妻に、今まで一緒に旅行行ったところで、再び行きたいところはどこって聞くと、「北海道、特に函館」って言う函館に出張だった



 昨日から今日は函館への出張だった、昼飯に寄った函館朝市で買った生で食べれる「とうきび」をビジネスバックに詰め込んで向かった仕事一つ目は、函館市企画部計画推進室との「函館市地域公共交通網形成計画」についての意見交換、写真は歓迎のご挨拶を戴いた小林企画部長。
函館市との意見交換では、「地域公共交通網形成計画は作成したが、地域公共交通再編実施計画については当市としてはメリットがなく、逆にデメリットと感じる点があって国土交通大臣認定を受けるつもりはない」という説明があったところに慟哭。
今までこのような対応は聞いたことがないので、この会議では深掘りしなかったが、どこに問題があるのか、担当者とうちの局長が、事後で情報交換しながら、その点について2人で議論、これは整理して、今後の制度政策要求に反映していかなくてはならないと確信した。
その後、全自交の函館タクシーさんの会議室をお借りしての第4回交運労協ハイタク部会が二つ目のお仕事、適当でいいやんとみんなが思っていたが、事務局次長は一切の容赦なく、徹底的に報告事項・協議事項をこなす。


 ちなみにお昼ご飯は、朝市 恵比寿屋食堂にて、食した「いか・いくら・うにの三色丼」♪



 函館天然温泉ルートイングランティア函館五稜郭にCheck Inしてからの懇親会は「いか太郎 総本店」(北海道函館市本町4−16)…、この店構え見たら、観光客としては絶対に避けたい佇まい…、メニューとか店の中の雰囲気とか店員さんのマニュアルっぽい対応とか見てても、どうもダメなチェーン店系で、テンション下がるが…。
しかしうちの札幌上司はこのお店は侮れないという…、ほんま?
いきなり出てきたのは、海苔巻きおにぎり、なんでやねん!?(これについては後述)


 お刺身の盛り合わせ、ツブ貝・トリ貝・エンガワがめっちゃ美味い~、自分は大阪や関東で食べるサーモンはぶよぶよで何の味もしなくて苦手やねんけどさすが北海道のはまったく別物で味わい深くて貪り食ってもうた、マグロはなんで大トロと中トロのあいだぐらいのが惜しみもなく山盛りに大皿盛り合わせに載ってるの、タコが奪い合いになった、などなど驚きすぎる、侮れない、イカ太郎!


 活イカ(いけいかではない、かついか、シーズンに入ったばっかのまいか)、甘いっ、甘過ぎる、蕩けるこりこり!「いがー!」(≧▽≦)



 カワハギはわたを載っけてポン酢で(珍味過ぎる!)、カツオのたたきは塩で(美味しかったけど。でも、これはちょっとちゃう)、豚ネギマ(って、なんで?)、さっきの活イカのゲソはお刺身で(舌に吸い付くよ~、あっは~んっ)



 ざんぎ(笑)、クロソイの煮付け、やばいやばいやばい、美味い美味い美味い、貪った、身はもとろん、エンガワ、骨をほじくって、エラの裏側から、顔面もほっぺたにあごにお目々に、すべての部位を食った食いまくったっ!
皆の出方をうかがって、最初は遠慮していたが、どうも大丈夫なようなので、突っつきまくったった~、あ~、白飯が欲しいっ!
J労の委員長が、「まだイカが細いので」ってさらに活イカを振る舞ってくれたので、そのゲソは今度は焼いてもらった、これもいいな~。
さて、最初に出てきて「なんで!?」って度肝を抜かれたおにぎりやけど、みんなが美味い美味いって食ってるから、「こんなん食ったら肝心の料理が食べれへんやん」て訝っていたが、しかし、あんまりみんなが美味しそうに食ってるんで、ちょっと囓ってみたら…!
焼いた鮭が具で、米がもちもちで甘くて、そしてなんと言っても磯海苔が香ばしくて美味すぎて、一口囓ってしまったら虜になってしまったやん!
なんでおにぎり?って尋ねると、若い人達は仕事を頑張ってくたくたの腹ぺこで飲みに来るからこれで人心地ついてもらうのだとのこと。
あまりにも美味しかったから、レジで売っていた、このおにぎりに使われている海苔をついつい買ってしまったやん!
聞くと、追加の活イカと、サービスしてくれた「クロソイの煮付け」以外のこの料理は、飲み放題付けて、4000円なんだそうだが、これはありえないやろ~!?(゜ロ゜)
仕上げは、逢坂誠二議員の秘書(本日はセッティングや随行ありがとうございました)に案内してもらったラーメン屋さんにて塩ラーメン…、ってもう食えないねんけど( ̄0 ̄)



 函館2日目、全自交の函館タクシーさんが用意してくれたアルファードのハイヤーで上ノ国町役場へ。
工藤上ノ国町長と、交通政策についての意見交換、町長は、「当町にはタクシー会社が1社だけ有るがいつの間にやら営業は朝6時か7時から24時までとなっていた。もちろんバスがない時間で、急を要する移動の必要があっても、近所の人にも頼ることが出来ずに、足が失われている現状。過疎化と高齢化が進んでいる中、タクシーは民間に任していいという時代ではなく、社会インフラだと思っている。当町のタクシーが町民の足として24時間機能するよう、積極的に対策することが急務だと思っている。防災対策で堤防に金を掛けて作っても、その災害が来ないと、何のために金をつぎ込んだのかと言われるかも知れない。しかしその掛け捨て保険的な対策が行政だ。それと同じことがタクシーにも言える。タクシーという社会インフラを守ることに、掛け捨て保険的に資金投入することは同様の意味がある。」と語った。
われわれも、全国の様々な事例を紹介しながら、議論を交わし、今後も情報交換をしていきたいと意見交換を締めくくったが、たいへん、貴重な時間を得た。
今回の意見交換で明らかになった課題は、交運労協として、施策制度要求に活かしていきたいし、タクシー議連などとの議論を通じて、実効性ある制度を作っていきたい、と強く感じた、工藤町長、ほんとにありがとうございました。
行程としては今回の出張の公務は終わりなので、江差の追分会館にある「れすとらん江差家」にて昼食兼反省会やねんけど、飲むわな~、まずはニシンの甘露煮から~( ^_^)/□☆□\(^_^ )



 地元の数の子に、ニシンのマリネに、これは絶対に食べておかなあかん「にしんそば」、お出汁の昆布の効き方が半端なくて、その出汁の味を活かすためか控えめな醤油で、関西人涙腺崩壊するほどの美味か出汁!
とろろ昆布がさらに旨味を倍増、なんなん、このとろろ昆布、あり得ない美味さっ!(後でどこで買えますかって尋ねたが、「?」ってことだった…、残念すぎる!) 



 函館空港に着いて、カーリング女子のLS北見のおやつタイムで有名になったチーズケーキ「赤いサイロ」やRoyceのチョコレートなどを妻や娘のために買い込んで(お土産買えるの嬉しいねん、単身赴任者は!!)、さらに飲むっ( ^_^)/□☆□\(^_^ )
じゃがバタ(withイカの塩辛)やコマイは食べとかなあかんし、イカめしもか?(これはどうでもええねんけど)。
で、東京に戻るねんけど、ANAのはずが、共同運航便のAir Doの機材になっとる。
なんか騙された気分やねんけど…、機内設備やCAさんのサービスと安全意識の差が不満やし、そもそも安全性に疑問を持っていて、移動で選ぶキャリアはLCCを選択しないのに、なんでなん…( ̄△ ̄)
実際に乗ってみて、安全に関する不安と不信は増強された。


 妻に、今まで一緒に旅行行ったところで、再び行きたいところはどこって聞くと、「北海道、特に函館」って言うが(妻とは2012年9月に函館を旅した)、自分も好きな函館に2回目は仕事にての訪問で、飲んだくれたが一切観光はなかったのに、やっぱりいいところだな~って思う。
また、、妻と来たいなって、改めて確信したっ(@^▽^@)(サーフボードを持ってね、今回は函館市街東側の浜で腰くらいの波が割れてたのよ)

   

スポンサーサイト

生まれて初めての一泊人間ドックやったけど、もう二度と受けたくない(T-T)


 今日と明日は、北海道は函館に出張中、今月2回目の北海道出張、過去5年間、一回もなかったのに。
ところで、この月曜と火曜は、生まれて初めての一泊人間ドックだった。
前日、食事は21時まで、水分は摂ってもいいってことだったので、23時過ぎに寝るまで飲んだくれていた~☆□\(^_^ )
朝飯食べないと、まったく目が覚めなくて動けなくて死ぬほどストレス溜まるタイプなので、初日午前中は、朝飯抜いた意味があるのかってな検診内容ってこともあって、めっちゃご機嫌斜め。
とてつもなくすっごく綺麗な職員さんが担当してくれて、近視なのか妙に顔が近いもんやから、ドキドキで心電図や血圧に影響が心配やねんけど、しかしお腹が減りすぎて、そんなことより、とにかく「いいから、早く飯食わせろ」ってな欲望が勝ってる。
マズローの欲求5段階説を、しみじみ体感する…。
ちなみにこれがやっとありついた昼ご飯、美味しかったけど、かなりの量、これで何カロリーなんやろ!



 午前中はけっこう検査項目が詰まっていて忙しかったが、それでも部屋に帰って時間潰しの時間があった。
しかし午後は半分くらい部屋で時間潰し、2日目なんて、1時間くらいしか検査が無くて、ずっと部屋でボーッとさせられた、こんなん詰めたら一泊せんでも一日で終わるやん(T-T)
日帰りドックでオプション詰め込んだ方がいいのかも。


 2日目の昼ご飯はなんとステーキ、脂身多くてめっちゃ身体に悪そうやねんけど(笑)
今回は、昨年初めて受けた胃カメラを、鼻からのにしてみた、脳ドックをオプションで選択して初めて受けた、検査ととして口腔・眼底などなど、今まで受けたことがない項目多数、あ~しんど。


 目の検査で「網膜裂孔」があって要治療とのこと。
ちょっと前に、飛蚊症があって眼科で見てもらったら、軽いんで経過を観ましょうと言われ、そのうち消えたから、安心していたんやけどなあ。
先生に「すぐに治療が必要、激しい運動、例えば『走る』とかはダメです」と言われたが「波乗りは?」って聞くのは藪蛇になるので封印。
で、すぐにって言われたので治療の予約を入れてみたら、7月中旬になったが、ええのか?

 総コレステロールは相変わらず数値悪くて、今回は中性脂肪の数値が跳ね上がってる、γGTPは順調に右肩上がり…、しかしエコー検査では肝臓に脂肪が付いているようには見えないし腫瘍マーカーの数字を見ても心配は無い模様。
しかしとにかく酒は適量に、休肝日を作りなさいって、めっちゃ怒られた。

 胃カメラでは、去年、逆流性食道炎が要治療になったが放置してた、今年もあるが「どう?」って聞かれて、胸焼けなんかほんま無いです、前回もそう言ったのですけど、って言ったら、「そうだね、今回は要経過観察にしておこうか」ってこと、なんやねんヽ(゜Д゜)ノ

 脳MRIについての言及はなかったが、画像も見せてもらえなかったし、間に合わなかったのか?
とにかくその他については、まったくの健康体とのことでした…。
酒量、どうしようか~(ーー;)

    

日暮れ前波乗り、平塚生コンからコート前で、こんな河口っぽい波になるのは珍しいな


【55 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】昨日はまさかまさかで日本が勝ってしまった~っ(@^▽^@)
日本の勝因は、後半14分にハメス・ロドリゲスを投入したコロンビア監督の采配やった!!
レッドカードとPKを取った序盤の大迫と香川のプレーが大きかったが、しかしその後、日本は数的優位をまったく活かせない状況が続いた。
しかし、明らかにコンディションが悪く、守備にほとんど貢献できないハメスのおかげで、ようやく数的優位という状況を活かせた、これで実質、11対9。
それで日本はビルドアップでほとんど相手のプレッシャーがなくなり、コロンビアが攻撃を開始する位置も低くなったため、ブロックを組みながら対応することができたことによって、ボールを回せることが出来るようになり、そしてコロンビアの体力を奪うことが出来た。
で、大迫の決勝点につながったのだろう、と思う、大迫、半端ね~(笑)

 W杯の試合は、いつも、録画出来る限り、結果を知っていても全部観るようにしているねんけど、なんせ結果ではわからない、内容があるから。
今のところのベストマッチはポルトガルvsスペインなのは言うまでも無い、メキシコvsドイツも内容が濃くて負けたけどドイツを侮るなかれやんね、アルゼンチンはメッシがいる限りあかんね、韓国は間違いなく日本より強い、ロシアは最もランキングが低いのに2戦圧勝って話題になっているがそれは開催国のためにランキングポイントを稼げなかっただけで、相手にも恵まれているのってのもあるけどかなり強い気がする(モチベーションも高いし)。
今まで観た試合の中で、日本ほどパス回しでミスして相手にボールを渡してしまってるチームがいないってのが気になる…。


 で、本題の本日の波乗り、4時15分に起きたので、潮が多くて割れにくいが「腿」くらいの波に乗りに行こうかと思ったけど。
でも本日の仕事の予定なら日暮れ前に直帰して、暗くなる前にちょっとだけ波乗り出来るはずやし、その方がオンショアの風が吹いてるかも知れないが、サイズはありそうな気がするので、そっちを選んで二度寝したった(-_-)zzz


 本日は連合本部で、午前中は「第1回税制改革基本大綱検討プロジェクトチーム」と引き続きの経済政策小委員会、税制って苦手分野や~(ーー;)
いや、消費税の社会保障安定財源化や自動車関係諸税の問題など、各論的にはうちの産別も思いがあるが、総論的には組織内議論が弱いし…。
午後は「第8回環境・社会政策小委員会」で、さらに学習会として、国土交通省住宅局の佐々木住宅局住宅企画官を招いての「最近の住宅政策について」の講演、個人的には気になるが、うちの産業別労組としては…(-_- )
って、そんな1日を終えて、事務所に帰らず直帰して、浜へ。


 波は、腰~腹、吹くと思っていた南方向のオンショアは吹かず面ツル、ただしピーク掘れて早くて張り張り~、平塚の生コン~コート前では珍しい、河口の波のようなピーク。
パワーは無いけど、ピーク張ってくれるので、切れ目から行ったつもりが思いがけずにバーンって掘れるので、Takeoffはなかなかスリリング(o゜∀゜o)
ラインナップで会う人と、「波、ずっとありますね~、6月ですのにね~(*^▽^*)」って言葉を交わす、みんなニコニコ~(*^O^*)
最初、ビーチラグビーのコート前当たりで入ったが、潮引いてくるにつれショアブレイクになってきたので、マンション前とのあいだくらいへ。
レギュラーは途中深くなって、最初の一発入れる後は波が無くなってしまうが、グーフィーは岸まで3発くらいまでOK♪
ま、CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0やからゆる~い3発やけど( ̄∇ ̄)
16時過ぎのビーコミんの波情報では「もも~腰」やってんけど、なんやったんやろ、それ見てノーズライドの練習をしようと思ってCATCH SURF ODYSEA LOG 7'0を選択してんけど。
でも、楽しかった~♪♪

     

おかげさまで大阪の家族は無事でした、で、一泊人間ドックから帰ってきて、海に慰めてもらった台風6号の残り波

【58 Firewire Jetonator 5'11"】昨日から今日は生まれて初めての一泊人間ドック、で、その受付をしている最中に、大阪北部を震源とする地震のニュースが入ってきた!
家族らと連絡が取りたいが、なかなかその隙が、で、一段落した頃にようやく妻と連絡が取れた。
おかげさまで、妻も、長女家族も、無事で、家財の被害は、長女の家のテレビがちゃんと固定していなかったせいで壊れたことだけ。
あと、妻が家に引き返したら、洗面所のものが落ちて、蛇口レバーにあたったようで、水が出っぱなしになってたが、水浸しにはなっていなかったとのこと。
なお、私の出身の労働組合の組合員とその家族にも人的被害はなかったとのこと(家屋や家財の被害については集約中)。
被災された皆さんが、一日でも早く、日常が戻ってきますように…、これ以上、被害が拡大しませんように…。



 ところで一泊人間ドックの1日目が終わって「晩ご飯は不要です!」ときっぱり宣言して、近所の菊寿司へ。
2日目のための注意書きには「21時から食事はダメ、水分は水のみ」、「24時以降は水もダメ」、ってことで、お酒を飲んだらダメとはどこにも書いていないので♪
突き出しから~の(この煮こごりのがめっちゃおいしかったが詳細を聞くのを忘れた、大阪の地震被害で大阪出身の板前さんと話し込んでた)、おつまみ何がありますか、って聞いて薦められた、ゲソの焼いたのと、穴子の焼いたのをいただいて、ちびりちびりビールを飲む、この頃はワールドカップネタで話し盛り上がる。



 本日の一押しは?「今日はいい岩牡蠣があります。ただし大きいですよ。」、大丈夫、今日はいつもと違って朝ご飯分1食足りないので食べれます!うひょひょ~こりこりのとってもミルク~(@^▽^@)
焼き魚は何がいいですか?「いい『たかべ』が入ってます、伊豆諸島で獲れる、関東の夏の風物詩の貴重な魚です。黄色い線が特徴ですが、死んじゃうと消えちゃうんですよね。わかりますか、まだ微かに色見えるでしょ。生食には向かなくて、塩焼きが抜群なんですよ。」、ぜひぜひっ!お、脂のってますね、しかも上品だ、さっぱりしているのにこの脂のおかげで旨味倍増やんっ!、「そうなんですよ、今日のは脂ののりかたがいいですよね。」
仕上げは「上寿司」で…、満腹すぎて人間ドック1日目頑張ったご褒美に「特上」って誓っていたが、味わえる自信がない、しかしご褒美やから、無理して「上」。


 人間ドック結果、いろいろと悩ましいことがあって落ち込みながら帰宅、海に慰めてもらおうっと…(__*)
ってことで最初、ビーチパークに行ってみたが、いやいや、一番の方が良さそうなんで移動してから入水。
温帯低気圧に変わった台風6号GAEMI(ケーミー)の残り波だ。


 胸たまのset肩、弱いけどオンショアの風が吹いていて、うねりはしっかりしているけど、割れるときはけっこうユラユラ~で、ラフな割れ方をしてくる。


 Takeoffの瞬間にはいい波かどうか当てもん状態やけど、運良くいい波に当たれば乗り代ある楽し波。
ちなみに自分には当たり波、ちょっと少なめやったかな~(´・ω・`)
ちゅうより、今日の波乗りは、とっても肺が辛くてゼーゼー息切れからの回復が遅い、波に乗るときの瞬発系は問題ないけど、持久力系が大問題、こんなしんどいのってやばいねんけどっ!
人間ドックで、様々な器官が疲労しきっているのか?
やから、病院嫌いやねん、絶対に病院が病気を作って、身体を悪くする原因になってるねんって!(*`Д´*)

    

長女から「父の日」プレゼントが届いて狂喜乱舞な父は、昨日の波が残って小波FunWave♪


【57 Firewire Jetonator 5'11"】昨日の波が何とか残って、腰~腹。


 さほど張らないけど、切れ目から落とせば、ライトもレフトも、ショアブレイクまで走りまくれる~(@^▽^@)


 ただ、とっても混雑していて、少しでも人と競らなくていいところを求めて、コート前から黒いマンション前のあいだを、右に左にうろうろ~漂流。
その甲斐あって、けっこな本数、乗りまくった、昨日が数乗れなくて不完全燃焼やったから、波は小さいが、数で満喫~♪
今日はショートボードを選択したけど、でも、レトロフィッシュ、ミニロング、そしてCatchSurfログ、どの板でもそれぞれの楽しさがある感じ。
バイクで浜まで行っているから、どれか一本を選ぶんやけど、今日の波ではミニロングでフィンレスをしたい波やったり、昨日の波ならCatchSurfログやらレトロフィッシュも楽しかったりするし、ほんま板の使い分けをどうにか考えたいな。


 友人は、もっとも安心して練習になるコンディションで、安心して楽しく頑張っていたおかげで、こんなスーパーテクニックを披露(笑)


 長女から、父の日プレゼントが届いた、「お父さん、ありがとう」は飛び出す絵本方式!
どういう風の吹き回しやろ、嬉しいやら不安やら…(^0^;)

    

日本の南を通過した、前線を伴った低気圧が、湘南に波を送り届けてくれた!しかし、自分にとっては、明暗ありすぎな波乗りやったわ~(;゜ロ゜)


【56 Firewire Jetonator 5'11"】日本の南を通過した、前線を伴った低気圧が、湘南に波を送り届けてくれた!
干潮頃に入水した平塚は胸~肩、めっちゃたまに頭もありか~♪
コート前入水、ラインナップ行って、即にいいレフトに乗れて、「♪」Surfing、当てれて、でっかいランドハウスカットバック出来てReentryも当社比でスプレー飛ばせて、インサイドにぐりぐり走って、Finishはコースターするつもりながら、タイミング合わずで浅いボトムターンで上がってしまったから、返しきれずにワイプアウト、でも乗り切れたし、楽しかったいい波!(@^▽^@)


 その後も、何本か乗ったけど、最初の波程いい波は当たらなかった。
って、その後、テトラアウトからワイドなCloseoutが入り出し、うっかり精一杯ドルフィン8連発にはまってしまった…このまま出れる気がしない…(ーー;)
なんで、テトラ内側から出直そうと、岸に戻ったら、友人が「どこに入ったらいいのだろう」って感じで浜をさまよってる…。
袖ヶ浜側のテトラの内側の方が、小波Surfing出来るよって案内したので、そっちから一番にGetting outする。


 ピークに行ってみたら、浜瀬海プロはじめ、若くて元気でアグレッシブな若手と、わびさび極めためっちゃ上手い人たちがひしめき合ってる(^0^;)


 乗れへん、逆に俺ってじゃましてへんか(;゜ロ゜)、なんて思ってしまって、メンタルしょぼしょぼになっちまって、どうしてもいい波は取れないし、乗ってもしょぼ波や(T-T)
不完全燃焼で終わってしまったけど、でも、平塚の若い子らの、良い波乗りを一杯見られてそれはそれで楽しかった♪
ところで、浜瀬海プロの50cm脇で、目の前で割れた波に同時にドルフィンしたんやけど、俺が海面に顔を出して再びパドリングを始めようとしたときには、海くんは、3m前でごりごり次のセット波に合わせに行っていた…。
ここねんな、あの子らと、俺みたいな一般サーファーとの差は…( ̄0 ̄)

    

WAKITA PEAK 年頃の子どもを持つ男親の悲哀…とほほ…、父ちゃん、辛いっ(T_T)


【19 うち試写会4】 世界屈指のサーフポイント、ハワイ・ノースショアの中でも別格の波であるパイプラインに挑み続ける日本人サーファーの脇田貴之。将来への不安を抱えながらも自分の信じた道をまい進する姿と、プロサーファーの息子・泰地と娘・紗良、そして妻の小百合を含め一家全員がサーファーという脇田家の日常が映し出される。

 サーフィンが盛んなハワイ・ノースショアの危険な波、パイプラインに挑む日本人サーファーの脇田貴之を追ったドキュメンタリー、波待ちする場所が「WAKITA PEAK」と呼ばれるようになった彼の生き方を映し出すという映画。
地元平塚のオリンピックのシネプレックスで土曜の夜に鑑賞したが、色の黒い人が多数、たまにいる白い人は彼氏に強制的に連れてこられた感じ、そして極めてビーサン率が高い(笑)


 ハワイ・オアフ島のノースショア、奇跡の7マイルと呼ばれるそのエリアには、世界屈指の波が無数に存在するが、その中でも別格なのが、パイプライン。
その波に世界で唯一自分の名前を刻んだ日本人サーファー、脇田貴之プロ。
ハワイアンにとって海は生活のすべてであり、神聖な場所、脇田はそんなハワイアンたちを尊重し、ローカルである彼らが波待ちする位置より、危険な奥で波を待つようになった。
そして、いつしかローカルはその場所を「WAKITA PEAK」と呼ぶようになった。


 脇田ピークと呼ばれるピークがあることは知っていたが、脇田貴之プロがパイプを滑っている映像や写真を見てもその意味がわからなかった。
しかし、その意味が、この映画によって、ようやく理解できた!
ということは、どれほど危険なピークなんだってことで、脇田孝之プロの偉大さを数倍増しでわからされてしまった!

 しかし、年頃の子どもを持つ男親の悲哀…、長男も長女もコンペサーファーやねんし、お父さんの偉大さはわかるはずやのに、それとこれとは別なんやな…、お母ちゃんももうちょっと優しくしてあげてよ、とほほ…、父ちゃん、辛いっ(T_T)

   

万引き家族 ネタバレしないように感想を書くのにこんなに苦労する映画はないっ!!


【18 うち試写会4】 治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。

 是枝裕和監督による人間ドラマ、親の年金を不正に受給していた家族が逮捕された事件に着想を得たという映画。
第71回カンヌ国際映画祭で、日本人21年ぶりに最高賞パルムドールを獲得したことでたいへんな話題になっていた。

 祖母は年金を受給している、父は日雇いながら働いている、妻もクリーニング屋でフルタイム、妻の妹は風俗で働き、家も古くて狭いが持ち家のようだ。
しかし、なぜか息子は学校に行かず、親子で万引きして生活用品を調達している、という家庭環境に「なんで?そこまでせんでも生きられるやろ?」。
その「なんで?」がなかなか解消されないし、前評判で聞いてた「社会問題を浮き彫りにする映画」という意味がどうしても引っかかったままに、迷走状態で物語が進んでいく。


 貧困や格差の連鎖を描いているのだろうか、そうとも感じたが、しかし何かが違う…。
家族愛がテーマなのかな、とも思ったが、いや、なんかおかしい…。
そういった疑問は、最後には全て解決するのだが。


 生活臭を徹底的に追求していて、特徴のあるカメラワークと相まって、外の世界から隔絶された理想郷のささやかな幸福感が醸し出されている。
そこにこの映画のテーマがあったのかと、見終わってからやっと感じた、と思う。

 すべての役者が素晴らしい、是枝監督の脚本と演出によって、それぞれの役者が実力以上の演技力を引き出されたのだろうな、とも見終わってからやっと思う。(安藤サクラがいきなり大女優になっちゃった!?)

 「家族」を描いているようで、ちっとも描かずに、巧みにずらしていながらに、あの結末で、そういえば「家族って何?」ってのを考えさせるってのはずるい、しかしこれが是枝節か。
そして父になる」とか、「海街Diary」とか、などなど、すべていい映画で、そして是枝監督の「家族」の描き方はこれまでも考えさせらてきたが、その都度、ちゃんと納得出来る感想があった。
しかしこの作品は、いい映画だったのだけど、どこが良かったのか、何を考えなきゃいけないのか、自分に対して説明が付かない、感想がわからない、そんな映画だったのが素晴らしいのかも。

    

台風第5号マリクシの波、朝ハズしてしまったが、無理矢理やけど、夕方に乗れた(@^▽^@)

【55 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】朝、4時半に起きたときは波割れてなかったから、「今回の台風第5号マリクシの波は不発か…」と思い二度寝…(-_-)zzz
で、再び起きて仕事に出る支度し終わって、何気に波情報見てしまったら、胸くらいに上がってた…。
浜に行ってみるんやったって激しく後悔…。
で、今日一日、いてもたっていられない、仕事しててもそわそわソワソワ…。
「ごめん、早引きします!」って宣言して、ギリギリ、帰って日暮れまでにちょっとだけ海入れる時間に職場を離脱してしまった(^0^;)
帰り道、ライブカメラをチェックしていると、オフショアが強烈で、潮も上げていて、割れ辛い波。
16時過ぎの波情報では胸set肩、でも気象予想の18時では、南東うねり1.94m/8.6s、サイズ的にはもうちょっと大きくなっているやろうな。
板の選択に悩む、このサイズを楽しむならショートボード、でも時間が限られているから確実にテイクオフ出来ることを選べばCatchSurfログ7、いや、あいだを取ってレトロフィッシュか…。


 むちゃくちゃ苦悩した結果、Takeoff出来るってのを取って「CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"」を選択、コート前にCheck In。
やはり波はサイズアップしている、しかしコート前~生コンは、アウトでは割れなくて、ミドルからインサイドでのほぼほぼギロチンダンパーが多い。
この板なら、割れるか割れないかな、ぴらぴらピークから乗れないこともなさそながら、しかしその後がワイドすぎて幸が薄そう。
一方、一番の方は、小さめはワイドやけど、大きめ波で上手く板を落とせば、レギュラーが切れててよさげ可能性大(当社比)。


 ってことで一番に入水、頭set頭ちょい、いいところから落とせばライトが掘れ掘れぶりぶり~(@^▽^@)
ラインナップして、るんるんで、どんぴしゃな感じのピークに思えた波を追いかけまくるが、「あれ~っ?」って、どうしても板が落ちてくれないの連続!?
もうちょい頑張ってパドルすれば何とか落とせるかってなタイミングもあるが、Offshoreがきつすぎて、前が波しぶきだらけになって、コンタクトレンズを流したくないから、それ以上パドル仕切れないって原因もあるか。
または「よし!」って思った瞬間にOffshoreのせいで板が浮いてしまって、ってな原因もあるか。
乗れそうやのに、乗れない、みんなが言っているとおりや、う~ん、難しいねん…(´・ω・`)


 この写真のあと、裏の裏の裏の波が、超でかかった!
今年一番の必死のパドルでなんとかしのいで、ほっとしてから、先に入っていた皆さんに「今の波が一番大きい感じですか?」って尋ねると、「いや、あんなでかいの初めて入って来た(ーー;)」とのこと、おぉぉぉ、まだまだサイズアップするのかな。
で、このsetの次の次のsetで、ようやく波Getでけた、すこぶるいい波で、岸まで乗り切ってしまった~♪うひょひょ~♪♪
一度上がって歩いて、テトラの内側からもう一度ラインナップに戻るかどうか迷ったが、日暮れも近いし、もうこの楽しかった1本だけでいいか~って、にこにこ得心しちまったヾ(^v^)k

 って、ところで、この板「CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"」のフィンはプラグタイプのトライフィン(High Performance Fin System with Removeable Fins.)やねんけど、今日のこの波でドロップしているとき、フィンがビリビリブルブル鳴りまくる!
海から上がってから、締め付けが緩いのかなと点検したが、そうでもない、ってことは、このフィンの限界が、これくらいのパワーの波なのかな?
この板のシングル(【CATCHSURF PLANK 7.0 Single-finならボックスで(Special Fin Box that Accepts any Standard Longboard Fin)、普通のフィンが使えるから、こんな風にはならないのかも。
やっぱ、シングルを選ぶべきやったか…。

 明日の朝は、南うねり2.3/13.3sってことで、自分にとっては、「度胸がない・技量が無い・板が無い」ってな、とんでもないでかい波になるか、または全面Closeoutになるのか、どっちかな気がする。
どっか、程よい波のところあるかな~って早起きして様子を見るか、それとも寝る前から白旗ぶんぶん振りたおして通常出勤の起床にしとこかな~…(__*)
または花水の河口に行ったら、凄い波乗りが見れる気もするから、ギャラリーとして、とにかく早寝しておこうかな、念のため。


 ところで本日は国土交通省「第1回 自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」だった。(報道発表⇒自動車運送事業の「ホワイト経営」認証制度の創設について検討を開始します

 働き方改革に積極的に取り組む自動車運送事業者を「見える化」するための認証制度の創設について検討するため、「自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を開催いたします。
自動車運送事業(バス・タクシー・トラック事業)は、運転者不足が深刻化しており、労働条件や労働環境を改善するとともに、運転者を確保・育成していくことが課題となっています。
このため、働き方改革に積極的に取り組む自動車運送事業者(「ホワイト経営」を実施する事業者)の取組状況を「見える化」するため、「自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を設置し、新たな認証制度の創設について検討を行います。


 写真右下の頭が自分、本日選出した座長は野尻俊明流通経済大学学長。
社会保険労務士の瀧澤学氏もメンバーなので自分としては心強い。

 議事は
(1)検討の目的及び検討の進め方について(案)
(2)認証制度の創設に当たっての基本的な考え方について(案)
(3)認証項目の選定について(案)
(4)労働組合・事業者アンケートについて(案)
(5)今後のスケジュールについて(案)

 この検討会における自分の発言は以下の通り。

○【議事1】認証項目の実効性を担保するためには、実務的な監督状況を考慮するため、検討会のメンバーに、厚生労働省監督課を加えるべきではないか。
○【議事2】貸切バスとトラックにはそれぞれ認証制度があるが、タクシー事業にはない。歩合給賃金制度が多いタクシー産業では、安全を追求した事業者は安全コスト負担によって労働者への賃金の還元が厳しくなり、また、労働時間規制を守らない会社ほど、売り上げを稼げるので運転者が集まるの現状。コンプライアンス意識が高い事業者ほど運転者が集まらず、正直者がバカを見る産業構造がある。この検討会によって、タクシー業においての適正化に関するレベルアップと、悪質事業者の排除が進むことを期待する、その観点から積極的な議論を願いたい。
○【議事3】評価項目について、3つの点について課題があるので、慎重な検討が必要だ。(1「労基法違反の送検ではなく、是正勧告で審査すべき」・8「過去3年間の死亡・重傷その他重大な労災発生状況について基準は『重量物の搭載・車椅子の取り扱い・被追突』が対象になるのでハードルの作り方は綿密に・17安全委員会は100名以上、衛生委員会は50名以上が労働安全衛生法上の設置義務の基準であり、安全衛生委員会が設置されているかどうかを基準にするなら、事業規模による設定に配慮が必要)。
(もう一点、国交省の提案議案の文言の根本的な間違いを指摘した 資料3 5.3パラ「具体的には、今後、労働組合・事業者アンケートの結果を踏まえ、上位一定程度の運転者 事業者が該当すると見込まれる水準に設定する。」

    

そろそろ台風第5号マリクシの波が届くかな~って、ほのかに期待していたが、あかんや~ん(´・ω・`)



【54 Grommet Simple Retro Fish 5'11】昨日は「海楽人」、まずはお刺身盛り合わせで「かさご、きんめ、こち、なかおち、あかみ、ひらめ」、続いてイワシフライ、桜エビのかき揚げ、カサゴのあら焼き、あっ、なめろうまで行けなかった(T-T)
この「海楽人」の定休日の日曜、または満員御礼の時に、平塚&湘南の美味い魚を食べさせてくれる、いい居酒屋を、駅に近いところで見つけておきたいねんけど、なかなかその時間とチャレンジ精神がなくて。
誰か、教えてくださいっ(o_ _)o


 さて、北風がかなり強いが、そろそろ台風第5号マリクシの波が届くかな~って、ほのかに期待していたが、今朝の平塚は、逆に北風に波が押さえられた感じで、昨日よりサイズダウンの、set膝(T-T)


 そのsetもなかなか入ってこず、ぷかぷか浮いているうちに、自分たちはさてさて何を待って浮いているんやろうって、時々うっかり忘れてしまうほど。
しかも昨日の真夏日海水浴日和と打って変わって、北風ビュービューで気温も低くて、ちゃんとウェットスーツ着たのにも関わらず寒くて寒くて(T-T)


 そんな中、ライフセービングの皆さんが訓練中。
沖で溺れた人を、救助に行かれた女性ライフセーバーが、溺者役の人を、ライフセービングのボードに乗せて、その上に覆い被さってパドルで岸に戻ってくる…。
波待ちしているかどうか忘れかけているほどボケボケおっさんサーファーらの頭の中は、「いいな~(@^▽^@)」…
俺も溺れて彼女に助けてもらいたい…。
あかんってっ、不謹慎やってっ、セクハラになるって言いながら、想いは一緒やから笑える。
で、もし男性ライフセーバーが助けに来たらどうする?…「あ、なら、大丈夫です(o_ _)o」、あかんわ、っていやはや妄想だけですから勘弁してね~( ̄0 ̄)


 で、本日の「ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第3戦 平塚大会 ガラナ・アンタルチカ杯」は男子も女子もセミファイナルからファイナル。
男子の試合を観戦したが、やっぱでかいし迫力はとんでもなくて、ものすごく面白かった!


 そして本日も、フーターズのお姉さんたちは、彩りを添えてくれていました、ビーチに似つかわしくない夜の妖艶な香りプンプンと。
盛り上がってるのは親父だけやもんな、海の中も浜でも一緒や…、やだやだ( ̄∇ ̄)

    

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR