお母さんの通訳なくして会話は出来ないが、いろいろ聞いてみると、なんと大阪は交野出身、自分の大阪の家の隣町、自分は飲んだことないというかそんな酒があるのも知らなかったが「片野桜」という酒蔵で奉公した後、船乗りに(調理をしていたそうだ)。
それからこの寿々女鮨の創業者に弟子入りし、奥さんとともに夫婦養子となってお店を継いだとのこと。
子供3人は店を継いでくれないが、今、調理学校に行っている26歳の孫が、店を継ぎたいという希望を持っているようで、さてさてどうなるか~ってこと。
ばあちゃんとしては、継いで欲しいとも思いつつ、こんな寂れたお店を継がすのは忍びないという思いが交錯中だそうだ。
各テーブルに置いてあってご自由にの梅干しのようにしわくちゃながら味のあるご夫婦の寿司屋さん、次はぜひ夜にしっかりと飲みに来たいなあ~。


 今回の御宿は「下田温泉 ホテル伊豆急」。
ほんとはmitsuちゃんのご縁でなんどもお世話になってきたペンションアクアに泊まるつもりだったが、電話したら会話が噛み合わない、なんでって訝しがってたら、なんとお父さんお母さん息子さんは、今年の2月に宿の経営を人に譲ってしまったらしい!
んで、波乗りに便利なロケーションだし私鉄系のこのホテルを選んだのだが、実は白波嫁がここの偉い方とお知り合いってことを知っていたので、「ちょっとよろしくね~」ってお願いしたら、なぜかお部屋はむちゃくちゃ広くて豪華な「特別室」にグレードアップ、俺の平塚の部屋よりずっと広い、やべ~、広すぎて落ち着かな~い、小心者な俺~!(;゜ロ゜)
部屋にチェックイン後、真っ暗になって波が見えなくなるまで2ラウンド目、波はもも~腰のオンショアばにゃばにゃ、アウトの波はほとんど使えなくて、インサイドの小さめがなんとか張ってくるので遊べるって感じ、ま、しゃあないな~。

小波を卒業したいN美のスクールのはずやったけどね~(;゜ロ゜)


【107 Firewire POTATONATOR 6'0】最近のうちのサーフィンスクール生徒、某K地連N美が湘南に来た。
が、今回のスクールのテーマは胸肩くらいの海でカレント、ピーク、
波の変化、地形、潮、などをレクチャー。
あいにくこのテーマに合うサイズの波は今日の湘南にはないので、静岡県は伊東の宇佐美ポイントまで遠征。


 胸set肩、しかしほとんどがダンパーで、しかもカレントが大きくて、ポジションキープがパドル地獄。
でも選んで選んで切れ目から乗ると、深いボトムターンから一発芸、もしくは抜けれないけどチューブに突っ込む感じの波なので、それなりにおもろい。
しかしながら、N美、ゲッティングアウトにはまり、せっかく出ても台風17号の名残のでかセットが入って掃除機され、頑張って再び出てもカレントにはまって再び掃除機setに絡め取られ…。


 乗れなきゃ練習にならんやん!
ってことで移動、宇佐美海岸の北側のビーチのリーフピークのところ、set腹ながらレギュラーが綺麗に割れているので、かなりやれる。
サイズは下がったが、リーフでペロッと割れるピークから、張ってくる波もあってそれなりにアクションも入れつつ、走れるねん、Fun♪
N美、あっちでははまりまくっていたのに、こっちに移動した直後に、いいのに乗っていった(*^▽^*)よっしゃー!


 コンビニでさくっと昼飯をゲットして、N美、再び入水。
突っ込みどころ満載なので、おしっこ、したくなったし、追いかけて入水しようと思ったら…。
センターフィン折れちゃった!
っつーか、折れちゃってたが正しい、ぜんぜん気付いてなかった(;゜ロ゜)
なくてもいいやん(苦笑)
ちゅーか、今日知ったが、センターフィンが無いとTakeOffが遅くなる、トップで板を返すときに起点が無くて板が揺れる、てなことを感じた。
しかし、そもそもプラグが無事でよかったよ~、やっかいなことにならなくて助かった。


 日暮まで波乗りして、平塚まで返ってきてから、酒を飲まないN美なので、このまま居酒屋からっとにゲッティングアウトや~。
太刀魚とサンマの刺身、アジフライ、海藻山盛りサラダ、イカのなめろう、釜揚げシラスと地元海苔のご飯とついでにN美の微乳。
仕事の話しと身体を鍛えるお話しと食生活と、そして波乗りの話しばっかしていた本日終了、楽しかった(*^▽^*)

酔っ払いで波乗りならず~な下田朝一Surfing


【13 Firewire POTATONATOR 6'0】朝食前にホテル前の多々戸浜は、セットで胸あるかないか。
かなり酔っ払いで波乗りなら~ん、あかんや~んっ(__*)


 酩酊でなかったら楽しい波やのに、あか~ん、よっぱらり~んσ(^◇^;)


 下田海中水族館の、他の水族館とはなんかちょっと趣が違う、イルカ・アザラシ・アシカたちのショーを楽しんだ後に、下田定番のランチはスパイスドッグにてカレーやし。


 そして部屋に帰ってきてからは、伊豆下田小木曽商店で買って帰ってきた干物パーティやし~っv(*^▽^*)v
やっぱり~乾杯やね~っ( ^_^)/□☆□\(^_^ )♪

久しぶりの伊豆Tripはなんかうっかりいいホテルに泊まっちゃった~(;゜ロ゜)


【12 Firewire POTATONATOR 6'0】今日は伊豆下田Trip~、Trip久しぶり~、嬉しい~♪(ん?年末、高知行ったな、ま、いい)
とりあえず「上の山亭」(静岡県下田市柿崎645-11)にて、この店一番のあじのタタキ丼と、下田初心者が喜ぶ金目鯛コロッケと(大将が斤目の味がわからんかったらあかん、うちのはしっかり金目鯛入れてる、他の店のはほとんど金目鯛入ってへんってなんか憤りながら説明してくれた)、となりのおっちゃんが食べてて惹かれてしまった天丼、食ったった~(*^o^*)、


 夕方に多々戸浜にて入水、波は胸~肩、カレントが強くてポジションキープが面倒臭くてずーっとパドリング。
でもいいところから乗れたらしっかりしたいい波~。


 しかしここんとこなんでか原因不明の(変えたこと、変わったことがあるからそれかも知れないけど)体重減少があって(11月頃まで83kgやったのに昨日測ったら77㎏を切ってた、これはこの20年間では最軽量、なんで?)、こんなしっかりした波だと、Firewire POTATONATOR 6'0はむちゃくちゃオーバーフロー。
板を沈めることが出来なくて、まるでロングボード、もうほんまコントロール不能。


 今日の宿はなんと「下田温泉 下田大和館」、びっくり~、俺としたことが~(;゜ロ゜)


 しかし最高のロケーションの御宿、プライスレス~やね~(o゜▽゜)o


 食事も美味しくて、接客とか部屋とか施設とか、そして細々とした気配りがいっぱいやし、いいわ~、ここ~♪

まともに乗れないままの波乗りから8年ブランクあるうちの職場の若い子をなんとか立たせた御前崎

【65 Firewire POTATONATOR 6'0"】今の職場の若い子が、俺が赴任されたときに、「実は僕も昔波乗りしていたのですよ、Hさん来られたのを機にまたやってみようかなあ」と言い出してから1年10ヶ月が経過、お愛想で言ってるだけか~と思っていた。
ま、彼も新婚さんで、そして昨年、子供が産まれたとこで、なかなか自分の時間はままにならないだろうな~という事情も理解しつつ。
すると5月に、「やっぱり波乗りしたいです、お願いします」というから6月末に日程を決めたけど、彼が仕事ぼこぼこに抱えてしまって、心身ともにおんぼろのくたくたのボロ雑巾になっていたので延期。
ようやくその仕事の大きな波を乗り換えたようで、やはりほんとうの波を乗り越えたいと、「すんません、もう一度、海に連れて行ってくれる日を調整させてください」と言ってきた。
ちゅうことで本日、御前崎に連れて行った。
湘南でももちろん良かったけど、空いている海の方がいいなと思ったし、そして今日の湘南はまったく波がなかったし、ってことで。
朝の4時にうちに来てもらって、荷物を積み込んで出発(波乗りにいる道具が何かまったく知っていないようだった)。
うちから御前崎まで2時間ちょい、とりあえず朝ご飯だとすき家に行ってみるがブラック企業ならではの要員不足で、24時間営業でなくなっていてまだ開いていない、しかたなく朝マックにピットイン。(大阪人はマクドと言うが朝マックは朝マック)
彼氏のとこに来ているY子に連絡するが、熟熟女の域に達してお疲れなのか、昨夜が激しかったからか、早起きが苦手なようなので反応なし、とりあえず「シャークではいる」とだけメッセを残しておく。


 波は腰腹、インサイドでソリッドな波が立っているところと、流れが入っているが砂が付いてメローなところとある、これなら8年ぶりサーファー(実力はまったく不明)にも大丈夫そうだってことで入水することに。
彼が使っていたという板を見てみると、ぺらぺらのスリムなロッカーそりそりのレーサーレプリカの様な6'3"、「こんな板乗れるか~!」ってことで、俺のファットボードを使わしてみる。(とにかくショートにこだわりたいとのたまうので)
そんな彼の傲慢な姿勢に海の神様が怒ったのか、自分たちが入ったときには、さっきあったメローな波はどっかに消えてしまって、流れもさらに複雑になり、8年ぶりサーファーにはかなり危険なコンディションになっている、俺的には楽しいのだけど、45分間で脱水しておく。


 御前崎坂下に移動(Y子が彼氏の車で来た場合、一番、安心して駐められるからということでこの駐車場を熱烈指定されたため)、御前崎もやはり腰~腹、海に向かって右の方の波がメローなので、8年ぶりサーファーにはそこで練習するようにと指示して、俺はしばらくY子と最近の大阪「長老と愉快な仲間たち」人間模様の情報収集。
で、ぼちぼちと着替えてからやつを追っかけて海に入ってみると、そのあたりは海底の砂が全くなくなっていて岩が剥き出し、そして急に吹き出したオン風にあおられて波もホレホレでサイズアップ、初心者にはそうとう危険な状況になっている。何本か乗ってみたけど、俺的には腹波ながらがぼっとピークが△に盛り上がって楽しいんやけど、初心者にはTakeOffはきっと刺さりまくるし、海底の岩も心配だ、彼を怪我させてしまうと、俺の仕事にも大迷惑なので、入る場所の変更をする。
メインの方まで歩いて、メローな波のところで再入水、先に俺が入ってみるが、ここならインサイドが深くて岩の影響はなし、アウトで満ちた潮でだらーっと割れる波にチャレンジすればいい練習になるぞと確信、彼も入らせる。
自分の乗った2本の波はだれだれながらうまく板をコントロールすればロングライド出来るのでこれはこれで楽しい♪
彼にアドバイスしながら「がんばれよ~」って応援していたら、またまたコンディション変化、今度は稲光が走ってごろごろと雷が大活躍しだした!(; ̄O ̄)
8年ぶりサーファーなうちの子が海に入ったとたん、なんで、いちいち、急にコンディションが悪くなるねん、海の神様に嫌われているのか、やつはっ疑惑やっ!?


 あ~、もう、とにかく、すね~膝でも、なんでもいいやと、投げやりになって東面に移動。
須々木の水門へ行ってみると、膝~モモの「ずいぶん安全そうな波になりましたね~」と8年ぶりサーファーに言わしめてしまうような波、とにかくここで、彼のEDを克服させよう。
BINGO~!この写真は波に取り残されているが、なんとか2本、やつをちゃんと波に乗せてしっかり走らすことが出来た~~~っ(*^^)v

 なんとか本日のMission、Overじゃ~!v(*゚▽゚*)v♪
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR